「筋肥大 & 筋量増加」
〜バルクアップキャンペーン〜


・マッハ6(小)&(大)
・GCS750(大)
・クリア
・ビッグイーター
・マルチザイム

上記、筋肥大期、バルクアップ期に最適なサプリをお買い上げ、かつ、お買い物合計金額1万円以上で、上記サプリメント1点につき300ポイント進呈。

ただし、セット品は除きます。

例えば、マッハ6とクリアを1個ずつご購入頂いた場合、300+300の計600ポイントが加算されます。あるいは、GCS750(大)を3本ご購入の場合は300×3で、1200ポイント獲得となります。

期間:
11月30日(木)23時59分まで



〜バルクアップの基本〜
筋量アップ&バルクアップセットの解説
「栄養分配改善系」

nd折角食べた食事やプロテインからの栄養素を脂肪細胞ではなく、できるだけ筋肉へと送り込むことが筋肥大最大のポイント。

マッハ6
ロイシンが筋肉の筋合成を活性化
一酸化窒素増強ブレンドが筋肉への血流を改善
ALA&シニュリンPFが筋肉への栄養供給を改善
ALA&シニュリンPFが脂肪合成を抑制

GCS750
ALA&フェヌグリークエキスが筋肉への栄養供給を改善
筋中グリコーゲン貯蔵を促進
・インシュリン依存栄養素を筋肉へ誘導
・ガルシトリンHCAが余剰グルコースの脂肪合成を阻害

と、可能な限り筋肉へ筋肉へと栄養を運び込むシステムを構築することで、脂肪細胞を太らせずに体重アップを図るのが狙いです。



「消化吸収促進編」
dd栄養分配改善やアナボリック促進&維持は、筋肉作りにおいては最も優先順位の高いファクターとなりますが、筋量アップ重視の時期においては、口から食べた物をしっかりと消化分解して各体組織に吸収させる「消化吸収促進」こそが最優先事項となります。特に胃腸が弱い人やハードゲイナーの人はこれを解決しないと始まりません。

また、無駄な過食は未消化タンパクを腸壁から取り込むことで、炎症やアレルギー反応を誘発させやすくなります。それが続くと、慢性的な炎症や腸内バリアー機能が崩壊するリーキーガットシンドロームにつながりかねません。

と言うわけで、総カロリーや総摂取タンパク質を増やす時期は、積極的に消化酵素のサプリを利用するのが最も合理的なテクニックとなります。


詳しくは、

バルクアップシステム

実践と観察から学ぶ栄養学

をご一読下さい。



〜もう一つのバルクアップセット〜
バルクアップシステムセット内容」
セット内容/約8週間分
84196988・HALEO「マッハ6(大)」×1個

・HALEO「クリア」×2個

・ファインラボ「ファイナルETB」×2個

・グリコ「エキストラアミノアシッド」×2個



〜バルクアップシステムコンセプト〜
1、胃腸の調子をサポートするクリアが食事の消化吸収をバックアップ
2、マッハ6が筋合成と筋肉への栄養分配をサポート
3、ETBとExアミノのZセットが二大アナボリックホルモン「テストステロン」と「成長ホルモン」の生成をサポート


「システム起動」
・血中栄養素濃度(血液へのアミノ酸到達率)
・筋肉への血流量増加
・筋肉のインシュリン感受性
・ロイシンとアルギニンによる筋合成刺激
・テストステロンによる筋合成昂進
・成長ホルモンによる筋合成活性
と言った、筋肥大の重要な要素に着目し、その要素を満たす助けとなるオプショナルサプリメントをリレーショナルに組み合わせたユーザーからの絶大な支持を持つ定評のあるスタックです。


このバルクアップシステムには各製品の摂取例に加え、特殊サプリ摂取中に最適な栄養摂取&トレーニングプログラムを提案した

テストステロンブースター激闘編
マッハ6激闘編

が付属します。


マスターのコメント「コンセプトに見合ったトレーニングプログラムと、基本サプリであるBCAAと同じく基本の栄養分配改善サポートサプリGCS750との併用をお勧めします」



【関連】
解説!11月のお買い得品
バルクアップメカニズム #1
バルクアップメカニズム #2
バルクアップメカニズム #3
バルクアップメカニズム #4
バルクアップメカニズム #5
バルクアップメカニズム #6
バルクアップメカニズム #7