(月替わりパスワード入力による閲覧対応)

毎月、オマケで付いてくる要らない人には無用の長物の「居残り授業オフライン」が1年遅れでオンライン化!

読みたい人だけ納品書記載のパスワードを入力してお読み下さい。



居残り補習授業オフライン #111
サプリ小話「効く効かないの謎」


「個人差あり?」
亜鉛、マグネシウム、ビタミンB6を主体としたZMA系サプリは大抵の人に満足する体感をもたらします。その理由としては、いずれもほとんどの人が不足している栄養素だからです。

亜鉛は主に細胞分裂、マグネシウムは筋肉の収縮やストレス、ビタミンB6はタンパク質代謝によって消費されます。食生活に気を遣っていても、トレーニングの習慣がある人は、ただそれだけで不足しがちになるのがわかると思います。

おまけに、今日では亜鉛やマグネシウムを多く含む食品を毎日摂ることが難しく、反対にその吸収を妨げる、あるいは排出を促す食品添加物を含む食品が幅を利かせています。これらの環境的要因も加わる為、「不足状態からの充足」による逆転現象によって、多くの人は飲み始めの頃に「スポーツサプリメントの感動」に出会うわけです。

pic_product_detail_new12私の場合、サプリメントの体感は高い方ではないのですが、ZMA系サプリはかなり体感が高い部類に入ります。

恐らくですが、髪や爪の伸びる速さ、垢、擦り傷の治癒の速さ、○○の充填速度から考えるに、新陳代謝が激しいタイプで、亜鉛の消費が激しいのだと思われます。筋肉は緊張しやすいタイプと考えられ、マグネシウム消費も多いと考えられます。

このため、ZMA系サプリに出会うまでは、マグネシウム不足等の理由」から寝付きの悪さに悩まされて来ました。

何が言いたいかというと、サプリの体感に影響を与える要因の一つである個々の不足栄養素は、食事や運動だけでなく、生まれ持った体質、つまり、遺伝の影響を大きく受けることが近年解ってきたということです。



グルタミンは近年、最も過大評価されたアミノ酸の一つです。ただし、それは筋肉増強に関してといえます。これはアメリカのサプリメントメーカーがしきりにグルタミンをアナボリックなアミノ酸と喧伝し続けた影響が大きいです。

今日ではグルタミンは筋肉増強には大きく寄与しないことが解ってきましたが、その一方で従来の定説通り、免疫力に対して非常によい影響を与えることが重ね重ね判明しています。

グルタミンは免疫力やグリコーゲン補填強化のために、運動後に摂取するのが主流となってきましたが、運動後に摂取しても体感がないという人も存在します。

私の場合、脚のトレーニングを行うと、必ず首のリンパが腫れていたのですが、グルタミンを飲むようになると嘘のように、その現象がなくなりました。白血球などが細菌やウィルスと闘った際の残骸はリンパ経由で排出される為、せめぎ合いが起こった時にリンパが腫れるのは当然の現象とされています。

リンパが腫れなくなったのは、激戦に至る前の緒戦で免疫軍が圧勝した為であると思われます。それ故に、ウィルスの増殖を抑えられ、リンパが腫れるほどの白血球の死骸が出なかったのでしょう。

Ex:
グルタミンの機密 Part.2「未知の病原対応能力

グルタミンは条件下必須アミノ酸といわれ、不足している状態においては、体の外からの補給を必要とします。十分に充足しているときやグルタミンの消耗が起きていない時に、サプリで摂取しても大きな体感は得られないでしょう。

反対に不足状態、つまり、トレーニングによる身体の疲弊時や免疫力が低下した状態であれば、途端に高い体感をもたらすはずです。

つまり、何が言いたいかというと、トレーニング後にグルタミンを飲んでも、大きな体感がない人は主観ほどハードなトレーニングをしていない可能性があるということです。ただし、宣伝ではありませんが、体感度は低くとも、トレーニング後にグルタミンを飲む行為は決して無駄ではありません。

(以下、月替りパスワード入力で、続きをお読みいただけます)



・・・以上、まとめると、サプリの体感は不足云々に加え、必要栄養量を大きく変えてしまう遺伝的体質(※)やトレーニングのクオリティといった要因など、内面的ミクロ的な要素から、ストレスを含めた環境的要因の影響を大きく受けることがあるということです。

β2ADR遺伝子変異タイプは、タンパク質が多く必要と言われている

ちなみに、お酒の習慣がある人や肝臓や腎臓に負担がかかる環境下の人は、異様にレバーブロウの体感度が高く、また、胃腸が強くない人にはVIVOやクリアの体感度が高く、非常に高く評価(体格体調だけでなく、メンタルタフネスが改善される!というフィードバックが多い)されています。

また、CoQ10はその増殖性に関わるPPARGC1a遺伝子に多型があり、かつ、ミトコンドリア自体の性能が母親から丸っと遺伝するため、体質や種目によってはクリティカルヒットすることが多々あります。

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。