フィットネス雑誌やウェブサイト上では、便宜上、「バルクアップ」、「筋量アップ」などと気安く表現することが多いが、筋力アップや減量よりも苦労するのがこれらであり、見た目的にも数値的にも字面通りの結果を得るには、そのメカニズムを充分に理解する必要がある。

前回までに、

0、摂取カロリーと摂取タンパク質を増やす
1、食事からの消化吸収を促す
2、インシュリン系の強化
3、栄養分配改善
4、腸内細菌叢バランスの改善

これら基本要因の重要性と具体的な実践方法を紹介してきたが、ここにもう一つ、バルクアップの為の基本要素を加えたい。



それが、

5、クレアチンモノハイドレートの継続摂取

である。

バルクアップ期、筋肥大期におけるクレアチンの役割に関しては、

夏の6パックに向けたトレサイクルは既に始まっている-補講編

にて、丁寧に解説しており、ここで扱うには内容的に完全な重複となる為、未読の方や忘れてしまった方は、是非、読んで覚えて頂きたい。

バルクアップが起こるメカニズムの基本をしっかりとロックすることで、実の所、トレーニングに対する筋肉の反応が変わってくるという体験をするはずである。次回は、その筋肉内環境に同調させたトレーニングについて考えたい。

#6へ続く



【関連】
バルクアップメカニズム #1
バルクアップメカニズム #2
バルクアップメカニズム #3
バルクアップメカニズム #4
バルクアップメカニズム #5
バルクアップメカニズム #6