MACH6HALEO期待の新製品「マッハ6」の解説第二弾です。

3度の食事をあたかもトレーニング前の必殺の栄養補給に変えるのが「マッハ6」。

つまり、各食事からの栄養を筋肉へ届きやすく、しかも利用されやすくしてくれます。

食事の時間帯からその後数時間の筋合成を通常以上に高めつつ、食事からの栄養素を余すことなく筋肉へ送り込むので、各食事を1回1回、栄養補給のゴールデンタイムに仕向けるのです。

ホントに、サプリメントでそんな夢みたいな事が可能なの?
「マッハ6ってどんなサプリ? 後編」
マッハ5を使用した経験のない人やそのプロセスを良く理解できない人にとって、マッハシリーズが謳う効能は、いささか信じられない事柄かも知れない。

マッハシリーズの大まかな仕組みは、

1、食事の時間帯における筋肉への血流量を増大させ、筋肉への各種栄養素の取り込みを促す。

2、食事におけるアミノ酸バランスを改善し、栄養価を高める。

3、食事の時間帯における筋合成をオンにし、アナボリズムを高め、食事から得たアミノ酸の筋肉への同化を促進する。

と言った3度の食事を無駄なく筋肉に取り込んで固定する筋肉への栄養分配効果、すなわちトレーニング前の栄養補給を3度の食事で再現する事にある。

そして、マッハ6に至っては、上記1〜3のプロセス以外に、筋肉への栄養分配に対する積極的なアプローチが追加されているのだ。

「メカニズムは素晴らしくても・・・」と訝る方もいる事だろう。

血流増加アミノ酸と筋合成刺激アミノ酸の組合せの効果の信憑性は、同じ餌の量で動物を大きくする(餌代を抑えて収穫量を増やす)と言う研究分野で既に実績を挙げており、何より重要な人間における効果は、マッハ6の前身であるマッハ5が証明してくれている。

そして、数々の実績を挙げ、多くのハードゲイナーすら救ってきた「マッハ5」以上の威力を持つのがマッハシリーズ最新版「マッハ6」なのだ。

次回は、各主成分をその働きについて、簡単に解説してみよう。

#3へ続く


【関連】
ウェブショップ「マッハ6」
徹底解説「マッハ6」 #1
徹底解説「マッハ6」 #2
徹底解説「マッハ6」 #3
マッハ5総括編
マッハ5基本編
マッハ5の副作用?
マッハ5とスーパーパンプ