長期間続く下痢、長引く下痢-5

Q:気がつけば3ヶ月ほど、ずっと、下痢が続いています。ヨーグルトなどを沢山食べるようにしていますが、一向に改善しません。やっぱり、専用の乳酸菌サプリなどを利用した方が良いのでしょうか?

A:過剰反応したマクロファージが分泌するTNF-αによる腸管上皮細胞の損壊。

B:炎症性サイトカインや活性酸素によって刺激を受けた腸管上皮細胞がインターロイキン8を分泌し、それに引き寄せられた好中球が腸管上皮細胞を刺激。

C:Bによって、再びインターロイキン8が分泌されるという負の炎症ループの発生。

D:度重なる炎症によって腸壁が損壊。腸壁のバリアー機能が弱まり、異物やアレルゲンが血中へと侵入し、炎症性腸疾患の影響は長引く下痢や血便に留まらず、身体の至る所へ影響を与える。

例えば、脚気はビタミンB1不足が原因という因果関係が極めてシンプルかつ明確な場合、「ビタミンB1を補給する」と言った対処が可能です(口内炎や口角炎にビタミンBを摂取すると言ったオマジナイとは根源的理由が異なる)。

ところが、A⇔B⇔C⇔Dと言った具合に、その症状の原因が相互に影響を及ぼし合っている場合や関連性が高い場合、Bに対するB'と言った単一の対策では中々改善しないことが容易に想像可能です。もちろん、このような場合、「大腸の水分を調節して下痢を緩和する薬を用いる」や「生きた乳酸がー」と言った対処療法もあまり期待できません。

ミクロからマクロに至る分析と解析、そして、生活や習慣、価値観すら含めた包括的な改善策を施す必要があるでしょう。



知れば知るほど、腸の問題とその解決は難しく感じますが、幸にも我々の身近には、腸内におけるマクロファージのTNF-α分泌を抑制しつつ、腸壁からのインターロイキン8分泌を抑制すると言った多角的な作用によって長引く下痢を緩和してくれる可能性を持つスーパーフードがあったのです。

そのスーパーパワーを最大限に活かす方法について、紹介したいと思います。
(以下、納品書記載の月替わりパスワード入力にて続きをお読み頂けます)

#6へ続く



【Ex】
子供も大人もうんこを観察すべし!

【関連】
長期間続く下痢、長引く下痢-1
長期間続く下痢、長引く下痢-2
長期間続く下痢、長引く下痢-3
長期間続く下痢、長引く下痢-4
長期間続く下痢、長引く下痢-5
長期間続く下痢、長引く下痢-6

レバーブロウで脱毛予防!?-イントロダクション
レバーブロウで脱毛予防!?-1
レバーブロウで脱毛予防!?-2

サプリマスターが解決-まとめ
サプリマスターが解決-まとめ Part.2

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。