(パスワード入力による閲覧対応)

第8回「疲労を科学する-前振り&簡便編」

運動の目的は、ストレス解消や健康のために行われることが多いが、運動の中でも「トレーニング」と呼ばれる行為は、健康増進に加えてパフォーマンス向上を目的として課せられる。

トレーニングによるパフォーマンス改善効果として筋力アップに並んで持久力の向上が挙げられ、トレーニングによるプラスの効果が得られているのであれば、その場合、スタミナの向上によって疲労とは無縁の関係になっているはずである。

しかしながら、ほとんどのトレーニングは漸進的に仕事量や負荷が増えていくので、肉体のポテンシャルは向上していても、トレーニング自体はキツクなっていく。つまり、トレーニング効果が十分に得られている人でも疲労回復は重要なテーマとなる訳だ。

また、トレーニングのことだけを考えていれば良い人など一人もおらず、誰もがその「生活」と生活を支える「仕事」という基盤があってのトレーニングという位置付けをしており、たいていの場合は日々の生活において既に疲労が発生しているのが世の常である。

つまり、トレーニング実践者であるなら、トレーニングによる疲労と日常生活における疲労の両方が発生しているので、どちらもある程度の処理ができないと、その両方のクオリティが低下してしまうことになりかねず、本末転倒になってしまうだろう。

そこで、今回は簡単な対処法をまとめてみた。



「睡眠」

疲労回復と言えば、睡眠が第一に思い浮かぶだろう。

十分な睡眠時間が確保できるに越したことはないが、誰もができることは質の追求である。睡眠の質を向上させ、快眠と安眠を手に入れるには、サプリ塾の快眠マスター・安眠マスターシリーズをご参照頂きたい。

簡便に解説すると、優先順位としては、

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。