2nd Season-9
〜オンシーズンとオフシーズンのプロテイン話〜


サプリマスターが解決「プロテインのベストな飲み方?」にて、トレーニング前後にEAAなどの遊離アミノ酸を主体としたサプリを利用している場合、プロテインの出番はトレーニング直後ではなく、食間や就寝前がメインとなり、その際にココアを添加するのが良いと紹介した。

今回は、私が実際にどのようにプロテインを飲んでいるのかという、「サプリマスターのたった一人の被験者」シリーズのような話となる。



「オンシーズンはホエイプロテインSP」
プレ〜オンシーズンはホエイプロテインSPのヨーグルトとチョコレートを利用している。大きな理由としてホエイプロテインSPには1回分1,500mgのHMB-Caが配合されているからだ。

理想的ではないが、プレ〜オンシーズン中に激しい練習を行う都合上、筋肉を始めとする外骨格に関わる組織へのダメージが大きいからだ。それらを修復することは、無論、パフォーマンスアップに繋がるが、理屈はもっと単純で、ダメージが残っていると良い練習ができないからだ。

回復力を重視するのはトレーニングの質だけでなく、ダメージが回復しきらないうちに、トレーニングを行うとダメージが蓄積することで、練習すらままなくなるという理由もある。




少し蛇足になるかも知れないが、チョコレート味とヨーグルト味の使い分けについて。

食間における間食や就寝前などは、チョコレート味を利用しており、純ココアを小さじ1〜2杯足すことが多い。摂取タイミング的に消化吸収速度は気にしていないので、水や牛乳、豆乳など、その時、手元にある飲み物でシェイクしている。



出先などでは、コンビニなどで手に入る大山コーヒーを半分まで飲んでからチョコ味を紙パックに投入して、カフェモカ味にすることが多い。サプマス栄町時代は、サプマス到着直後の第一食目として、これを飲むことが多かった。
2
ヨーグルト味はトレーニングを終えた後に食べる食事の際やトレーニング直後に利用することが多かった。トレーニングの後なので、炭水化物源として果物を利用する都合上、ヨーグルトが合うからだ。

ちなみに、グルタミンは一緒に摂取した炭水化物のグリコーゲン化を助けてくれる働きがあるので、ホエイプロテインSPは炭水化物を含む食事との相性も良い。
1
トレーニング後に近いタイミングでタンパク質の消化吸収を高めたいときは、凍らせたプリンスメロン(ククミシンというタンパク質分解酵素を含む)とミキサーにかけ、それ以外では凍らせたブラックベリーを利用することが多い(蜂蜜もドベッ!と足す)。ただし、タンパク質分解酵素を含むイチジクとシェイクする場合は、風味の相性としてチョコが非常にマッチするので、この時だけはチョコ味である。
3



〜SPの注意点〜
ホエイプロテインSPのHMB1,500mg、NOブースター1,000mg、グルタミン5,000mgというスペックは身体を早く回復させるには非常に適しているが、筋肥大しやすい希有なプロテインでもあるので、結果として筋量での体重増加を招く。

特に私の場合、消化酵素を多量に含むイチジク、メロン、生ハチミツを同時に摂取している為、減量中なのに筋肉で体重が増えてしまうといった現象を度々経験する。

この為、階級制競技や跳躍系競技、長距離系などに取り組んでいる人は、試合期のダメージ回復促進剤として、ホエイプロテインSPを採用する場合、特にタンパク質分解酵素を豊富に含むクリアやVIVOと併用する際は、些か注意が必要となる。




「オフシーズンはノンフレーバーWPI」
wpiオフシーズンはバーベルスクワットなど下半身のウエイトトレーニングをそれこそ「ねちっこく」かつハードに行うが、ダメージとしては局所的、限定的となる為、間食としてプロテインを摂取する場合、WPIを利用している。

アレに関係なく元々、乳製品を多量に摂らない為、冷蔵庫に常に牛乳がある訳ではないが、牛乳がある場合は100mlにスプーン2杯のWPIとココア(またはカカオ)を入れてシェイクし、牛乳や豆乳がない場合は水とココア(またはカカオ)でシェイクしている。

ココアすらないときもあるが、その場合は水と氷2個だけで、あるいは水だけで、ノンフレーバーWPIをシェイクして飲んでいる。昔は、とてもできなかったが、何と今はそれが美味しく感じるのだ。水だけで全然いけるのである(※)。

※ 多分、私だけなので、真似しないで下さい



オンシーズンは果物(炭水化物)との相性やHMBを始めとしたオーバースペック気味の内容から、ホエイプロテインSPを利用する頻度が高い。

一方、オフシーズンは週に2回くらいしか、プロテインを飲む機会がない。タンパク質摂取量もかなり少なく、100gはおろか、70g前後か60gを切ることもある。

間食に全卵を3個食べる為、これが食べられない時に、プロテインシェイクを利用している。また、夕食を食べてから就寝まで、時間がかなり空いた場合や夜中にバッチリ目が覚めた時にも、プロテインを飲むことがある。

と言った具合に、私の場合、オンシーズンに比べて、オフシーズンはプロテイン摂取量と頻度はガタンと落ちる。

#10へ続く



Ex:
30代後半からの筋肉増強-序

・30代後半からの筋肉増強-本編

【関連:40代からの競技への挑戦】
2nd Season #0「オフシーズン2018〜2019
2nd Season #1「オンシーズン2019-スタミナ養成編
2nd Season #2「サプリメンテーション編-前編
2nd Season #3「サプリメンテーション編-後編
2nd Season #4「サプリメンテーション編-応用編
2nd Season #5「200m結果編
2nd Season #6「地区対抗リレー結果編
2nd Season #7「200m & 地区対抗リレー-準備編
2nd Season #8「200m & 地区対抗リレー-カーボローディング編
2nd Season #9「オンシーズンとオフシーズンのプロテイン
2nd Season #10「2020年結果編

1st Season
1st Season #1
1st Season #38「エピローグ