サプリマスターの「サプリ塾」

【はじめに】サプリ塾に含まれる全てのコンテンツは、数多くの文献や内部資料などを元にしていますが、あくまで店長の主観によるエンターテイメントですので、商品や方法論等の効能を謳うものではありません。予めご了承下さい。

リンクはフリーです。お気に召した話があれば、どうぞご自由にSNSやウェブサイトなどでご紹介下さい。

カテゴリ: 本日の講義

〜ラプターがない場合の代替策〜
「節子それ、むしろ、クレアボルブラックイージーや・・・」


ラプターなしでアナボリズムの昂進を最大化したい場合、代替としてテストステロンブースターが良い手段となりますが、女性を含め誰にでも一定以上の効果が期待できるこんな組み合わせもお勧です。

DNS「HMBパウダー」、「HMBタブ」
HMBは年齢が高くなるほど効果が出やすい傾向があると言われています。

テストステロンに頼らない筋合成昂進による筋肉増強目的に対しては純粋な遊離型HMBを使用したラプターが最適で高い安全性を誇りますが、予算重視の場合や欠品時の代替としてDNSのHMBシリーズが非常に優れています。

比較的安価であるだけでなく、HMBを再加工することで不純物を極限まで取り除くことによって、国内はおろか世界的にも最高品質のHMB-Ca(※)は、腎臓が欧米人の3分の1ほどしかない日本人が長期間継続するのに適しています。


※  サプリマスター談「そこらで売られている無銘のHMBはクソみたいに不純物が多いが、 DNSのHMBタブは国内で徹底的に不純物を除去して純度を高めており、安い割に馬鹿馬鹿しいくらい体感がある」



続きを読む

年末年始太りからの再出発

Q:太ってはいけないなぁと思っていましたが、年末以前からジムからは遠ざかってしまい、結局、太ってしまいました。心を入れ替えてトレーニングに励みたい所ですが、緊急事態宣言下のこのご時世にジムへ通いにくいです。このような状況から逆転または好転させるには、どうしたら良いでしょうか?

ブランクによって筋量が減ってしまっても、マッスルメモリーがあるために、トレーニングを再開さえすれば、驚くほどの短期間で筋肉量が回復しますが、増えてしまった体脂肪は自然には減ってくれません。

故に効率を重視するなら、「防御こそ最大の攻撃」となります。体脂肪の蓄積を防ぐことが生産性や労力から考えると最も効率的ということです。何せ、落ちにくい体脂肪の燃焼に心血を注いでいる間は筋肉が増えにくい、あるいは減るからです。



続きを読む

抜け毛に関しては取り敢えず、「5α-リダクターゼがー」と言っておけば良い風潮ですが、若い女性や「テストステロンレベルちょい高めで脂ギッシュなジヒドロテストステロン転換体質」ではない人の脱毛の説明が付きません。

ストレスなる魔法の言葉で片付けることが多いですが、その原因の一つとして「アレ」の話をしないのは自然科学に反する上、白々しいことこの上なしです。

と言うわけで、抜け毛予防に関して多方面から多角的に考えた話をまとめてみました。



続きを読む

レバーブロウで脱毛予防!? Part.2-前編

Q:以前、レバーブロウを摂取しだしてから、明らかに脱毛が減ったという問い合わせに、お答え頂きました。その後も調子が良く、レバーブロウを勧めた身内も脱毛が減ったと主張しています。そこで思ったのは、前回、説明して頂いたメカニズム以外にも、脱毛抑制の作用があるのではないかということです。

まず、その勘は正しいと思います。

ただ、前回の話の趣旨となる「若年女性の脱毛を始めとするジヒドロテストステロンを介さない脱毛」に関しては、便と尿では排出しきれない重金属や放射性物質、化学物質がそれらが解毒の最終手段たる毛髪によって排出される(パージされる)ことが主因であり、レバーブロウによって、肝機能と腎機能、そして胆汁代謝が活性化することで、宜しくない物質の毛髪への蓄積が減ることで脱毛が改善されるという解析は間違いありません。

ただ、それだけでは有り余る効果を感じる方も多いことから、レバーブロウの脱毛予防には他のメカニズムも介在していると思われます。

続きを読む

レバーブロウで脱毛予防!? Part.2-後編

Q:以前、レバーブロウを摂取しだしてから、明らかに脱毛が減ったという問い合わせに、お答え頂きました。その後も調子が良く、レバーブロウを勧めた身内も脱毛が減ったと主張しています。そこで思ったのは、前回、説明して頂いたメカニズム以外にも、脱毛抑制の作用があるのではないかということです。

肝臓と腎臓のケア、そして胆汁の代謝をサポートする古今東西の成分がオーバースペック気味に配合されたレバーブロウが何となく抜け毛に役立ちそうなイメージは確かにありますが、それが実際に効果を発揮するにはいくつかのメカニズムを介する必要があります。


続きを読む

年末年始の太り過ぎ防止には、何と言っても、たくさん食べる直前から1日前の間に、しっかりと運動することにつきます。

この際の「しっかりとした運動」の定義は、

A、筋線維に微細な損傷が起こる強度
B、筋中グリコーゲンが消費される量

で、AまたはB、あるいはAとB両方を満たす内容になります。

Aによって発生するスクラップ・アンド・ビルドには多大なカロリーと栄養素が必要となります。

Bはグリコーゲン貯蔵量が0に近づけば近づくほど、炭水化物を摂取した際に筋肉での消費が起こるため、脂肪合成率は低下します。それだけでなく、グリコーゲンの再合成時にも、脂肪燃焼が起こるため、一石二鳥以上の効果をもたらします。

ただし、誰もが適切なタイミングで、強度の高い運動や質の高い運動を実行できるわけではありません。



続きを読む

運動できないけど太りたくないし、筋肉は失いたくない!-オマケ編

Q:ジム休館明けの6月くらいからトレーニングを再開しましたが、冬が近づくにつれて新型コロナウィルスが勢力を強めて来ているような印象なので、ジムからは遠ざかっています。自宅でできる運動は限られる上、あまりテンションも上がらないので、ジムに通っていた頃に比べればほとんど何もしていないような状態です。当然、脂肪も増えてきました。このような状況下で、筋量を維持したまま体脂肪を増やさないようにする良いサプリはないでしょうか?

ジム通い時代に比べて、運動量、頻度、強度が低下してしまうような環境や煩忙な時期における筋肉量低下と脂肪蓄積を防止するには、マッハ6が非常に役に立ちます・・・というのが前回までの話しでした。

今回はマッハ6のややマイナーな豆知識になりますが、運動量、頻度、強度が低下する時期や感染症が気になるシチュエーションに対して、豆知識と呼ぶには高すぎる性能をマッハ6が発揮するという話になります。
続きを読む

私はさっきまで、近所の温泉に2時間近く入り浸っていました。

少し時期を逸しましたが・・・。


【クリスマス風呂】
クリスマス風呂とは何ぞや?

いや、近年、発見したんです!
12月24日と25日は近所の温泉施設がガラガラであることを。

この現象は全国何処の入浴施設でも起こっていると思われるので、すわ、大浴場で泳ぎ放題!・・・も良いですが、自分で考えた入浴方法を誰にも邪魔されずに、納得行くまで試すことができるこのチャンスを逃す手はありません。

健康な時こそサウナも良いですが、ゆっくりと入泉できる人は

○○が痛い!個人的攻略法2

で、紹介している入浴法をお試し下さい。

Ex:
私の入浴法



続きを読む

風邪ひきかけの1〜2歩手前にお勧め
「風邪予防の呼吸 拾壱ノ型 葱(ネギ)」
近頃、ハードトレーニング後やハードワーク後に、タマタマが熱くなるなぁ〜、微熱が出るんだよね〜、という方は、そのような時に「超ネギだく麺」を試してみる価値があるかも知れない。
続きを読む

風邪とマスター2017
Part.2-実践編

「鼻風邪をひいてしまった」

10月の中頃から下旬にかけて、鼻風邪に罹ってしまった。

普通であれば、鼻の諸症状→咽の痛みというプロセスを経るが、今回は先に咽が痛み出した。常に一言多い私は、喋ることができなくなる咽風邪が何より嫌いであったが、喉の違和感に気がついてから対処するのが早かったせいか、喉が腫れることなく、次の段階を迎えた。対処と言っても、熱々の鍋をひたすら食べただけなので、それが功を奏したかは定かではない。

ともあれ、風邪二日目からは鼻水の攻勢を受けることになった。



続きを読む

運動できないけど太りたくないし、筋肉は失いたくない!-応用編

Q:ジム休館明けの6月くらいからトレーニングを再開しましたが、冬が近づくにつれて新型コロナウィルスが勢力を強めて来ているような印象なので、ジムからは遠ざかっています。自宅でできる運動は限られる上、あまりテンションも上がらないので、ジムに通っていた頃に比べればほとんど何もしていないような状態です。当然、脂肪も増えてきました。このような状況下で、筋量を維持したまま体脂肪を増やさないようにする良いサプリはないでしょうか?

前編〜後編にかけて、代謝経路から考えた生理学的にも、ホルモン分泌とその感受性という視点を取り入れた新しい栄養学的にも、そして、私達が毎日のように食べている食肉や乳製品を生産する際に最も重要となる飼料効率から考えても、マッハ6が新型コロナ禍のような家で過ごす時間が大半を締めて運動不足になりがちなシチュエーション下において、如何にマッハ6が優れているかを解説しました。

血中栄養素に対して実際に起こるメカニズム的にも、理屈的にも、その効果は十分発揮されますが、実のところ、マッハ6はジム通いが難しい環境におけるトレーニングに対しても、非常に相性が良かったりします。





続きを読む

運動できないけど太りたくないし、筋肉は失いたくない!-後編

Q:ジム休館明けの6月くらいからトレーニングを再開しましたが、冬が近づくにつれて新型コロナウィルスが勢力を強めて来ているような印象なので、ジムからは遠ざかっています。自宅でできる運動は限られる上、あまりテンションも上がらないので、ジムに通っていた頃に比べればほとんど何もしていないような状態です。当然、脂肪も増えてきました。このような状況下で、筋量を維持したまま体脂肪を増やさないようにする良いサプリはないでしょうか?

前回は運動量と頻度が低下した時に起こりやすい体脂肪の蓄積を抑制するのにマッハ6が活躍するメカニズムの主となるインシュリン感受性改善について解説しました。

今回はインシュリン感受性改善に並ぶマッハ6の根幹たる筋量を増やす効果について解説してみます。



続きを読む

予算を抑えたアナボリック刺激-前編

Q:アラフォー以降で予算を抑えつつも、筋肉増強を果たすのに良い組み合わせを教えて下さい。

まず、筋肉増強の条件について整理します。

A:消化吸収の改善

B:栄養分配改善

C1:アナボリズムの改善
(筋合成 > 筋分解)

C2:ワークアウト効果の改善
(筋合成 > 筋分解)

続きを読む

予算を抑えたアナボリック刺激-後編

Q:アラフォー以降で予算を抑えつつも、筋肉増強を果たすのに良い組み合わせを教えて下さい。

前回は以下の筋肉増強の条件について整理しました。

A:消化吸収の改善

B:栄養分配改善

C1:アナボリズムの改善
(筋合成 > 筋分解)

C2:ワークアウト効果の改善
(筋合成 > 筋分解)

続きを読む

予算を抑えたアナボリック刺激-応用編1

Q:アラフォー以降で予算を抑えつつも、筋肉増強を果たすのに良い組み合わせを教えて下さい。

前回は予算が限られている場合は、工夫や努力では手に入りがたい、

C1:アナボリズムの改善
(筋合成 > 筋分解)

C2:ワークアウト効果の改善
(筋合成 > 筋分解)

に、予算を集中させるのが理想的で、BCAAとHMBを組み合わせるのが良いでしょうという内容でした。

今回はアラフォー以降の年代の人がコストを抑えながら、筋肉増強を継続していくのに役立つサブアイテムを紹介します。



続きを読む

予算を抑えたアナボリック刺激-応用編2

Q:アラフォー以降で予算を抑えつつも、筋肉増強を果たすのに良い組み合わせを教えて下さい。

トレーニング前〜後だけでなく、日常においても、筋合成が筋分解よりも優位な状態を長く保てるのに、BCAAやHMBがコストに見合った以上の効果を発揮しますが、今回はこのスタックに匹敵する威力と高い汎用性を持つアイテムを紹介します。

それが、マッハ6です。



続きを読む

予算を抑えたアナボリック刺激-実践編

Q:アラフォー以降で予算を抑えつつも、筋肉増強を果たすのに良い組み合わせを教えて下さい。

HMB2アラフォー以降の第一の課題は年齢と共に低下するアナボリズムを改善することにつきます。一見、テストステロンブースターが最優先にも思われがちですが、誰にでも一定の効果があり、かつ、絶え間なく継続することでコンスタントな結果を出すのに適しているHMBを採用するのが良いでしょう。

予算を抑える場合、トレーニング関連はBCAA、その他のタイミング、すなわち、日中や就寝中のアナボリズムの昂進にはHMBが活躍します。

これらに、コンディション改善によるトレーニング継続率向上や抗老化、健康増進、タンパク質利用率改善など、様々な役目を持つVIVOを半量でもよいので加えたい所です。



続きを読む

運動できないけど太りたくないし、筋肉は失いたくない!-中編

Q:ジム休館明けの6月くらいからトレーニングを再開しましたが、冬が近づくにつれて新型コロナウィルスが勢力を強めて来ているような印象なので、ジムからは遠ざかっています。自宅でできる運動は限られる上、あまりテンションも上がらないので、ジムに通っていた頃に比べればほとんど何もしていないような状態です。当然、脂肪も増えてきました。このような状況下で、筋量を維持したまま体脂肪を増やさないようにする良いサプリはないでしょうか?

前回の書き出しでも言及しましたが、最も効果的な解決策としては、ジム通い時代と同じ頻度、同じ強度でトレーニングを継続することです。

しかしながら、自宅トレにおいては使用可能器具やスペース、騒音対策といったインフラ的な問題がつきもので、中々に高い強度と頻度でトレーニングを継続するのが難しい人も多いでしょう。そのようなシチュエーションで、筋肉量を維持しつつ、体脂肪の蓄積を抑制するにはマッハ6が役立ちますというのが前回の内容でした。

今回はその理屈をもう少し詳しく解説してみたいと思います。


続きを読む

運動できないけど太りたくないし、筋肉は失いたくない!-前編

Q:ジム休館明けの6月くらいからトレーニングを再開しましたが、冬が近づくにつれて新型コロナウィルスが勢力を強めて来ているような印象なので、ジムからは遠ざかっています。自宅でできる運動は限られる上、あまりテンションも上がらないので、ジムに通っていた頃に比べればほとんど何もしていないような状態です。当然、脂肪も増えてきました。このような状況下で、筋量を維持したまま体脂肪を増やさないようにする良いサプリはないでしょうか?

良いアプローチ、良い方法としては、現状で実践可能なトレーニングをそこそこの頻度で行うことになりますが、ストレートな手段としてのサプリという選択も間違いではありません。

今回のようなシチュエーションには、マッハ6がピッタリになります。

続きを読む

DHEAサプリ

Q:DHEAのサプリは取り扱っておられますか?日本では製造されていないと聞きましたが。

・・・という質問を受けた某ショップの店長兼エリアマネージャーから久々にヘルプの要請がありました。

で、このように回答しましたという話になります。



続きを読む

↑このページのトップヘ