つれづれなるままに日暮らし。

硯にむかひて、可愛さ余って憎さ100倍なりしガンダムの愚痴をそこはかとなく書きつくれば、あやしうこそものぐるほしけれ。



「ガンゲー」

小学生の頃、ガンダムごっこをした。

じゃあ、俺、ガンダムとったー!
ランドセルに挿した班旗はビームサーベル。

ジキコーン!
ジオン軍役の友達に、ビームライフルを撃つ。

時には、ガンダムをあまり知らない友達もガンダムごっこに付合わされることもあった。彼らは、ザクを一撃の元に吹飛ばすビームライフルを知らない。

「おい!ビームライフルに当たってんから、1回で倒れろや!!」

10年以上ゲームをやっていなかったが、PS3のガンダム戦記が中古で投げ売りになっているようなので、買ってみようかと思い、youtubeなどで色んなガンゲーのプレイ動画を観た。

何だ!?どれもこれも、シューティング要素のないチマチマしたクソゲー共だなぁ〜。

ていうか、おい!

「ビームライフルに当たってんから、1回で倒れろや!!」



「08MS小隊買った」

見直してみると、毎回毎回、MSのメカメカしい表現があって意外なほど良かった。
安いからオススメ。



「今西監督はドSだと思う」

巨大MAやビックリドッキリメカが大活躍の今西ガンダムは、MS否定と取れなくない演出が多い。

・戦艦よりデッカイMAが大暴れで、ヒャッハー!!
・MSになり損ねたガンタンクやヒルドルブが大暴れで、MS隊全滅
・しかも、全部一人乗りでMSや戦艦より運用効率高し
・カメラアイホーミングで墜とされるドップ(※2)
・ガンダムなんて子供アニメなんだから、HLVがヒャッハーって軌道でちょうどいいんだよ
・ワッパとかMS爆弾とか出しておけば、あいつら喜びよるわ〜

ガンダム否定やMS否定、あるいはガノタを馬鹿にしているように思える。

こんだけケチョンケチョンにぶっ壊してやっても、ファースト臭が残っていれば、あいつら喜んで買いよるで〜・・・ていう風にしか思えない。



初代MSIglooは良かった。
多々ある至らないを補って有り余る長所があった。

だが、どう割引しても、MSIgloo2重力戦線はダメだ。0点。

話自体が面白くない上に、許せない点が多すぎる。

シールドを構えずに突進する陸戦ジム。ザクマシンガンで簡単に大破するガンダリウム合金の陸戦ジム。三次元戦闘をせず、ドスドス歩いてくるグフカスタム。

しかし、一番許せないのは、歩兵の描写である。
ガンダムは少なくとも22世紀以降の話のはずなのに、20世紀中期のような出で立ちの生身の兵士達がぞろぞろと連邦兵を追い立てる。バイクやマシンガンはまだ許せるが、中にはハンドガンを撃っている兵までいる。

確か小説版ではキシリアのあの銃は、ギレンを一瞬で溶かしてしまう威力を持ったレーザー銃だったはずである。現代ですら、パワードギアや光学迷彩の開発が進んでいるのに、あの地上戦の描写はあんまりだ。

ガンダム世界の歩兵戦は、アンタッチャブルが無難なのだ。第二次大戦のドイツ陸軍がやりたいのならガンダム以外でやってくれ。

そう悶絶しているガノタを想像して、今西監督は腹を抱えて嗤っているに違いない。



「ガンダムUCの個人的楽しみ方」

個人的にガンダムUCが凄いと思うのは、プラモなどを売る気満々なところである。やる気満々なので、様々なMSの格好いいアクションが観られるところが良い。

HGUCのツインセットが余っているのか、映像版3巻ではロトがまさかの大活躍。つい、欲しくなってしまうような格好いい描写。

ただ、小説でザク気離好淵ぅ僉爾肇競キャノンが出てきた時は、流石に笑ってしまった。そんなにスナイパーのHGUCとザクキャノンのMGが売れてないのか〜と。

でも流石にテコ入れしても、こいつらは売れないでしょ?



さて、話は変るが多くの続編が制作されている作品には、様々な矛盾がつきものである。

例えば、キャメロンのターミネーターファンには、ターミネーター3は受容れがたい物があるが、この場合はその他の作品をパラレルワールドの物語とするか、3と4を別物としつつサラコナークロニクルズを正史の続編とする楽しみ方(脳内変換)があるだろう。

逆襲のシャアの続編であるガンダムUCは、公式には正史に入るが、マスターにとってはパラレルワールドの物語になってしまう。

マスターの脳内では、ベルトーチカ・チルドレンや閃光のハサウェイが正史なので、ハイストリーマー準拠のガンダムUCは相容れない存在なのだ。

・・・何てのはただの強がりで、早く映像版の続きがみたくてしょうが無いほど、ガンダムUCが今のところ唯一の生き甲斐である。ガンダムUCとジ・オリジンの映像版が完結するまで世界が続くように祈る今日この頃。

と言う感じで、はースッキリしたー。



※ ガンダムらしさとビームライフルの爽快感を唯一再現していたのは、SEGAサターンのガンダムだけだとお客さんと盛り上がったのも今は昔

※2 カメラアイホーミングはミノフスキー粒子否定か、それとも小説版Vガンダムではミノフスキー粒子下ではカメラアイも役に立たなくなるので散布前のホーミングだったか

※3 ザク汽好淵ぅ僉爾実体弾なら買ってもいいけど、外付けジェネレーターであってもビーム兵器はないわ〜、大気で減殺される狙撃銃って一体・・・


季刊ガノタ塾2011-秋号増刊へ続く



【Ex】
カスペン大佐のトレ講座
カリウス軍曹のサプリメント講座
ガデム艦長のトレ講座

【関連】
月刊「ガノタ塾」 2009-1月号
月刊「ガノタ塾」 2009-2月号
月刊「ガノタ塾」 2009-3月号
月刊「ガノタ塾」 2009-4月号
月刊「ガノタ塾」 2009-5月号
月刊「ガノタ塾」 2009-6月号
月刊「ガノタ塾」 2009-7月号
月刊「ガノタ塾」 2009-8月号
月刊「ガノタ塾」 2009-9月号
月刊「ガノタ塾」 2009-10月号
月刊「ガノタ塾」 2009-11月号
月刊「ガノタ塾」 2009-12月号
季刊「ガノタ塾」 2010-春号
季刊「ガノタ塾」 2010-夏号
季刊「ガノタ塾」 2010-秋号
季刊「ガノタ塾」 2010-冬号-上巻
季刊「ガノタ塾」 2010-冬号-下巻
季刊「ガノタ塾」 2011-春号
季刊「ガノタ塾」 2011-夏号
季刊「ガノタ塾」 2011-秋号
季刊「ガノタ塾」 季2011-秋号増刊