悩まないサプリ選択
ノーマルクレアチン VS ハイエンドクレアチン #2


どのクレアチンを選べば良いか?

まず、簡便に記してみると、

筋力増大期などの高強度トレーニング期:ハイエンドクレアチン

その他の時期:ノーマルクレアチン

となる。


安定したインプルーブの為には、可能であればクレアチン摂取をオフを取らずに継続したいので、減量期を含めた高強度トレーニング期以外の時期は、コストパフォーマンスに優れたノーマルクレアチンを選ぶのが良い。

そして、肉体により高い刺激を得る為に行う高強度トレーニング期には、トレーニングクオリティを高める働きがあるハイエンドクレアチンを選ぶのが理想的だ。

つまり、細分化しているのであれば勿論、大雑把でもトレーニングサイクルを組んでいるのであれば、強度やフィジカルパフォーマンスを重視する時期はハイエンドクレアチン、その他の時期はノーマルクレアチンを選択するのが理想的である。

この方法は、比較的コストが高いハイエンドクレアチンの使用時期を絞ることで、コストを抑えながらも高い満足感が得られる。また、サプリメント選択にメリハリを付けることで、実質的にも精神的にもトレーニング内容にメリハリを付けやすいと言うのが最大の利点である。



もちろん、ハイエンドクレアチンがコスト的に許されない場合は、ノーマルのクレアチンをどのサイクルにおいて使用しても良い。

また、クレアチンをノンサイクルで使用するのではなく、スポット的に使用することで、更にコストを絞り込みたい場合は、筋力増大期などの高強度トレーニング期のみ、コストがかからないノーマルクレアチンを採用すると良い。

まとめると、コストが許せば、ノーマルとハイエンドを使い分けし、そうでない場合はノーマルクレアチンを使用すれば良い。



クレアチン製品は世の中に沢山存在するが、サプマスにおいては、

「ノーマルクレアチン」
・クレアピュア100%のニューケア製品
・クレアピュアにベタインを配合したリッチなグリコ「プロスペッククレアチンパウダー」

「ハイエンドクレアチン」
クレアボルシリーズ
経口摂取活性が高いとされるクレアチンALK

がある。

今回は、大まかかな選び方を紹介したが、次回では各カテゴリーにおける選び方のコツを紹介したい。

#3へ続く



【関連】
悩まないサプリ選択-もくじ
ノーマルクレアチン VS ハイエンドクレアチン #1
ノーマルクレアチン VS ハイエンドクレアチン #2
ノーマルクレアチン VS ハイエンドクレアチン #3へ