実践栄養学編-本編
「腕のサイズとテストステロン」


t短期間で腕の見栄えを少しでも良くするには、「エブリアームカールby591system」かそれを模した腕のトレーニングを行うのが良いですが、これらのトレーニングと相性が良いサプリがテストステロンブースターです。

テストステロンが取り付く受容器が多い部位の代表と言えば僧帽筋です。僧帽筋はテストステロンレベルが高いほど、発達しやすい部位なのです。

僧帽筋には及びませんが上腕もまたテストステロンの影響を受けやすい部位と言われています。

つまり、必ずしもその発達にテストステロンが必要ではありませんが、そのレベルが高い方が発達しやすいと言う訳です。



「真夏に間に合わせたい!」などの理由で、短期間の内に腕の見た目を変えたいのであれば、テストステロンブースターを利用しない手はありません。

上昇したテストステロンによって、その反応が高い部位の筋合成が高まることで発達が促されるからですが、他にも理由があります。

ひとつは、エブリアームカールby591system等のトレーニング方法は、DOMSと呼ばれる遅発性筋肉痛が起こるような物理的ダメージ重視のトレーニングではなく、物理的な筋損傷を抑えたパンプ重視の化学的ダメージを狙ったものであり、高テストステロンはパンプ感を増強するからです。

毎回のトレーニングにおいて、極短時間に強いパンプを得ることが目的なので、その目的をテストステロンが確実に果たしてくれるのです。

高テストステロンによる硬度の高いパンプは、アルギニン系とはまた違った満足感を与えてくれ、きっと誰もが病み付きなることでしょう。



さて、腕の見た目の改善にテストステロンブースターが良い理由は、もう一つあります。これもサプリ塾塾生であれば、答えられると思いますが、宿題的に次回へ続きます。

後編へ続く



【Ex】
女は男の尻を見る!
上腕囲の停滞-1
上腕囲の停滞-2
上腕囲の停滞-3

【関連】
1ヶ月で腕を5mm太くする-
1ヶ月で腕を5mm太くする-前編
1ヶ月で腕を5mm太くする-中編
1ヶ月で腕を5mm太くする-後編
1ヶ月で腕を5mm太くする-応用編
1ヶ月で腕を5mm太くする-番外編-前編
1ヶ月で腕を5mm太くする-番外編の中編
1ヶ月で腕を5mm太くする-番外編-後編
1ヶ月で腕を5mm太くする-実践栄養学編-序
1ヶ月で腕を5mm太くする-実践栄養学編-前編
1ヶ月で腕を5mm太くする-実践栄養学編-後編