Q:テレビで、探検家の方が普段から重りを足に巻いているのを観たのですが、アレって効果があるのでしょうか?

期待に反して(?)、マスターはリストウエイト等のシークレットウエイトには好意的です。

その前に、ガウラーの話をさせて頂きます。

そう。今回のシリーズは、半ば握力マニアの話をしたいが為に、クライマーと握力の話を書いた時とキッカケは同類なのです。

余談的番外編
「闇の闘士ガウラー」-前編


ガウラー。

それはマスターが百貨店トレーニング用品コーナーで働いていた時に、度々、遭遇した装着型ウエイト「ガウリ※」の愛好家達につけた愛称である。

トレーニングコーナーの売れ筋の筋トレ関連商品というのは、本来であれば、ダンベルやプレート、トレーニングマシンであるはずですが、最も人気があった商品の一つがリストウエイトやアンクルウエイトなのです。

んなアホな!

と思ってしまうのですが、握力の話で紹介したグリッパーに並んで、この隠しウエイトが飛ぶように売れたものです。毎回、アホほど発注して山積みに商品を積んでいても、2週間ほどで欠品してしまうほどの売れ行きでした。



このロマンはあるが如何せん地味すぎるアイテムを活用できる人はそもそも滅多にいない上、辛抱強く続けられる人も多くはいません。その為、「どうせ直ぐにやらなくなるぜ」と一緒に付いて来たお連れの台詞に相づちを打ちそうになることしばしばでした。

しかし、常に世の中は広く、どの分野にも猛者は存在します。それも、日の当る表舞台ではなく、闇の猛者。普段、決して、人前に姿をさらすことはない隠しウエイトのヘビーユーザー達もまた然り。

何故、闇に潜むはずの彼らを見つけられ、そして、それがヘビーユーザーだと解るのか?

それは、彼らの長袖やズボンの裾からチラリと見えたウエイトバンドが、近寄るとむせびそうなくらいボロボロかつ黒々と使い込まれているからです。「何だ、あの汚さは!!風呂や寝ているときだけでなく、貴様ぁ!鍛え続ける為に、オ●ニーの時も、それを着けているのだな!!」と瞬時に想像できるくらい、それはくたびれているのです。

そんな彼らに敬意を込めて、私達はガウラーと名付けたのでした。

後編へ続く


※ 取扱い製品でない商品の宣伝になってしまうが、構成上、致し方なし



【関連】
リストウエイト・アンクルウエイトは有効か? #0
リストウエイト・アンクルウエイトは有効か? #1
リストウエイト・アンクルウエイトは有効か? #2