〜良好な公営ジム編〜
1回200円で質実剛健なトレーニングが可能なハードコア公営ジムの直ぐ側には、もう一つ、公営ジムがあります。

市営ジムB:良好/1回300円
パワーラック、バーベル、30kgまでのダンベル、スミスマシン、サイベックス多数、等々
欠点:チン&ディップバーなし、レッグレイズ台なし

まずまずのフリーウエイト環境に加え、マッサージチェアとゴロゴロローラー(フィットネスローラー供僕り、更にPowerMaxあり。



このジムでも、私の一番の目的であるパワーラックでのスクワット、デッドリフト、クリーン、そして、パワーマックス(置いてないジムもある?)ができます。お風呂などはありませんが、サイベックスなどの使用しやすいマシンやベンチプレス台、ダンベルなどが充実しています。ですが、私にとっての一番のポイントは「フィットネスローラー供廚任

腰や背骨に違和感がある時に、このジムを利用しています。

トレーニングの前に、10〜15分ほどゴロゴロローラーに身を横たえて、腰から背骨をほぐしてからスクワットなどを行うと、腰などにあった違和感がかなり和らぐことが多いからです。ゴキッ!×ゴキッ!と背骨や腰がはまることがあり、「気づかないうちに、こんなにもズレや歪みが発生していたのか!」と思うこともあります。

フィットネスローラー兇鮃圓┐弌誰でも背面の違和感が解消できるかと言えばそうでもなく、また、コキっと背骨が鳴れば、必ずしも問題が解決する訳ではありませんが、もしも、幸運にもこのゴロゴロローラーがある施設が近隣にある方は一度試して欲しいお馬鹿アイテムです。

問題はそんなスーパーお馬鹿アイテムを是非とも試したいのに、そんなレトロでアホウな機械なんてどこにもない場合です。そのような時は、以下の方法をお試し下さい。

Ex:
ゴロゴロローラーがない!

・ゴロゴロローラーがない! Part.2






さて、このジムの良い点は、ほんの数年前からですが、パワーラックが時間制限ありの予約制になったことです。

運良く予定滞在時間内にパワーラックを確保できても、リミットが30分なので、テキパキとメニューをこなす必要があります。スクワット→デッドリフト→クリーンと行いますが、最後のクリーンはインターバルもとらないヤッツケ作業になり、終える頃には、かなりの発汗と心拍数になります。

ただ、制限時間がないジムでは、ダラダラとスクワットを行いますが、制限時間があった方が返って良いトレーニングができることがあります。

PowerMaxを終え、汗を流して着替えた後に、再びゴロゴロローラーに5分乗った後、マッサージチェアで10分ほど腰などを揉みほぐしてもらいトレーニング終了となります。EAAやグルタミンなどのポストワークアウトサプリはこの後になります。

ちなみに、このジムにはチン&ディップステーションとレッグレイズ台がないのですが、パワーラックでストレートバーのチンニングとレッグレイズが可能です。ディップスに関しては、ハイパーエクステンション台(背筋台)から、飛び出た2本のバーを利用して行うことができます。

#3へ続く



【関連】
自分の話「ジムの使い分け」 
自分の話「ジムの使い分け」 #1
自分の話「ジムの使い分け」 #2
自分の話「ジムの使い分け」 #3

サプリ塾ネタに忠実!!

ジム選びのヒントって話でもない-前編
ジム選びのヒントって話でもない-中編
ジム選びのヒントって話でもない-後編

スポクラ的ジムにはまった理由-その2

3つ子の魂100まで Part.4「氣功ってほどの話でもない」-前編
3つ子の魂100まで Part.4「氣功ってほどの話でもない」-後編

シリーズ
週1+αのトレプログラム

シリーズ
ジムへ通うべきか否か?