サプリマスターの「サプリ塾」

【はじめに】サプリ塾に含まれる全てのコンテンツは、数多くの文献や内部資料などを元にしていますが、あくまで店長の主観によるエンターテイメントですので、商品や方法論等の効能を謳うものではありません。予めご了承下さい。

リンクはフリーです。お気に召した話があれば、どうぞご自由にSNSやウェブサイトなどでご紹介下さい。

カテゴリ: セルフ人体実験

〜帰宅直後サプリ編〜

「ZMA系やレバーブロウなどの『夜のサプリ』は一体いつ摂取するのがベストなのか?」
これに関しては完全な回答があるわけではありませんが、そのヒントにでもなればと、私の摂取タイミングを紹介してみます。


続きを読む

「ジムでの見栄」
見栄は「みばえ」ではなく「ミエ」です。

春休みとGW前後は足が遠のきましたが、2019年から時々、ジムを利用するようになりました。

目的の一つは下半身の筋力アップです。パワーラックのあるジムへ向かい、スクワット、デッドリフト、クリーンを行います。

一方、サウナが目的で、アメニティが充実したジムへ向かうこともあります。その際はダンベルでインクラインプレスやカールなどを行うことが多いです。

Ex:
私のジム活用法「サプリ塾ネタに忠実!

さて、少し訳の分からない話になりますが、私は常連ではないため、ジムへと向かう際は25%ほど道場破りのような心意気でゲートをくぐります。といっても、大した身体ではないので、最近は血管で勝負しています。

まぁ、何つーか、アレです。誰でも良いので、少しでも、「あの普段見かけない奴、スゲー!」と思われたいのです。



続きを読む

「プレシーズンになったので、ハイパードライブ始めました」
〜ハイパードライブ30タブ編〜


これまではハイパードライブを欠かしたことはありませんでしたが、2018-2019のオフシーズン後半は試しにオフにしていました。

プレシーズンに入ったので、3月後半から再投入を開始したところ、面白い現象が確認できました。


続きを読む

需要があるかどうかわかりませんが、私のサプリメンテーション「など」について紹介するシリーズです。


続きを読む

需要があるかどうかわかりませんが、私のサプリメンテーション「など」について紹介するシリーズです。

オフラインのオマケ読み物として、以前から展開していましたが、この度、ネット上にも登場です。



続きを読む

素養を知るなら母を観よ-22
「フィットネス関連遺伝子の多型」-3

〜筋肥大考察〜
「基礎知識編」


私は小学校時代に腕立て伏せができなかった。
1回も腕の曲げ伸ばしができなかったのだ。

これには教師も驚き、「骨格がおかしいんやな?」と、現代ならモンペが騒ぎそうなボヤキを呟いたものである。

私は中学2年生になるまで、腕相撲で母親に勝つことができなかった。私の母が怪力だったせいもあるが、母よりも二回り以上の体格差になるまで、全く歯が立たなかった。

さて、そのような私が人並みに筋肥大することができた要因について、今回は考えてみたい。



続きを読む

素養を知るなら母を観よ-21
「フィットネス関連遺伝子の多型」-2

前回は肥満に関する通称ダイエット遺伝子について紹介しましたが、今回は運動能力に影響を与えると言われている遺伝子を私の検査結果を例に紹介します。



続きを読む

素養を知るなら母を観よ-20
「フィットネス関連遺伝子の多型」-1

X染色体はあまり関係しませんが、運動能力や肥満に影響を与える可能性が高い遺伝子に関する話を数回に渡って紹介したいと思います。

まずは私の話。以前から興味のあった遺伝子検査を受けてみました。



続きを読む

恐らくハードなファスティング-2019
〜結果編〜


2月12日(火)〜2月18日(月)までの丸7日間、ファスティングプレミアムと代用ドリンクなどを用いた半断食を行いました。

続きを読む

40代からの競技への挑戦 
本物編-後編 & エキストラオキシドライブ


2018年10月18日の後編なので、少々、時機を逸していますが、空気を読まず投下します。



続きを読む

恐らくハードなファスティング-2019
〜プロローグ〜


2019年2月12日(火)から、ファスティングを開始した。
P1120605
理由は多岐にわたる。


続きを読む

40代からの競技への挑戦の減量苦編(仮題)で紹介する予定ではあるが、それはまだ先になるので、「鉄は熱いうちに打て」というように、出来るだけ早くお話することによって、減量中の方に役立つのではないかと思った次第。



続きを読む

〜プロローグ〜
2018年7月、お客様へ発送する為のクレアボルブラックをサプマスの陳列棚から取り出した際、手元を誤って落としてしまった。

サプマスの床は絨毯だったのだが、目を凝らして検品すると、ほんの少し粉を吹いているように見えた。最後のクレアボルブラックだった為、ご注文のお客様にお待ち頂けるようにお願いした。

そのクレアボルブラックは久しぶりに自分が使用しても良かったのだが、松岡先生に利用してもらおうと思いついた。

松岡先生は総合格闘技への参戦に挑戦中だったからだ。クレアボルシリーズのハイエンドモデルであるクレアボルブラックは誰が使用しても顕著な体感をもたらすが、特にオーバートレーニング気味に追い込んでいる時期や新しい運動プログラムに挑戦している時期にこそ真価を発揮する為、松岡先生に打って付けだったのだ。

Ex:
徹底解説「クレアボルブラック



続きを読む

お客様推奨摂取例:Ver.2.0
後日、そのお客様が来店され、「実はアレから、ラプターの摂取方法を真似しています」と話したところ、「今は更にこんな手段を加えた所、物凄く体感度と即効性が上がりました」と、思いもよらない発想の摂取方法を教えて頂いたのです。

続きを読む

サプリマスターでは複数の文献や自分自身の使用感、サプマスアスリートやお客様からのフィードバックなどを元に、各製品ごとに摂取タイミングや用量を事細かく記したサプマス摂取例を作成し、ご購入頂いた方へお渡ししております。

続きを読む

☆第7代ウェルター級キング・オブ・パンクラシスト
☆グラジエーターウェルター級初代王者
☆ストライカーウェルター級第2代王者


総合格闘技のレッツ豪太選手から、ラプターのフィードバックです。

・絞りながら筋肉を付ける
・厳しい減量中に筋量を維持する

といった少し贅沢な目的に適しているのが、HALEOのRAPTOR(ラプター)です。試合前の減量期間にお勧めしたことがあったのですが、かなり気に入って頂けたようで、現在、2回目のサイクル中です。



続きを読む

今回のファスティング。体脂肪率や内臓脂肪レベルは大幅に下がった。

ただ、体重を大幅に減らして、身体を軽量化することが第一の目標であったため、その点については満点ではない。

続きを読む

〜ファスティング期のトレーニング〜
超アンダーカロリー状況下にあるファスティング中でも、トレーニングは積極的に行うべき!しかも高い強度で!

超低カロリー状態で長い時間運動を行うと、もちろん、筋分解を助長することになる。ファスティング前〜最中〜後における運動はできるだけ強度の高い運動を行いたい。筋肉へ強い刺激を与える行為は、筋力の低下と筋肉の萎縮を防ぐ働きがあり、また、それを短時間で済ませるというのもポイントとなる。

・・・と言うのがサプマス版ファスティングにおけるトレーニングの位置付けである。


続きを読む

「6日のファスティング最終結果」
5月16日(水)の昼までファスティングを行った。
5月10日(木)からなので、正味6日半である。

続きを読む

さて、中間地点での結果は上々であったが、それが得られたのは「大会に向けた身体作り」と「何としても体重を減らす」と言った強い目的があったからだ。故にサプリは少し贅沢となる。

「家サプリ」
P1110468
〜体脂肪燃焼+筋量維持〜
ファイナルETB、ラプター
ラプターを採用した最大の理由は、もちろん、高頻度スプリントによるダメージからの回復目的。α-GPCはL-カルニチンの体内半減期を大幅に伸ばすため、脂肪酸の運搬効率向上が期待できる。また、α-GPCは断食状態などの低血糖時において、成長ホルモンの分泌を促進し、その成長ホルモン分泌増大に起因する遊離脂肪酸の増加が確認されているため、ファスティング中の体内環境と相性が良い。

ETBは第一にテストステロンレベルを高める事で、テストステロンが持つ脂肪細胞からの脂肪酸放出を促進する働きを強化する。ついでに、超低カロリー状態における筋力と筋量維持に役立つ。


〜コンディショニング〜
VIVO、エキストラアミノアシッド
ビタミンミネラルの補給はファスティングによって細胞の入れ替わりが激しくなる為、それが円滑に進行するために必要。


〜その他〜
UP!:脂肪燃焼とヘッドエイク予防
普段から家ではレギュラーコーヒーを飲んでいるため、週末ヘッドエイク症候群にならないようにするためと、超低カロリー状態における代謝を維持する為。



続きを読む

↑このページのトップヘ