Q:フィジカルパフォーマンスにおいて、体幹の筋力不足が足を引っ張っているように思えるのですが、改善策はあるでしょうか?

体幹のみを鍛えるプログラムを施すというストレートな方法もありますが、大筋群などのトレーニングにおいて体幹を使わざるを得ないトレーニング種目を普段から採用するという方法もあります。

体幹の使用率が高そうな種目を想像してみましょう。

・高重量のフルスクワット、フロントスクワット、ランジ
・高重量のデッドリフト
・クリーン、ジャーク、ハイプル

これらは丈夫な身体作りに役立つウエイトトレーニング種目で、主要な大筋群を成長させるイメージがあります。

しかし、多関節を用いた動作の多くはバーベルの移動距離も長いので、非常に高度なコントロールを要求されます。同時に体幹の筋群も含めた補助筋群が導引されます。

そして、体幹の筋力が要求されるだけでなく、それらの協調性や連動性が必要です。



高度なパワー系多関節種目は、主要な大筋群だけでなく、体幹の筋力と連動性を高めるのに役立つわけです。

更にそれは、体幹専門トレのように意識的に体幹に力を込めるのではありません。一連の流れの中で、無意識に調節されることで、自然な緩急や弛緩を身体で覚えることができるのです。



つまり、わざわざ、体幹の修行タイムを取らなくても、単純に身体を鍛え込むのに最適な種目を選択するだけで、同時に体幹の筋力と連動性まで高められるという一石二鳥の効果が得られるのです。

ただし、ここで重要なのが使用重量です。

動作が難しいので、ついつい軽めの重量を選択しがちですが、体幹や補助筋群をフルに導引しようと思う場合、かなり重めの重量を選択しないといけません。

意識も無意識も関係なく、体幹や補助筋群を使わざるを得ない状況に追い込む必要があるのです。

後編へ続く



【関連】
体幹のトレーニング-前編
体幹のトレーニング-中編
体幹のトレーニング-後編
体幹のトレーニング-実践編

えせトレーナーに訊いてみよう-まとめ

トレーニングベルトってどう? 前編
トレーニングベルトってどう? 中編
トレーニングベルトってどう? 後編

内転筋トレの強度-前編
内転筋トレの強度-後編
内転筋トレの強度-番外編-1
内転筋トレの強度-番外編-2

お腹周りをスッキリさせたい 2009-1
お腹周りをスッキリさせたい 2009-2
お腹周りをスッキリさせたい 2009-3
お腹周りをスッキリさせたい 2009-4
お腹周りをスッキリさせたい 2009-5
お腹周りをスッキリさせたい 2009-6
お腹周りをスッキリさせたい 2009-7