サプリ塾サイドメニューの「留学(厳選リンク)」の中で、面白い話や共感できる話などが数多くありますが、一々挙げているとキリがありません。

ここで紹介したいのは、自分の中でモヤモヤと言葉になっていなかった感覚や引っかかりが見事に文章化された話です。

そう、それそれ!そういうことなんだよな〜。...自分では上手く表現できないことが、他人のブログでは時に解りやすく表現されていることがあります。

そんな少し変った視点からのオススメ話を紹介します。

空手家松岡先生の「出来ない理由を考えない2」です。

読んで、なるほどなぁと膝を叩いてしまいました。



と言うのも、サプリ塾のアクセス解析で時々、以下のような検索キーワードを見つけることができるからです。

「ウエイトトレーニング スポーツ(競技) 必要ない」
「空手 ウエイトトレーニング やらなくていい」


プロもアマも関係なく、アイアム競技者であるなら、「技術や精神云々を語る前に最低でもその競技の物質的レギュレーションに達するべき」という考えなので、このような検索キーワードの意図がこれまでは、理解できませんでした。



今ではこう理解します。

お金がない、時間がない、根性がない、ジムが遠い、家トレのスペースがない等々の若干の障害があるために、ウエイトトレーニングをやらなくていい理由を探していたのでしょう。

追加のトレーニングをやりたくない自分を正当化するための材料をネット検索に求めていたわけです。



ともあれ、アマチュア精神は尊く忘れてはなりませんが、その時々の自分の都合で悪い意味でのアマチュア根性(※)が出てきてしまいそうになることは誰にでもあると思います。

この話を読んで自分の事のように身震いしました。

そして、「今、出来ない理由を探していたんじゃないか?」と自分を常に監視したいものです。



※ 河川敷などの草野球は、ちょっと離れた場所に無料駐車場があっても、チーム一丸となってグラウンドに横付けの路駐で、「何か俺達間違っていない?」って言い出す人間が一人もいない...みたいな感じ