(月替わりパスワード入力による閲覧対応)

毎月、オマケで付いてくる要らない人には無用の長物の「居残り授業オフライン」が1年遅れでオンライン化!

読みたい人だけ納品書記載のパスワードを入力してお読み下さい。


サプリ塾はサプマスユーザー以外の人の閲覧もあるので、できるだけサプマスユーザーのみにお伝えしたいことでありながら、それでいてライトな内容を書いていきたいと思っていますが、今回は手抜きのメール編。それなりに意義があるからです。

サプリ塾人気コーナーであるサプリマスターが解決シリーズは、お客様であるサプマスユーザーから質問をフィードバックさせたものなのですが、その問答の再利用率が非常に低いのが以前からの問題でした。再利用して、共有化しないと勿体ないのですが、上手く公開するアイデアがなかったのです。

で、このオマケのプリントであれば、簡単にユーザーのみにリ・フィードバックできるなと思いついた次第です。



取扱い内容:
Q1:
体重管理のために家でエアロバイクを30分こぐことが日課。筋トレは腕立てとスクワット程度。減量や体重管理にとって筋トレの重要性はどのくらいでしょうか?ジムへ通って筋トレした方が痩せるか?


いずれサプリ塾でも取り上げてみたいのですが、エアロバイクにはいくつかの利点があります。

1.転倒等のリスクが少ないため、最大限の追込みをかけやすい
2.動作が安定しているので、目標心拍数を維持しやすい

これらの点から、消費カロリーの総計を重視する場合や体脂肪燃焼効率を重視する場合に役立ちます。限界まで思いっきり漕いでカロリー消費を狙うこともできれば、最大心拍×50%の強度で漕げば消費カロリーの約50%が体脂肪由来という計算がしやすくなります。隠れた利点として、50%の強度で200kcal消費した場合、100kcalが体脂肪由来となり、約14gの体脂肪が燃えた計算となり、その数字得る為の苦労を知ると、自然とマヨネーズなどの油を控えるようになります。

エアロバイクを含めた有酸素運動は、その瞬間瞬間に体脂肪燃焼が行われるので、その減量効果は運動時間と頻度に大きく依存します。

一方、・・・・



Q2:
筋肥大期と筋力増大期の違いについて


トレーニングに対する身体の適応は、一般的な理解よりも早いと言われています。筋肉自体の肉体的適応のみならず、神経の適応、動作習得等々は、想像以上に早く、身体は前回のトレーニングを器用にこなすようになります。トレーニングは前回以上の刺激を得る為に行いたいのですが、適応によって思っていたほどの強度を課せません。これがトレーニングにおける停滞の一因です。それを解決するために長期的トレーニングプラン「ピリオダイゼーション法」を用います。

競技によって細かく設定できますが、概ね・・・



Q3:普段から炭水化物制限している人のマラソン本番時のUP!の使用と当日の炭水化物を含む朝食時GCS750摂取について

Q4:「サプリメント」と「サプリメンテーション」とはどう違うのか?


(以下、納品書記載の月替わりパスワード入力にて続きをお読み頂けます)



【関連】
居残り補習授業-まとめ

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。