「ハードゲイナーは、就寝前に何を摂取すべきか?」
マグナムパック就寝前の栄養補給に、それぞれの目的や体質に応じて、グルタミンやホエイプロテイン、タイムリリースプロテインなどを利用している方が多いだろう。

しかし、それでも代謝が速い、胃腸での栄養の取り込みが悪い、etcの理由で中々、体重が増やせない方も多いはずだ。

そのような体質の方にオススメなのが、この組合せ。

就寝前栄養補給1ヶ月トライアルパックだ。
【内容】
HALEO「チェイス1.5kg」
HALEO「GCS750小」
ニューケア「クレアチン」

これらを就寝前に利用すると良いだろう。

チェイスは、ハードゲイナーの体重アップに欠かせないカロリーを補給するだけでなく、穏やかに長時間炭水化物を供給するので、代謝が速く就寝中にカタボリック状態に陥りやすい体質の方に非常に効果的だ。

しかも、チェイスは、ハードゲイナーの多くが抱える胃腸でのタンパク質の消化吸収が苦手と言う弱点を解消した現在唯一のカロリー含有プロテインなのだ。
マグナムパック次に、体重アップには、クレアチンが欠かせない。それだけでなく、長期的にみて最も少ないコストで身体作りに貢献するのは、クレアチンなのだ。

クレアチンの摂取タイミングは、しばしば論争の種になるが、やはり、どんな目的でも炭水化物を摂取する時が良いだろう。この場合のように就寝前に炭水化物入りのプロテインドリンクを摂取するなら、一緒に摂取してみよう。

さて、第三のサプリメントだが、GCS750である。これを摂取する目的は、チェイスなどに含まれる炭水化物が体脂肪に変わるのを防ぐためのように思われるかも知れない。

確かに、その目的もあるが、第一の狙いは、GCSに含まれるALAとフェヌグリークエキスのインシュリン模倣作用である。これらが、摂取した炭水化物とアミノ酸を積極的に筋肉へと導いてくれるのだ。この作用は、タンパク同化ホルモンレベルに自信の無い人意外であっても非常にありがたい。

オマケに、GCS750やALAは、炭水化物の摂取レベルが低くても、クレアチンの取り込み率を大幅に高めてくれる作用があるのだ。


これら、全てが関連し共同する栄養素を一度にまとめて摂取できれば、少ない栄養摂取回数や少ない予算をカバーし、有り余る効果をもたらす事だろう。

もちろん、よりローコストに、サプリメントを長持ちさせたい場合は、「マスゲイナー」「クレアチン」、「ALA」の組合せがオススメである。

また、熱心な塾生なら、これらの組合せの前に、まず、何を採用するのがベストかお解かりだろう。

もちろん、マッハ5である。


【関連】
サプリマスター的「体重増加セット」