Q:A先輩の勧めでレッグカールをドロップセットで行っていたところ、B先輩が寄ってきて、「ドロップセットはどんどん強度が落ちる一方で反復回数が多くなるから、筋持久力のトレーニングになる。ハムストリングスは速筋だから、そんな方法では筋肥大しないよ」と言われましたが、本当でしょうか?

結論としては、自信をもってレッグカールのドロップセットを続けて下さいとなります。

確かに、

・ハムストリングスは速筋主体

・ドロップセットはやや低強度×高回数で持久的

ではあります。

しかしながら、ドロップセットで行うレッグカールは速筋を鍛える効果と筋肥大効果があります。また、そもそも、ジムで行うハムストリングスの種目は決して多くはない上に、コツと重量が物を言う種目がほとんどとなる中、ドロップセットのレッグカールはお手軽で容易な種目という利点を持ちます。



さて、何故、レッグカールをドロップセットで行う行為が速筋を刺激できるのか?という疑問に関しては以下の話をお読み下さい。

ハムストリングスに効きにくい!-6
ドロップセットで速筋線維が肥大するか?


ウエイトが挙がらなくなったら、ピンを差し替えて、反復を継続し、再度、挙がらなくなったら、またピンを差し替える・・・を繰り返して限界まで追い込む行為は、一見、遅筋勝負に見えますが、焼け付くようなバーンに耐えて限界まで追い込むことで、待機中の使われていない速筋まで駆り出されることになります。

遅筋を追い込むことで、普段は使われることがない眠れる速筋を叩き起こすことができるのです。



ハムストリングスは完全なる速筋複合体ではなく、その中には遅筋主体の筋肉もある為、ハイレップス&高ボリュームのトレーニングを行うこともハムストリングスのサイズアップに有効です。遅筋も筋肥大するからです。

眠れる速筋の利用、遅筋線維の肥大・・・と言った視点から、ドロップセットでレッグカールを行う行為はハムストリングスの発達に有効な手段の一つになります。

ただし、インフラ的手段としてはお手軽ですが、頭や心で感じる主観的な限界ではなく、物理的に筋収縮が不可能になる生理的限界の近くまで追い込むことが重要になるので、「ドロップセットを採用した!」と言う手段のみで安心せずに、可能な範囲で作動限界を目指す「運用」の必要があることを忘れてはなりません。

#15に続く

メダパニ先輩とマキシム兄貴-まとめ



【Ex】
効かせ難い部位対策Part.4「ハムストリングス」-序
効かせ難い部位対策Part.4「ハムストリングス」-1
効かせ難い部位対策Part.4「ハムストリングス」-2
効かせ難い部位対策Part.4「ハムストリングス」-3
効かせ難い部位対策Part.4「ハムストリングス」-4
効かせ難い部位対策Part.4「ハムストリングス」-5
効かせ難い部位対策Part.4「ハムストリングス」-6
効かせ難い部位対策Part.4「ハムストリングス」-7

【関連】
古株先輩達のメダパニ!大胸筋編-Part.1-前編
古株先輩達のメダパニ!大胸筋編-Part.1-後編
古株先輩達のメダパニ!大胸筋編-Part.1-番外編
古株先輩達のメダパニ!三角筋編-Part.1-強度設定〜過去ログ参照編〜
古株先輩達のメダパニ!大胸筋編-Part.2-ダンベルプレス〜過去ログ参照編〜
古株先輩達のメダパニ!腹筋編-Part.1-前編
古株先輩達のメダパニ!腹筋編-Part.1-後編
古株先輩達のメダパニ!腕諸々編-Part.1-前編
古株先輩達のメダパニ!腕諸々編-Part.1-後編
古株先輩達のメダパニ!カーフ編-前編
古株先輩達のメダパニ!カーフ編-後編
古株先輩達のメダパニ!腕諸々編-Part.2-前編
古株先輩達のメダパニ!腕諸々編-Part.2-後編
古株先輩達のメダパニ!ハムストリングス編-Part.1
古株先輩達の大先輩の減量話編-前編

メダパニ先輩とマキシム兄貴-まとめ

えせトレ-まとめ Part.1
えせトレ-まとめ Part.2
えせトレ-まとめ Part.3
えせトレ-まとめ Part.4
えせトレ-まとめ 番外編