今月は、11月20(土)・21(日)に東京体育館で開催される、体重無差別の日本一決定戦「第42回全日本空手道選手権大会」へ出場される松岡先生の空手道コラム。


極真空手で強くなるには
第19回「普段実践している事」


押忍!
大変ご無沙汰しておりました、極真カラテの松岡です。

山篭りをしていたわけでも裁判員に選ばれていたわけでもなく、ただ単にコラムの更新をサボっていただけです。

その間、夢の中に斉藤マスターが「イグナイト」を持って「コラム早くして下さいよ〜」と乗り込んできたことがあり、ドキドキしながら目覚めたこ とが2度程ありました(何故イグナイトかは疑問)。

さて、毎回の私の空手コラムを読んで頂けたらお分かりのとおり、私のコラムは抽象的な内容が多いです。斉藤マスターや花澤選手のようにトレーニング理論やサプリメンテーションに詳しいわけでもなく、独自の運動理論を持っているわけではありません。

ですから、どうしても私が今まで感じてきたような精神論的なもの (胡散臭い?)が大部分になるわけです。

今回もそんな精神論ですが、「私が常日頃行っているもの」をいくつかご紹介したいと思います(説教臭い?)。



 峪廚辰燭蕕垢阿笋襦

例えば練習中、「あのメニュー、やらなきゃいけないけどキツイからやりたくないなー」「今から走りに行こうかな、どうしようかなー?」などと思ったら、可能な限りすぐに行動に移すようにしています。

というのも、「キツイからいやだな」と後回しにしていると、他の練習中にもずっとその事が頭から離れず、練習に集中出来ない可能性があるからです(自分では集中していると思っていたとしても)。同様に、「後で走りに行こう」などと後回しにすると、いざ走ろうとしたら雨が降ってくるかもしれませんし、用事で走れ なくなるかもしれません。

こういう事が何度も繰り返されると、サボリの思考方法が習慣付いてしまいます。ですから私は、思いついたら可能な限り即行動に移すようにしています。自分に勝った気にもなり、幸せ度もアップです。


(以下の内容をお読み頂くには、商品発送メール最下部のパスワードをご入力下さい。携帯ユーザーの方は、全内容が記載された物が発送分に同梱されます)



【関連】
松岡朋彦空手道ブログ
隼Tを着て応援に行こう!
本日の松岡先生
前回の空手道コラム

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。