総合格闘技はフィジカル勝負の時代に
#36「ショートコラム集」


サプリマスターユーザーの皆さん〜こんにちは〜(^0^)/

皆さんはいかがお過ごしですか?

僕は2,010年10月23日に韓国のソウルで開催されたROAD FCという大会で、日本のDEEPという団体の元ライト級ャンピオンのハン・スーファン選手と対戦ししました。

相手は強烈な右フックを武器に日本のトップ選手をことごとくKOしてDEEPのチャンピオンに上り詰めた格上の選手で〜日本では〔韓流魔剣〕のニックネームで呼ばれている極めて危険な選手でした。

結果は…お蔭さまで1Rの2分54秒でチョークスリーパーで一本勝ちしましたo(^-^)o

もちろん格上の選手から一本勝ち出来た事は凄く嬉しいのですが〜それ以上にハン・スーファン選手のような危険な選手と試合をして怪我をしなかった事に何よりも喜びを感じています。



ま〜自慢話しはこの辺して…今日は僕が日常から競技の為にと意識している事や〜少し変わってるかなと思う練習方法を紹介したいと思います。

それらは一つだけではコラムとしてはあまりにも尺が足りないので〜いくつが繋ぎ合わせてという感じで〜あまり上手くまとめる自信はありませんが…やってみます。



|りながら練習する

これは主に打撃の基本練習の際に行います。

例えばミット打ちをする際に〜打つ側と持つ側で雑談しながら行います。

何故ゆえに雑談しながら行うのか〜ここでは技術的な部分は割愛させて貰いますが…パンチを打つ際にはいくつかの注意点があります。

それらはしっかりと意識している時には出来ていても…気を抜いたりプレッシャーを感じると出来なくなってしまう選手が僕も含めて多く居ます。しかし試合では〜相手の攻撃やディフェンスに対応しながら戦う必要があるのに…ずっと基本を意識するのは難しいと思います。

そうした事から〜

(以下の内容をお読み頂くには、商品発送メール最下部か納品書に記載された当月分のパスワードをご入力下さい。携帯端末からご注文の方は、全内容が記載された物が当月分の発送に同梱されます)



【関連】
本日の13さん
前回のコラム
アスリートの食卓「花澤選手の弁当男子

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。