Q:テレビで、探検家の方が普段から重りを足に巻いているのを観たのですが、アレって効果があるのでしょうか?

本編-1
マスターの実践編-基本編


普通のトレーナーを前にすれば、非科学的、非効率的と立ち所に一刀両断されてしまうリストウエイトの類。対するサプリマスターは、「目的とやり方によっては、試して見る価値がある」というやや反対の評価です。むしろ、現在も使用することがあるくらいです。

rそれが、隠さない隠しウエイト。アシックスがかつて製造していたリストバンドの中にウエイトを格納できる目立たないリストウエイト。

片方に125gのウエイトを2個仕込めるので重さは250gになります。少々、重さとしては寂しく感じますが、見た目はリストバンドなので恥ずかしくない為、継続しやすいという利点があります。重りとしてはイマイチですが、この軽さを逆手にとった利用法があります。



と言う訳で、今回は基本編。

マスターの場合、これを散歩の時に装着してウォーキングします。その際の目的は、ずばりカロリー消費アップです。

リストウエイト採用によるカロリー消費上昇率は微々たる物ですが、散歩とは言っても、30分前後の長距離、かつ、それが累積することで、大きな違いが出てくる物と考えられます。

消費カロリー増大と負荷を求めて、2kgや4kgの物を採用したとすると、経験者なら解ると思いますが、とても腕を振って長距離を歩くことなど出来ません。軽いからこそ、有酸素運動らしい有酸素運動を再現できるのです。

筋力アップは望むべくもない方法ですが、いつもの有酸素運動を一味違った物に変えるスパイスとして、軽めのリストウエイトやアンクルウエイトを利用してみると面白いかも知れません。目的と方法さえ「勘違い」しなければ、リストウエイトの類でも結果を得ることができるはずです。

応用編へ続く



【関連】
リストウエイト・アンクルウエイトは有効か? #0
リストウエイト・アンクルウエイトは有効か? #1
リストウエイト・アンクルウエイトは有効か? #2
リストウエイト・アンクルウエイトは有効か? #3
リストウエイト・アンクルウエイトは有効か? #4