MACH6HALEO期待の新製品「マッハ6」の解説第六弾です。

マッハ6は、大きく分けて3つのアプローチによって、筋肉への栄養分配を強化すると共に筋合成を活性化することで、その成長を促します。

今回は、その第二のアプローチについての解説後編。

前編では、日本人はインシュリンが諸刃の剣になりやすい人と、逆にインシュリンの分泌が少なくその強力な同化作用の恩恵を受ける事ができない人が多いと言う話でしたね。

では、マッハ6は多くの日本人やハードゲイナーが抱える弱点やその問題をどのように克服させるのでしょうか?
アプローチ2-後編
インシュリン強化ブレンド「シニュリンPF:125mg、ALA:75mg」がインシュリン生成及びその感受性を高め、各種栄養素の筋肉への運搬を強化。


「STEP1:ALAがインシュリン感受性を高める」
ALAは、抗酸化作用と体組成改善が高い健康サプリである。ALAは、筋肉のインシュリン感受性を高め、インシュリンによる筋肉への運搬を強化する。

つまり、インシュリン感受性が高まれば、少ないインシュリン分泌でも、無駄なく筋肉へ栄養が運び込まれやすくなるのだ。


「STEP2:ALAとシニュリンPFがインシュリン作用を模倣」
ALAとマッハ6の新成分シニュリンPFは、体内でインシュリンに似た作用を発揮する。すなわち、インシュリンを介さずに「筋肉への取り込みをインシュリンに依存する栄養素」の筋肉への運搬を促す。つまりは、アミノ酸やクレアチンが効率良く筋肉へ取り込まれると言うことだ。

この現象は、インシュリン分泌の引き金となる炭水化物を摂取しなくても、インシュリン依存の栄養素を無駄なく筋肉へ取り込めるので、炭水化物を制限したい人やインシュリン分泌量が少ない人の栄養分配を強化する事になる。


「STEP3:シニュリンPFがインシュリン生成を強化」
まだ耳慣れない「シニュリンPF」であるが、最近認可されたばかりのシナモンから抽出される特許標準化エキスである。

このシナモンエキスは、体内で生成されるインシュリン量を穏やかに増やす事で、速やかに血中の栄養素を筋肉へと送り込んでくれる。

インシュリン生成強化と聞くと、前述の「多すぎるインシュリン分泌は、体脂肪蓄積の原因となる」と言う問題を思い出した人もいることだろう。

そこは、特許標準化エキスだけの事はあって、シニュリンPFは臨床試験において、全く運動をしていない人達の除脂肪体重を増やし、体脂肪量を減らしている。つまり、シニュリンPFの摂取によって、筋肉は増え、体脂肪は減るのである。

このことから、まず、シニュリンPFによるインシュリン増強は、体脂肪への栄養供給は避けつつも筋肉へ栄養を取り込むレベルの上昇である事がわかる。

次に運動している人は、実験に供した一般人と異なり、筋肉のインシュリン感受性が高く筋量も多いので、増強されたインシュリンのほとんどは、筋肉へと向うだろう。そして、ALAによっても、インシュリン感受性は高まっているので、体脂肪へ栄養が回る余裕が無いのだ。


「体脂肪率も下がる可能性がある新アプローチ:インシュリン関連の強化」
上記1〜3のステップ、「筋肉のインシュリン反応」、「インシュリン模倣物質による運搬強化」、「穏やかなインシュリン分泌増強」によって、血中の栄養素がグングン筋肉へ運搬されるイメージが出来上がっただろうか?

これらの現象は、炭水化物の摂取によって体脂肪が付きやすい人やインシュリン分泌が少な過ぎて栄養が上手く取り込めない人が抱える問題を鮮やかに解決するだけなく、脂肪細胞を兵糧攻めにして体脂肪率を下げる可能性も持つのだ。

ともあれ、この新アプローチによって、インシュリン分泌量が多すぎる人も安心して炭水化物入りの食事かでき、栄養吸収に自信がなく今まで沢山食べても全く体重を増やせなかった人たちに福音がもたらされた訳だ。

#7へ続く


【関連】
ウェブショップ「マッハ6」
徹底解説「マッハ6」 #1
徹底解説「マッハ6」 #2
徹底解説「マッハ6」 #3
徹底解説「マッハ6」 #4
徹底解説「マッハ6」 #5
徹底解説「マッハ6」 #6
徹底解説「マッハ6」 #7
マッハ5総括編
マッハ5基本編
マッハ5の副作用?
マッハ5とスーパーパンプ

低インシュリン系ハードゲイナーのオヤツ!