(月替わりパスワード入力による閲覧対応)

毎月、オマケで付いてくる要らない人には無用の長物の「居残り授業オフライン」が1年遅れでオンライン化!

読みたい人だけ納品書記載のパスワードを入力してお読み下さい。



居残り補習授業オフライン #90
「ひとことふたことフィットネスアラカルト Part.2」


〜スタジオプログラム一工夫〜
ハイインパクトのプログラム:
心拍数を高めに維持する為、呼吸器循環器系の機能を高める働きが大きいが、体内の深部体温が高温になるため、熱による免疫活性と高い体温そのものによる殺菌殺ウィルス等の感染症の緩和や炎症緩和が期待できる。 脂肪燃焼効率はローインパクトよりも低いが、総脂肪燃焼量は多くなる。


ローインパクトのプログラム:
安定した心拍数で運動することで、体脂肪燃焼効率を高められる。


ストレッチ、体幹、バランス、技術系プログラム:
普段、自分ではサボってしまうストレッチや自己流では身につけにくいトレーニング方法を正しく行い易い。スポーツパフォーマンスに直結させやすい。


いずれの系統のプログラムも、ウエイトトレーニング愛好家や競技者にとっても、受ける価値が大いにある。スポーツパフォーマンスやトレーニングのクオリティの向上に、直接的なんしは間接的に大きく影響するからだ。

スタジオプログラムに参加する場合、当然ながら、ウエイトトレーニングなどのレジスタンストレーニングの後が望ましい。脂肪燃焼効率が良いだけでなく、抵抗運動によって惹起される各種ホルモンの働きによって、運動効率が良くなるからだ。

もちろん、スタジオがメインの人も、体脂肪燃焼効率を高めたい場合、参加プログラムの前にマシンなどでトレーニングを行うことが理想的となる。



実験によれば、たった30分のレジスタンストレーニングを有酸素運動の前に行うだけで、有酸素運動時の血中脂肪酸濃度並びに、脂肪酸酸化(燃焼)が大幅に向上することが判っている。

実験ではウエイトトレーニングによって、体脂肪から脂肪酸を放出させるホルモン感受性リパーゼを活性化する成長ホルモンの分泌が脂肪代謝に影響し出すのがウエイトトレーニング後の120分後と目されていたが、現実にはウエイト終了

(以下、月替りパスワード入力で、続きをお読みいただけます)

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。