「インシュリンキック」-後編

前回は、インシュリンパワーを活かすべく「インシュリン分泌作用を上手に利用する」という内容だった。今回は、「インシュリン模倣物質を利用する」というアプローチに関して、少しだけ詳しく考えてみよう。

インシュリン模倣物質とは、体内であたかもインシュリンのような働きをする物質である。

その多くが筋肉のみに特異的にインシュリン模倣作用を及ぼすため、脂肪合成を刺激せずに筋合成を促してくれる。

インシュリン抵抗性やインシュリンの過剰分泌などが気になる人も、速やかに血中栄養素を処理することで余分なインシュリン分泌を抑えてくれるインシュリン模倣物質は非常に魅力的に思えるはずである。

もちろん、単糖類やその他のインシュリン分泌作用のある栄養素を摂取しても、先天的にインシュリン分泌が鈍い人、すなわち、インシュリンパワーを得ることが難しいハードゲイナーにとってインシュリン模倣物質は必須のツールと呼べるだろう。

つまり、体脂肪率を増やしたくないリーンボディ志向の人や減量中の人、そして体重を増やしたい人まですべからく利用したいアイテムがインシュリン模倣物質なのだ。

では、その具体的な利用プランについて考えてみよう。

(以下の内容をお読み頂くには、商品発送メール最下部か納品書下部に記載された当月分のパスワードをご入力下さい。携帯端末からご注文の方は、全内容が記載された物が当月分の発送に同梱されます)



【栄養摂取の新常識】
「栄養分配改善法」-序-1
「栄養分配改善法」-序-2
「栄養分配改善法」-序-3
「栄養分配改善法」 #1-前編
「栄養分配改善法」 #1-後編
「栄養分配改善法」 #2-前編
「栄養分配改善法」 #2-中編
「栄養分配改善法」 #2-後編

「筋分解抑制優先法」-序論
「筋分解抑制優先法」-実践編
「消化吸収促進法」-基礎
「消化吸収促進法」-実践応用編
「体脂肪合成抑制優先法」-体脂肪を減らすならまず合成を抑制しよう

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。