サプマスウェブショップでご購入時に付属するおまけ読み物「居残り補習授業オフライン」の6月号トレーニング & サプリ小話「ホルモン調節が全て Part.3 〜筋肉増強編〜」が完成しました。

先々月の

居残り補習授業オフライン
ホルモン調節が全て




先月の

居残り補習授業オフライン
ホルモン調節が全て Part.2 〜減量編〜


完全な続きで、今回は筋肉増強に的を絞ったホルモン調節について考察しております。



居残り補習授業オフライン#138
トレーニング & サプリ小話「ホルモン調節が全て Part.3 〜筋肉増強編〜」


〜イントロダクション「筋肥大の才能」〜
筋肥大しやすい要因はたった1つではなく、多岐にわたります。テストステロン(男性ホルモン)レベルが高い、成長ホルモンレベルが高い(結果的にIGF-1も高くなる)、インシュリン分泌能力が高い、各種アナボリックホルモンの筋肉での感受性が高い(受容体活性)、速筋線維が多い、消化吸収系が強い・・・などなどです。

上の要因を一つでも持ち合わせていた場合、筋肥大に非常に有利で、その才能があります。複数個の要因を持っている人は筋肥大の天才と言っても良いでしょう。



〜イントロダクション「テクニックによる才能の疑似再現」〜
速筋線維が多いと言うのは遺伝による生まれつきのものなので、後天的にはどうすることもできませんが、各種アナボリックホルモンレベルや消化吸収能力に関しては、サプリメントを含めたテクニックによって、ある程度向上させることができます。

一見、筋肥大には何らかの生まれ持った才能が必要なように思えますが、様々なテクニックを駆使することで、才能を擬似的に再現することができ、より大きな結果を出すことが可能です。



〜イントロダクション「あれもこれも大事」〜
消化吸収能力の重要性はホルモンレベルとは別のベクトルの話で、同じくらいに力を注ぐべき要素です。

クリアやVIVOなどの消化酵素を多量に含むサプリ、サプリ塾で紹介してきた消化を高めるテクニックを採り入れつつ、長期的に取り組みましょう。

短期〜中期的には、アナボリックホルモンレベルの向上と活用が効果を発揮します。



「テストステロン:Level.1」
テストステロンレベルを劇的に高めたい人も、そうでない人、健康維持目的の人も、最低限取り組まないといけないのがテストステロンレベルを著しく低下させないことである。

テストステロンレベルの低下は主に2つの要因によって起こる。

一つは材料不足。亜鉛が不足すると、テストステロン生成が低下してしまう。もう一つは、ストレス過多。ストレスによってコルチゾールレベルが高い状態が続くと、テストステロン生成に悪影響が発生する。

材料供給にはエキストラアミノアシッドが優れる。
コルチゾールレベルを下げるには、イチョウ葉エキスやEPA、グルタミン、ビタミンCが良い。1日分のVIVOには臨床的に抗コルチゾール効果が望める120mgのイチョウ葉エキスが含まれており、他のアンチストレス成分も充実しているので、安定的、継続的な抗ストレス対策にVIVOが最も適している。



「テストステロン:Level.2」
慢性的に高いストレスにさらされている場合、副腎がダメージを受け、各種ホルモンレベルが低下する。

副腎においてはテストステロンの前駆体である性ホルモン「DHEA」も生成されるが、これも慢性的高ストレスによってストップがかかり、テストステロンのみならず、やる気や元気などの活力の低下が起こる。

DHEAを直接補給するという方法は副作用がほとんどない上に効果的であったが、日本ではどうあがいてもそれができなくなった(=利権がらみ・・・それだけ健康に有効)ため、副腎機能の回復と活性に努めるしかない。

幸運なことに、硬直してしまった副腎機能を回復して、DHEAレベルを高めるという唯一無二の手段である「エキストラサバイブ」を我々は知っている。

無論、ストレスレベルが著しく高くなく、副腎が絶好調であれば、VIVOだけでも十分だ。



「テストステロン:Level.3」
筋肉増強が主体でなく、健康増進等が目的の場合、上の1なんし、2の対策で十分である。筋肥大や精力増進が