Q:背中のトレーニングで、ラットマシンプルダウンを行っていましたが、イマイチ効いている感じがしなかったので、最近、チンニングに替えてみました。2ヶ月ほど、続けてみましたが、やはりこれも効いているようには思えません!

トレーニング歴が短い時期において、背中は最も「トレーニング感」が得にくい部位の一つです。

ただ、今回の場合は、まず、第一の原因はその手段ではないようです。

人は失敗や困難の原因を手段やハウツーなど自分の外側に見出しがちですが、ほとんどの場合は自分の内側から事が発生しているものです。

今回の場合も似たような物で、あらゆる器具を試したところで改善は難しく、その前に自分自身を見つめ直す必要があります。



何やらお高い目線の話になってしまいましたが、話は簡単です。要は背中が全く使えていないと言うことです。

背中のトレーニングで背中の筋肉稼働率を任意にコントロールできないといけない訳ではありませんが、単なる弱点強化や見た目的な物を求める場合においては、致命的であるという話を以前しました

背中の筋肉を特別に強化したいのであれば、そのコントロールは半ば必須になります。



今回のケースでは、動作は似ているが結果が割と異なるラットマシンとチンニングの両方において、トレーニング感が得られていないので、単なる背中を動かす神経の未発達が考えられます。

背中のトレーニングのスタートラインに立つ第一歩である「神経系の開発」については、コチラで学んでみて下さい

#2へ続く



【関連】
マスターと考える「背中のトレーニング」-まとめ
効かせ難い部位対策Part.2 #1
効かせ難い部位対策Part.2 #2
効かせ難い部位対策-1
効かせ難い部位対策-2
効かせ難い部位対策-3
効かせ難い部位対策-4