ホビー自然養鶏から考える実践栄養学-後編

新たに投入した雛に施したのは、インシュリン関連の強化と栄養分配強化、消化吸収の促進、そして良質な腸内細菌叢バランスの再現である。

だが、これらが各種実験結果のお墨付きで確実に有用とされたは、ほ乳類での話であり、鳥類ともなると代謝や腸内細菌叢バランスが異なる為、ほ乳類で有効とされるテクニックや栄養素に効果があるという保証はない。

結果的には、効果を発揮したようで、前回の雛たちよりも、栄養テクニックを施した雛たちの方が遙かに早く成熟した。

しかしながら、より簡単でより効果的な栄養素があったことをスッカリ忘れていた。



〜クレアチンの投入〜

種を異にし代謝が違っても、エネルギー源は基本的にはほぼ同じである。つまり、ATPの分解をエネルギー源とするからには、その急速な再合成には必ずクレアチンが必要となる。

クレアチンはご存じの通り、筋合成を活発にするだけではない。

筋原線維の増殖を促進する
ミオスタチンを抑制し、筋肥大を促進する


等々、骨格筋を大きくして、身体をデカクする作用が対費用的に最も高い栄養素である。

家畜等の筋肉量を増やして、成長速度、収穫率、利益率を高めたいのであれば、まず、最初に餌へクレアチンを添加すべきかも知れない。



〜添加クレアチンの種類〜

家畜等を良質に育てるにあたり、与える餌の量を増やさずにその質を劇的に高め、尚且つコストを抑えるには、与える餌にクレアチンを添加するのが良いだろう。

その際に、コストを重視するのであれば、普通のクレアチンモノハイドレートで良い。

多少のコストをかけることができる場合は、何が良いだろうか?

餌の量を変えずに家畜の体重を増やすのには、アルギニンが有効であり、筋合成を高めるアミノ酸やインシュリンを強化する栄養素がプラスされれば尚理想的である。この条件を程良く満たすのが、クレアボルインフューズドである。

栄養分配効果とロイシンに似た筋合成促進作用を持つアルギニンとインシュリン関連を強化するシニュリンPFを含むクレアチン含有製品だからだ。これならアレコレと何種類も加える必要がなく、如何なる種類の家畜もほぼオールインワンの1本で対応することが可能だ。

もちろん、予算さえ許せば、各種栄養素とその摂り込み、消化吸収を助けるVIVOやクリアなどを適度に与える事ができればベストである。

と言う事で、次回投入する雛達には、クレアボルインフューズドを与えてみたいと思う。



【関連】
目から鱗の栄養摂取の新常識「実践栄養学への招待

実践と観察から学ぶ栄養学 #1
実践と観察から学ぶ栄養学 #2
実践と観察から学ぶ栄養学 #3

必殺の右ストレート「「俺のアイスクリーム