サプリマスターの「サプリ塾」

【はじめに】サプリ塾に含まれる全てのコンテンツは、数多くの文献や内部資料などを元にしていますが、あくまで店長の主観によるエンターテイメントですので、商品や方法論等の効能を謳うものではありません。予めご了承下さい。

リンクはフリーです。お気に召した話があれば、どうぞご自由にSNSやウェブサイトなどでご紹介下さい。

カテゴリ: 居残り補習授業

前回は精力並びに精子力を高める為のポイントをまとめましたが、今回はその補講part.1です。

精子の質を高めることと同等に、血流の改善や抗ストレスも非常に重要な要素となりますが、取り敢えず、今回は精子力アップに対する実践栄養学の視点を採用したアプローチを紹介します。



続きを読む

今回は精力、性欲、精子力を高める為の補講part.2です。

精力アップというとテストステロンや精子の材料供給、そして、それらの生成を活性化する栄養の供給にばかり目が行ってしまいますが、今回はそれと同じかそれ以上に大切な要素について解説します。



続きを読む

今回は精力、性欲、精子力を高める為の番外編です。

減量目的やスポーツパフォーマンスの向上の為に、愛用しているいつものサプリが意図せずに、精力アップや精子力アップに貢献しているという話になります。


続きを読む

今回は精力、性欲、精子力を高める為の補講part.3です。

筋肉増強のみが目的である場合、テストステロン増大対策とストレス軽減対策の充実によって、ある程度、満足できる結果を得ることができます。

ただし、精力やセクシュアルパフォーマンスの向上を重視するならば、血流の改善にも力を注ぐ必要があります。血流改善による血流量の増大は、セクシュアルパフォーマンス改善だけでなく、筋肉への栄養分配やパンプ増強などのトレーニングの質も高める為、当然の帰結として筋肉増強にも一役も二役も買うことになります。

と言うわけで、今回は血流改善における恒常的、根治的な解決策に関して考えてみたいと思います。



続きを読む

○○が痛い-場外編-○○が臭い Part.3
「歯間が臭い」


いわゆる歯くその話。

私は入浴の際、歯ブラシで磨く前に糸ようじで歯と歯の間を掃除するようにしている。糸ようじで舌をコシコシ、そして、歯間の掃除。然る後、普通の歯ブラシで歯磨きしてから、安物の音波ブラシで仕上げ。

ちなみに、クリニカの「アドバンテージ フロス&スティック」を長年愛用しているのだが、最近のは糸が切れやすい!つまり、お値段そのままだけど品質低下という、これも1つのステルス値上げじゃない?と言いたい。



続きを読む

(月替わりパスワード入力による閲覧対応)

毎月、オマケで付いてくる要らない人には無用の長物の「居残り授業オフライン」が1年遅れでオンライン化!

読みたい人だけ納品書記載のパスワードを入力してお読み下さい。



続きを読む

誰もが陥るプロテイン性能のミスリード-イントロダクション

Q:ホエイ、カゼイン、ソイ(大豆)、エッグ、ブレンド等、様々なプロテインがありますが、どれが一番良いでしょうか?

Q:プロテインの中で筋合成刺激が最も高いと言われるホエイが、やはりベストでしょうか?


どのプロテインが一番良いか?と言う最もポピュラーな質問は、これから先も永遠と繰り返されることは間違いないが、この話を最後まで読んで、少しでも理解が深まれば、それを議論するのは不毛な行為であると気がつくだろう。

続きを読む

誰もが陥るプロテイン性能のミスリード #1

Q:ホエイ、カゼイン、ソイ(大豆)、エッグ、ブレンド等、様々なプロテインがありますが、どれが一番良いでしょうか?

Q:プロテインの中で筋合成刺激が最も高いと言われるホエイが、やはりベストでしょうか?


これらの疑問が発生するのは、第一にプロテインの主流を占めるホエイやカゼインに対して字面のみしか理解していない為かも知れない。

そこで、これらの素材に対する一般的理解から一歩引いた俯瞰と解像度を高めた視点から、それぞれの特性を考えてみたい。


続きを読む

(ちょっとだけ月替わりパスワード入力による閲覧対応)

誰もが陥るプロテイン性能のミスリード #2

Q:ホエイ、カゼイン、ソイ(大豆)、エッグ、ブレンド等、様々なプロテインがありますが、どれが一番良いでしょうか?

Q:プロテインの中で筋合成刺激が最も高いと言われるホエイが、やはりベストでしょうか?


プロテイン選びはマニュアルやエビデンスを教典として頑なに従うのではなく、自分自身に最もマッチするもの、「都合の良い製品」を選べば良いと言うのが、このシリーズのテーマの一つである。都合が良い、マッチするとは、体質や味覚、コストなどの性能云々の外にある感覚的な使い勝手まで加味した総合的な評価をさす。

今回は、その基準の中で最も重要な体質的視点が養われる題材を例に挙げて考えてみよう。



続きを読む

誰もが陥るプロテイン性能のミスリード #3

Q:ホエイ、カゼイン、ソイ(大豆)、エッグ、ブレンド等、様々なプロテインがありますが、どれが一番良いでしょうか?

Q:プロテインの中で筋合成刺激が最も高いと言われるホエイが、やはりベストでしょうか?



続きを読む

(月替わりパスワード入力による閲覧対応)

毎月、オマケで付いてくる要らない人には無用の長物の「居残り授業オフライン」が1年遅れでオンライン化!

読みたい人だけ納品書記載のパスワードを入力してお読み下さい。



続きを読む

〜各種ホルモンレベルの調整-9〜
「余談編」


これまでの話を充分に理解すると、30代以降の男性トレーニーがコンスタントに筋量を増やしたいのであれば、

・コルチゾールの過剰分泌防止に徹底的に取り組む

・正確なサイクルに基づいたETBやT-JACKなどの利用

・BCAAやEAAなどによる筋分解の抑制

が最優先となる為、まず手始めに、ハイパードライブとテストステロンブースターが欲しくなるだろう。

これは全くもって正しい手段であり、成果にも満足するはずだが、実の所、理屈的にはもっと即効性がある栄養素が存在する。

それがありふれたスポーツサプリメントであり、エルゴジェニックエイドの祖であるクレアチンである。



続きを読む

(月替わりパスワード入力による閲覧対応)

毎月、オマケで付いてくる要らない人には無用の長物の「居残り授業オフライン」が1年遅れでオンライン化!

読みたい人だけ納品書記載のパスワードを入力してお読み下さい。



続きを読む

簡易エスプレッソメーカーで淹れた熱々のコーヒーにクレアチンを溶かすのが私の毎朝の儀式でした。

そのどんな時、どんな状況でも欠かさない様は、

上の「習慣力アピールの話」や下の話(クリックで解説に飛びます)などで、紹介しています。
クレアチンは1日3g程度を可能な範囲でバイオアベイラビリティを高める工夫を凝らした摂取方法を採用しつつ、毎日毎日欠かさずに続けていくことが最大のコツになります。

このため、クレアチンタイムを自分の生活パターンに組み込むことがクレアチン効果を実感するには良い手段となるでしょう。



続きを読む

トレーニングやサプリメントによる成長ホルモン分泌促進は有意か?-1

ショートインターバルのレジスタンストレーニングやある種の栄養素摂取によって成長ホルモンの分泌が起こることが古くから知られている。

成長ホルモンはアナボリックかつカタボリックなホルモンである。

どういうことか?



続きを読む

〜GHブーストを期待できる定番素材と新素材〜

成長ホルモン分泌を促す自然な天然栄養素として、アルギニンやグルタミンが古くから知られている。

アルギニンは単独での摂取の他に、アルギニン以外の成長ホルモン分泌作用があるリジンとの組み合わせやリジンとオルニチンを加えたブレンドの効果が高いとされ、実際にアルギニン+リジン+オルニチンのブレンドを主成分の一つとしたものも製品化されている。

その他のGHブーストが期待できる素材のいくつかも、最近では食品に分類されるようになった結果、サプリメントの成分に採用されるようになり、身近になった為、手軽に試せるようになった。


続きを読む

↑このページのトップヘ