Q:会社での昼食は必ず職場の人と外食になります。いつも揚げ物中心の超ハイカロリー食で困っています。このような場合、GCS750が良いでしょうか?

食事からのカロリーや脂質の吸収を可能な限り抑えたい場合、対処療法的な対策としてはファイナルブロックの採用がベストでしょう。

1回1回の短い機会や1日1日の短期の結果に関しては、非常に有効な戦術となりますが、長期的な視点で考えると、この方法も少しだけ弱点を持ちます。



会社勤めに際する日常のライフスタイルがほぼ固定されている場合、それに対する対策は長期的と言うより、超長期的なものであるべきです。

むしろ、継続性や経済性を考えると、一過性の効果を持つ対策よりも、根本的な問題解決を可能にする恒久的な効果を持つ対策を考えるべきです。

今回のシチュエーションにとってファイナルブロックは最強の盾となりますが、その盾は毎日の使用が前提になるので、長期で考えるとコストがかさみます。

また、もう一つの問題として、毎日毎日コストをかけて何年間も続けること自体は、肥満防止から考えると決して無駄ではありませんが、身体作りという視点で見るとカロリーをブロックするという行為自体には筋肉に対して生産性がないという欠点があります。



会社勤めにおける日常という超長期的、ほぼ恒久的な期間で考えた場合、コストもさることながら、その行為が何かを生み出すという生産性があるかないかという視点が非常に重要になるでしょう。

やはり、長く続けるのであれば、何らかのゲインを得たいものです。

では、長期的な視野から考える身体作りにプラスになるという生産性を持った対策とは如何なる物でしょうか?

前回の話と同じ内容になってしまいましたが、次回までに考えてみて下さい。

#4へ続く



【Ex】
長期休暇にファイナルブロック
「チートデイ対策サプリ」-前編
「チートデイ対策サプリ」-中編
「チートデイ対策サプリ」-後編

【関連】
ハイカロリー昼食対策-1
ハイカロリー昼食対策-2
ハイカロリー昼食対策-3
ハイカロリー昼食対策-4

サプリマスターが解決!