ジムが長期間休業!
でも、家や野外ではトレーニングしずらい・・・、けど、筋量は減らしたくない・・・。

そんな時は、これまでその身体に刻み付けてきたマッスルメモリーを信じて何もしないのも一興です。十分なマッスルメモリーがあれば、トレーニングを何ヶ月も休んでも、復帰した途端に以前の筋量を取り戻すことができます。

ウエイトトレーニングがメンタルに与える影響は大きい上に多岐にわたります。

重たいウエイトを挙げられた時、その姿を鏡や動画で確認した時、自分で自分に課したメニューをやり遂げたときは、快感や満足感が得られるだけでなく、自尊心も向上し、自分に自信が付きます。

このような点から考えると、いくら後で筋量が回復すると言っても、トレーニングを全く行わないと、鬱ではありませんが、活発さが低下してしまうのは否めません。

そのような場合、ファイナルETBが適しています。
12871999390080
テストステロンレベルの向上は、長期のオフによる筋萎縮を予防して筋量を維持に役立ちます。また、テストステロンはβ3アドレナリンレセプターを活性化して、運動不足による体脂肪蓄積を防ぎます。

テストステロンレベルの増大は、やる気を高めますが、ファイナルETBには落ち込みや不安を低減するアダプトゲンが配合されているので、相乗的にメンタルタフネスを高めます。

気力、見た目の筋量、体脂肪管理といった三拍子からは、長期間身体を動かせない時にも、ファイナルETBが意外なほど活躍することは間違いありません。



気分や体脂肪管理よりも、単純に低活動期の筋量維持に役立つサプリメンテーションに関しては、

忙し過ぎてトレできない!
実践栄養学編


のアミノ酸とクレアチンの活用方法を参考にしてみて下さい。

#4へ続く



【関連】
ジムがやってない!って時の対策 #1
ジムがやってない!って時の対策 #2
ジムがやってない!って時の対策 #3
ジムがやってない!って時の対策 #4

えせトレ-まとめ Part.1
えせトレ-まとめ Part.2
えせトレ-まとめ Part.3
えせトレ-まとめ Part.4

えせトレ-まとめ 番外編

〇〇が痛い!-まとめ