Q:何らかの方法で、関節や骨を強くすることは、できるでしょうか?
納豆を買いにスーパーに行くと、どのメーカーの納豆も国産大豆使用を売りにしており、お目当てのカナダ産大豆の納豆を探し当てるのに一苦労するものです。同様に煮大豆や豆腐に至っても国産大豆が席巻しています。

日本の大豆自給率は5%で、その少ない国産大豆の中から納豆や豆腐などの食べ物に回るのが15%ほどである事実から考えると、ホンマに国産かいなと思ってしまうのも仕方ありません(※最下部にてパスワード対応)。



同様に、鶏肉コーナーや焼き鳥屋、居酒屋のラインナップを見やると、「地鶏」が目白押しです。

そんなに日本は地鶏だらけなのだろうか?狭い日本において、ブロイラーに比して遙かに広い飼育面積を要する低いニワトリ密度の平飼いで育てられたプロダクトなら、こんな値段では出せないだろうと、思ってしまいます。

しかし、大豆と違って、地鶏は真贋を見分けやすい食材です。



広い敷地で育てられた地鶏の見分け方、それは歯ごたえです。

筋が残っていると、とても固く感じ、ブロイラーの方が食べやすいです。関節や腱などのプロテオグリカン組織が発達、肥大しているので、ニワトリとは別の鳥を食べているような気までさえします。

と言うことで、ようやく本題と内容がリンクしてきましたが、狭い鶏舎にフィックスされた鶏と違って、本当に平飼いされていた鶏ならば、縦横無尽に動き回って重力の恩恵を受けた結果、必然的に関節が発達しているはずです。

つまるところ、我々は食べ物から経験的に関節や骨が発達することを知っていた訳です(ちなみに地鶏であれば赤筋が多くなるはずなので、まず色が違うはず)。



毛細血管の発達上の違いや構造、代謝速度等の条件が筋肉とは違うために、その回復と成長は異なりますが、関節も骨も圧力などの強い負荷によって、筋肉と同様に超回復を起こし、その強度を増しながら非常に緩やかに肥大していくのです。

番外編へ続く



【関連】
関節や骨を強くできるか?-前編
関節や骨を強くできるか?-後編
関節や骨を強くできるか?-番外編
極真カラテで強くなるには?Part.8「私の打たれ強さ養成法
えせトレ-筋トレで骨格は変化するか?
えせトレ-まとめ Part.1
えせトレ-まとめ Part.2
えせトレ-まとめ 番外編

【Ex】
骨骨ロック-成長期にオススメのサプリ #1
骨骨ロック-成長期にオススメのサプリ #2
骨骨ロック-成長期にオススメのサプリ #3

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。