サプリマスターの「サプリ塾」

【はじめに】サプリ塾に含まれる全てのコンテンツは、数多くの文献や内部資料などを元にしていますが、あくまで店長の主観によるエンターテイメントですので、商品や方法論等の効能を謳うものではありません。予めご了承下さい。

リンクはフリーです。お気に召した話があれば、どうぞご自由にSNSやウェブサイトなどでご紹介下さい。

カテゴリ: 本日の講義

運動できないけど太りたくないし、筋肉は失いたくない!-前編

Q:ジム休館明けの6月くらいからトレーニングを再開しましたが、冬が近づくにつれて新型コロナウィルスが勢力を強めて来ているような印象なので、ジムからは遠ざかっています。自宅でできる運動は限られる上、あまりテンションも上がらないので、ジムに通っていた頃に比べればほとんど何もしていないような状態です。当然、脂肪も増えてきました。このような状況下で、筋量を維持したまま体脂肪を増やさないようにする良いサプリはないでしょうか?

良いアプローチ、良い方法としては、現状で実践可能なトレーニングをそこそこの頻度で行うことになりますが、ストレートな手段としてのサプリという選択も間違いではありません。

今回のようなシチュエーションには、マッハ6がピッタリになります。

続きを読む

DHEAサプリ

Q:DHEAのサプリは取り扱っておられますか?日本では製造されていないと聞きましたが。

・・・という質問を受けた某ショップの店長兼エリアマネージャーから久々にヘルプの要請がありました。

で、このように回答しましたという話になります。



続きを読む

〜秋から始める増量生活〜
早い人なら9月か10月から始めるべきだが、シーズンオフに入り、1〜3週間充分に心身を休ませたら、来シーズンに向けての身体作りをスタートさせるべきだろう。

根底たる物理法則からは筋量増加や筋力増大がスポーツパフォーマンスの改善に重要な要素となる為、シーズンインから最も離れた時期には、筋力トレーニングに力を注ぐ価値があり、個々のスペックよっては筋力アップのみを主眼に置くのではなく、体重を含めた身体の大きさを増やせるようなトレーニングと食生活に変えないといけない。

例えばその競技を行う者の平均的スペックから大きく外れている場合は、比較的埋めやすいその差を是正すべきである

いずれにしても、秋〜冬の期間は多くの人にとって、筋量増加や身体自体を大きくすることを目的としたトレーニングと食生活を送りたい。

オンシーズンの目的がスポーツパフォーマンスの向上であっても、6パックがハッキリとした格好いい身体が目的であったとしても、秋〜冬の方法論はほぼ同じと言っても良い。



続きを読む

〜秋から始めるプッシュ系トレーニング〜
バルクアップや増量が目的の人も、年中絞れたリーンボディ志向の人も、秋と冬の間は程度の差こそあれ、筋肥大を目指した食生活とトレーニングを継続すべきである。

その際には、

・摂取カロリーそのものを増やす

・タンパク質を始めとした各種栄養素の消化吸収を高める

・筋肉への血流を高めて栄養運搬を促進する

・筋肉のインシュリン感受性を高める

・HMB、ロイシン、クレアチンなどを利用して筋合成のスイッチをオンにする

と言ったアプローチを全て同時に平行して取り組まないと、教科書に書いてあるような結果には至らない。

つまり、◎◎には〇〇すればOK♪と言った対処療法的な話ではなく、包括的実践力が問われる訳だ。



続きを読む

レバーブロウで脱毛予防!? Part.2-後編

Q:以前、レバーブロウを摂取しだしてから、明らかに脱毛が減ったという問い合わせに、お答え頂きました。その後も調子が良く、レバーブロウを勧めた身内も脱毛が減ったと主張しています。そこで思ったのは、前回、説明して頂いたメカニズム以外にも、脱毛抑制の作用があるのではないかということです。

肝臓と腎臓のケア、そして胆汁の代謝をサポートする古今東西の成分がオーバースペック気味に配合されたレバーブロウが何となく抜け毛に役立ちそうなイメージは確かにありますが、それが実際に効果を発揮するにはいくつかのメカニズムを介する必要があります。


続きを読む

レバーブロウで脱毛予防!? Part.2-前編

Q:以前、レバーブロウを摂取しだしてから、明らかに脱毛が減ったという問い合わせに、お答え頂きました。その後も調子が良く、レバーブロウを勧めた身内も脱毛が減ったと主張しています。そこで思ったのは、前回、説明して頂いたメカニズム以外にも、脱毛抑制の作用があるのではないかということです。

まず、その勘は正しいと思います。

ただ、前回の話の趣旨となる「若年女性の脱毛を始めとするジヒドロテストステロンを介さない脱毛」に関しては、便と尿では排出しきれない重金属や放射性物質、化学物質がそれらが解毒の最終手段たる毛髪によって排出される(パージされる)ことが主因であり、レバーブロウによって、肝機能と腎機能、そして胆汁代謝が活性化することで、宜しくない物質の毛髪への蓄積が減ることで脱毛が改善されるという解析は間違いありません。

ただ、それだけでは有り余る効果を感じる方も多いことから、レバーブロウの脱毛予防には他のメカニズムも介在していると思われます。

続きを読む

国内No.1ファットバーナーと言っても過言ではないFLの「ファイナルバーン」が、バージョンアップを果たし、「Ver.2」へと進化しました。
ファイナルバーンVer.2


具体的にどう進化したのか、簡単に解説したいと思います。



続きを読む

急激に血糖値を高めてインシュリンレベルを急上昇させるブドウ糖たっぷりのジュースやドリンクを摂取してから、あるいは飲みながら有酸素運動などを行っても、大きな脂肪燃焼が期待できない現象と反対に、体脂肪の分解と酸化(燃焼)を促進するホルモン分泌などの各種条件を満たすことで、非常に高い体脂肪燃焼効果を得ることができます。

強度が高く激しい運動と低〜中〜高強度の運動を組み合わせて行うことで、

・グリコーゲン枯渇

・低血糖

・アドレナリン・ノルアドレナリン分泌

・成長ホルモン分泌

・インターロイキン6生成

・脳内でのTGF-β蓄積

・酸素負債

・乳酸蓄積

体脂肪のエネルギー化を促進する因子を多く揃えられるだけでなく、それらが相乗的に働くことでより高い効果を得ることができるというのが前回の話でした。

今回はそれらの因子を更に増強するのに役立つサプリを紹介したいと思います。



続きを読む

2017年は納豆の話、しかも、結構重要な内容の話が多くありました。

傑作選に入れるのも何なので、ここにまとめてみたいと思います。


続きを読む

抜け毛に関しては取り敢えず、「5α-リダクターゼがー」と言っておけば良い風潮ですが、若い女性や「テストステロンレベルちょい高めで脂ギッシュなジヒドロテストステロン転換体質」ではない人の脱毛の説明が付きません。

ストレスなる魔法の言葉で片付けることが多いですが、その原因の一つとして「アレ」の話をしないのは自然科学に反する上、白々しいことこの上なしです。

と言うわけで、抜け毛予防に関して多方面から多角的に考えた話をまとめてみました。



続きを読む

EAA系パウダー

Q:現在、トレーニング前後にファイナルEAA+HMBを使用していますが、これを食間にも摂取するのはありでしょうか?

まず、ありかなしかでいえば、断然、ありです。

とりわけ、

マキシム兄貴の一刀両断
栄養編1-後編


で紹介した胃腸が弱い場合に適しています。

続きを読む

〜イントロダクション〜
DHEA推し。テストステロンの前駆物質となるDHEAが日本では手に入らなくなって以降、グリコのエキストラサバイブがジワジワと人気を高めています。

DHEAは体内で必要に応じて、アンドロステンジオンへの代謝などを経由してテストステロンへと変換される若返りホルモンとして知られています。DHEAは副腎で生成されますが、ストレスや加齢に伴う過酸化脂質による副腎へのダメージ蓄積はDHEA生成を容易にシャットダウンすることが解っています。

エキストラオサバイブは肝臓エキスやマムシエキス、熟成黒ニンニクエキスなどの天下の江グリコにしては何だか怪しげな栄養(褒め言葉)が、弱った副腎や肝臓の回復を助け、DHEA産生促進が期待できる若返りや活力アップを目的とした新発想のサプリメントです。小規模実験においては、実際にDHEAレベルの向上が確認されています。

DHEAサプリとエキストラサバイブが異なるのは、直接的にホルモンを補うのではなく、あくまでも自前のホルモン生成を助けると言う点です。当然ながら、ホルモンを直に入れる方法ほど、血中レベルが高まることはありませんが、エキストラサバイブによる自分自身の能力によるDHEA生成促進は極めてナチュラルな方法となります。

個人的にはDHEAレベルを高めても、女性ホルモンにも代謝されるそれが確実にテストステロンレベルを高めるわけではないだろうと思っていましたが、どうも、激しい運動を行う人や一定の年齢以上に達した方々からの評価が高いようで、それら運動によるテストステロン生成が活性化している人や年齢的にテストステロンレベルが低下し出した人はDHEAのテストステロン転換率が高いのか、定番の基本サプリに収まっているようです。

また、DHEAブースターであるエキストラサバイブはテストステロンブースターのファイナルETBやテストステロン材料供給源でもあるエキストラアミノアシッドなどと併用されることが多く、エキストラサバイブの評価が高いのはテストステロンブースターの成分が相乗することで、DHEA→テストステロン転換率が向上したのだと考える事ができます。

元気の源でもあるテストステロンのレベルを高めるには、特殊なハーブによる睾丸や副腎へのシグナル増強だけでなく、それらの臓器の健康と主にメンタル面での抗ストレスが重要となる為、副腎と肝臓をケアするエキストラサバイブとテストステロンブースターの相性が良いことは当然の帰結と言えます。

と言うわけで、11月半ばを過ぎましたが、今月はDHEAレベル回復サプリであるエキストラサバイブを軸としたセット品をお買い得商品に並べてみました。テストステロンレベルを高めるなら、夏!または減量期・・・というイメージですが、エキストラサバイブは肝臓にも良いサプリなので、お酒の量が増えそうなこの季節に試して見る価値がある上、「食べられるようになる!」という側面からバルクアップの秋冬にもピッタリだったりします。

Ex:
エキストラサバイブの機密-Part.1
エキストラサバイブの機密-Part.2
エキストラサバイブの機密-Part.3



続きを読む

ジム復帰後のトレサイクルの仕切り直し

Q:休館中のジムが再開したので、ジムトレ復帰しようと思っています。筋力も筋量もかなり落ちてしまいましたが、早く復活させるにはどんなサプリメンテーションを組めば良いでしょうか?

ブランクによる筋力と筋量の低下は、多くのジムトレーニーの悩みだと思いますが、この手の問題に関して言えば、BCAAさえあればOK!という回答になってしまいます。

続きを読む

在宅勤務中のダイエット

Q:緊急事態宣言が解除された府県もありますが、運悪く私が住んでいるところは宣言が続いており、しばらくは在宅勤務とジム休みが続きそうです。かといって、トレーニングはジム以外ではやる気が起きません。このような場合に適した体脂肪率管理の方法があれば、教えて下さい。


ずばり、試すなら、今でしょ!というくらいピッタリなのがバターコーヒーダイエットです。

続きを読む

nc-creatine
 この業界では、「デグサ社製のクレアピュアーでなければ、クレアチンにあらず!」と言われています。
 写真は、クレアピュアー100%のニューケアのクレアチンです(500g:3990円・税込)。

 クレアチンは、筋力や体重アップに効果的なサプリメントとして、今や必携のアイテムとなっていますが、実は健康サプリメントとして数々の効果が研究されてきました。
 
 そのひとつに、抗炎症作用があります。主だった研究で、気管支の炎症を抑え、喘息に効果的であると言われています。

 と言うわけで、今回は意外と知られていませんが、「花粉症の季節には、【クレアチン】が効果的!」と言うオチです。

 安易に抗ヒスタミン剤を飲むよりはるかに健康的です。
 

極真空手師範(伍段)の松岡朋彦先生の公式Instagramプロフィールに、スポンサーとしてサプリマスターを表記して頂いております。

・・・と言っても、齢40を過ぎても進化を続ける松岡先生の強さは日々の思考と試行錯誤の連続の賜物であり、アドバイスを含めた私のサポートは微々たるものです。

続きを読む

本命の実践スポーツ栄養学編

Q:リーマンショック後の残業禁止から一転、嬉しい事に仕事が超忙しくなりました。その反面、トレーニング頻度は週1以下です。こんな状態でもサプリは飲んだ方が良いでしょうか?

前回までは、低頻度や休止期を想定したトレーニングに関しての考察でした。

今回、満を持してようやく本命の回答編です。

トレ頻度が極端に下がった場合でもサプリは続けるべきか?

もちろん、摂取した方が筋量維持には効果的で、やりようによっては超低頻度トレでもインプルーブが可能となります。

ただし、これまで通りサプリを摂取するのではなく、サプマス理論に基づいて必要最小限のサプリを取捨選択すべきです。



続きを読む

HALEO「ラプター」がメーカー欠品中です(3月上旬以降入荷予定)。

ラプターなしでアナボリズムの昂進を最大化したい場合、代替としてテストステロンブースターが良い手段となりますが、女性を含め誰にでも一定以上の効果が期待できるこんな組み合わせもお勧です。

DNS「HMBパウダー」、「HMBタブ」
HMBは年齢が高くなるほど効果が出やすい傾向があると言われています。

テストステロンに頼らない筋合成昂進による筋肉増強目的に対しては純粋な遊離型HMBを使用したラプターが最適で高い安全性を誇りますが、予算重視の場合や欠品時の代替としてDNSのHMBシリーズが非常に優れています。

比較的安価であるだけでなく、HMBを再加工することで不純物を極限まで取り除くことによって、国内はおろか世界的にも最高品質のHMB-Ca(※)は、腎臓が欧米人の3分の1ほどしかない日本人が長期間継続するのに適しています。


※  サプリマスター談「そこらで売られている無銘のHMBはクソみたいに不純物が多いが、 DNSのHMBタブは国内で徹底的に不純物を除去して純度を高めており、安い割に馬鹿馬鹿しいくらい体感がある」



続きを読む

風邪をひいてしまった時の栄養補給-前編

Q:風邪をひいてしまいました。

1.このような場合、しっかりとご飯を食べた方が良いのでしょうか?

2.風邪の時に意識して補給すべき栄養素など、あるのでしょうか?


前編の今回は質問1について考えてみたいと思います。

続きを読む

↑このページのトップヘ