「最近の覚書き」

・ダンベルがない!

自分が今までやってきた大胸筋のメイントレーニングと言えば、インクライン・ダンベル・プレスかインクライン・ダンベル・フライであった。

現在は、もっぱら重たいダンベルのないジムを利用しているので、これまでの手法は通用しない。

ベンチプレス時にシャフトを鎖骨から首周辺に降ろすネックプレス気味に行えば、大胸筋上部に効きやすいはずだが、家トレとほとんど変らない一人しかいない環境でこれを行うのはデンジャラス。

しかし、幸いなことにマシンプレスのベンチがインクライン状態に傾けることができるため、インクライン・マシンプレスができる。

角度をきつくしすぎると、大胸筋よりも三角筋上部に刺激が移行してしまい、どの部位のトレーニングをやっているのか訳がわからなくなってしまうので、角度は最も浅く設定している。

そして、可動域が制限されやすいマシンプレスではあるが、スタートポジションのバーの位置を設定できるので、可能な限り低くポジショニングする。

スタートポジションを低くすると、初動がきつくなるばかりか肩を痛めやすくなるが、ウエイトを降ろしきる際に強いストレッチを大胸筋上部にかけることができる。マシン類はデフォルト状態では、ストレッチ感や収縮感が得られにくいが、セッティングを工夫することで、ある程度欠点を克服できる。



・レッグカールのマシンが使いにくい!

ハムストリングスや大臀筋などの足の裏側に関して言えば、近年はデッドリフト系をメインにしている。

負荷に関して言えばフリーウエイトに限るが、デッドリフト系で足の裏側を攻めるのは少しコツが必要で、疲れてくると負荷が他所へ逃げてしまうことがある。また、パンプ感やバーンなどの追込み感がやや得にくい。

そこで、サブとしてレッグカールを仕上げにもってくる人が多いだろう。

ところが、今のジムのレッグカールはすこぶる使いにくく、とても相手にできない。

だが、ある時、ふと、変則的な姿勢で片脚ずつ動作を行うシングルレッグカールを思いついたのでやってみると、意外にやりやすいうえに元が両足同時の設計のために片脚で行う分には充分な重量が付いていた為、レッグカールにつきものの物足りなさも克服された。


まとめ。
ベストは最高の設備と雰囲気を持つジムでトレーニングすべきであるが、それが無理な場合は、なるべく工夫しながら面白可笑しくトレーニングするのが良いだろう。

#6へ続く



【Ex】
スクワットマシンでデッドリフト!
インクラインベンチがない!

【関連】
マスターがトレ引退しても続けるサプリ
マスターのリハビリ日記 2nd-0
マスターのリハビリ日記 2nd-1
マスターのリハビリ日記 2nd-2
マスターのリハビリ日記 2nd-3
マスターのリハビリ日記 2nd-4
マスターのリハビリ日記 2nd-5
マスターのリハビリ日記 2nd-6

マスターのリハビリ日記 1st-0
マスターのリハビリ日記 1st-1