MACH6HALEO期待の新製品「マッハ6」の解説第三弾です。

「マッハ6」は、筋肉量を増やすためのマッスルビルディングサプリです。

もう少し、簡単に表現すると、筋肉量で体重を増やしたい人や体重が増えにくい人にうってつけのサプリメントと言えます。

筋量増加によるウエイトアップは、階級性競技の試合前ならまだしも、トレーニングをしている人なら誰でも望むべき好ましい現象です。また、階級性競技や自重の増加を好まない競技の方(※)であっても、オフシーズンのパワーアップトレーニング期には、やはり筋量増加を目指したいところです。

さて、今回はそのコストに糸目を付けずに、アップデートされた成分をチラリとみてみましょう。
各種成分の働き(含有量は、1回分12タブレット当り)

【L-ロイシン:2000mg】
アミノ酸単体の状態の「L‐ロイシン」は、筋肉の合成のスイッチを入れる唯一のアミノ酸。つまり、ロイシンをしっかり摂取すると、筋肉が合成されるスピードが上がる。


【L-アルギニン&L-シトルリン:2000mg】
アルギニンとシトルリンの組合せは、筋肉への血流量を高める作用が最も高く、筋肉へのアミノ酸の供給を極大化。食事で得たタンパク質と糖質の筋肉への取り込みを高め、筋肉を大きくする効果がある。

・一酸化窒素を増大させ、血流量を増やし、筋肉への血液の流入を増大(パンプUP)。

・筋肉へのアミノ酸の取り込みを促進する。

・糖質のグリコーゲンとしての保存を促進する(パンプUP)。


【シニュリンPF:125mg】
インシュリンの生成と模倣作用によって、血中栄養素の筋肉への運搬を促進。


【ALA:75mg】
増大した筋肉への血流中の栄養素を筋肉へ運搬し、蓄積する作用のある栄養トランスポーター。


【ブドウ種子エキス:40mg】
タンパク質と同時に摂取すると、摂取したタンパク質から得られるアミノ酸の筋肉への供給を増大する。極めて強い抗酸化作用を持つ。


各成分個別の含有量からもわかるように、それぞれを個別で購入して摂取しても、身体がデカくなりそうなゴージャスなブレンドになっている。そして、これらの成分は、単体での効果はもちろんお墨付きであるが、リレーショナルに作用する事で、血中の栄養素を全て筋肉へと送り込むようなパワーを持つのだ。

次回からは、より細かいメカニズムに迫ってみよう。

#4へ続く


※ フリークライミング、ランナーなど


【関連】
ウェブショップ「マッハ6」
徹底解説「マッハ6」 #1
徹底解説「マッハ6」 #2
徹底解説「マッハ6」 #3
徹底解説「マッハ6」 #4
マッハ5総括編
マッハ5基本編
マッハ5の副作用?
マッハ5とスーパーパンプ