○○が痛い!
個人的攻略法編-前編


身体の何処かが痛い時、明らかに調子が悪い時は、超回復のピークや漸進性オーバーロードなんて無視してトレーニングを休むべきである。マッスルメモリーはもはや神話でも都市伝説でもなく、科学的に解明されつつあるのだ

・・・と言うのが、このシリーズに流れるテーマであるのはご存じの通りである。


さて、今回は痛みや違和感に対する個人的な対処法を紹介したい。ただし、故障に関して言えば、対処療法的にも聞こえる対処法というよりも、取り組みと表現した方が良いようなメカニクス的、化学的、実践栄養学的、是正的等々を踏まえた包括的スタンスと呼べるアプローチを用いるべきである。

つまり、今回紹介するのは、数多くのカードの一つであり、これだけではゲームには勝てないが、持っているのといないのでは差が出るテクニックなのだ。

で、早速、本編に入ろうかと思ったのだが、その前にもう一つ紹介したい個人的対処法があったので、こちらを先に。



「マッサージオンリー法」

時短トレシリーズの中でも気に入っているのが「我を捨てた臨機応変のトレメニュー」の提案である。前回の内容を踏襲した思い通りのトレーニングメニューをこなしたいばかりに、目的の器具が空くのをイライラしながらひたすら待つと言うスタイルは、時間を失うばかりか幸福度まで下げてしまうが、我を捨てた行当りバッタリのメニューでも工夫次第では成果も幸福も手に入るという話である。

ここで紹介するテクニックは、そのもう一歩先(?)。更に我と欲を捨てた地点にある。
それは・・・

ジムへ行っても、トレーニングしない!
何だ、そりゃ!?引退した鍵師の爺様じゃないか



私の場合、ジム滞在時間の全てをマッサージ器に捧げるのだ。

一番大好きなゴロゴロマッサージローラーベッドで15分。そして、マッサージチェアで15分。・・・と言った具合だ。

もちろん、毎度毎度な訳ではなく、

A:故障部位がある時
B:体調が明らかに悪い時
C:やる気が起きない時
D:メインのフリーウエイトやパワーラックが塞がっていて、空きそうにない時

のいずれかが当てはまる時である。

A〜Cの時なんて、始めからジムへ行かなければ良いのだが、ジムを利用する日は子供の習い事送り迎えの待ち時間の隙間なので無駄ではなく、ほんのついでなので元から我が全くないからどう転んでも良いと言う訳だ。

Dに関しても、上記の事情で我を抑えることが出来るので、今日はマッサージだけでいいや〜と、簡単に方向転換でき、それが意外なほど帰宅してから効果を発揮して、調子が良いと思っていても実はアチコチ疲れが溜まっているんだな〜と実感したりする。

と言う訳で、トレーニングなんていつでも何処でも出来るんだから、出来る時に思いっきりやれば良いので、出来ない時や逆にストレスが溜まりそうな時は、ひたすらマッサージを行う方が怪我の予防や回復に役立ち、長期的にはトレーニングクオリティと現役期間を延ばせるんじゃないのと言う個人的な考えである。

とは言ったものの、A〜Cの時に限って、腹を決めてマッサージオンリーコースを選んだのに、フリーウエイトコーナーがスッカスカで、「今やらないと損だ!」なんてグツグツと我が湧き出して、癒やしに来たはずが結局ガタが来るほどトレーニングしてしまう始末!!

後編へ続く



【Ex】
関節サプリの最高峰 HALEO「ジョイント

【関連】
○○が痛い-全般-アイテム編 Part.1
手首が痛い-アイテム編
手首が痛い-アイテム編Part.2
肩が痛い-アイテム編
肩が痛い-アイテム編 Part.2-前編
肩が痛い-アイテム編 Part.2-後編
肩が痛い-トレーニング編
肩が痛い-トレーニング編 Part.2-前編
肩が痛い-トレーニング編 Part.2-後編
腰が痛い-アイテム編
○○が痛い-全般-ゼロベース編 Part.1-前編
○○が痛い-全般-ゼロベース編 Part.1-後編
○○が痛い-全般-ゼロベース編 Part.2-前編
○○が痛い-全般-ゼロベース編 Part.2-後編
○○が痛い-全般-ゼロベース編 Part.3-
○○が痛い-全般-ゼロベース編 Part.3-1
○○が痛い-全般-ゼロベース編 Part.3-2
○○が痛い-全般-時短編-
○○が痛い-全般-時短編-本編
○○が痛い-全般-サプリ編
○○が痛い-個人的対処法-前編
○○が痛い-個人的対処法-後編

肘を怪我してしまった場合@マスター
サプマスアスリートの怪我対処法