お待たせしました。

以前、この話で紹介した花澤13選手の試合前の体重の増減法をついにコラム化してもらいました。

花澤選手は以前から、計量前後の体重増減方法に強いこだわりをもっていました。そこに近年、アメリカでの武者修行経験が加わり、新花澤流アメリカ仕込み体重増減法とも言える独特の方法を編み出したようで、その熱い思いのせいか、前編後編に分かれるほどの長編になりました。

今月は、前編です。

計量後の体重増加方法を紹介しているので、何かしらの階級性競技をされている方は、是非、ご参照下さい。
総合格闘技はフィジカル勝負の時代に
〜前日計量の競技に適した減量編(13流)〜

サプリマスターユーザーの皆さんこんにちわ〜皆さんはいかがお過ごしでしょうか?
僕はただいま強烈なリバウンドに悩まされています(-_-;)

というのも…1月30日にパンクラスの後楽園大会に参戦したのですが(結果はかなりショボい試合でドローでした・・・。改めて自分は大して強くないなぁ〜と思い知らされた内容でし・・・。まぁ試合の反省は別の機会に・・・)〜今まではウェルター級の77.1kgで試合をしていたのですが…今回はライト級の70.3kgで試合をしましたが…ライト級の70.3kgまで落とすのは自分にとっては初めての事でした。

予想はしていたのですが…かなり厳しい減量になり〜最後は極限に近い状態でなんとかライト級のリミットに入れたって感じでした。

まぁ、そんな感じだったんで試合後の一週間くらいは試合が終わった安堵感と喪失感と結果が出なかったストレスが食欲を強烈に促進していたようで…GCS750は手放せない生活でした。
 今は少しずつ食生活を改善して行っている状態です。

という事で…今回から前編・後編の二部構成で減量について語らせて頂こうと思います。

今回のテーマは『前日計量の競技の正しい体重&体脂肪の減らし方と〜正しいリバウンド&グリコーゲンローディングの方法』って感じで、なんか12〜13年くらい前のB'Zや大黒摩季の曲名みたいに長い題名になりましたが…(笑)

まぁ、そんな感じの事をテーマに〜とりあえず前編は去年まで自分の階級だったウェルター級の77.1kgで試合をしていた時の調整方法について書いていこうと思います。

まず、最初に少し僕の肉体的なプロフィールを紹介させて頂こうと思います。

身長は170cmでライト級の70.3kgでも決して高い方ではありません…当然ながらウェルター級の77.1kgではだいぶ低い方になります。ですが、体重は食べたい物を食べたいだけ摂り続けると90kgはすぐに超えてしまいます。

ただ、そんな体重では体が動かず普段の練習もままならず〜怪我も多くなってしまうので、去年までは普段から84kgは超えないように節制していました。具体的にはジャンクフードやお菓子や揚げ物は食べないようにしています。それと自分自身の体感として炭水化物を多く摂取すると体重が増えてしまうので基本的には高タンパク・低炭水化物の食事を心掛けています〜脂肪は揚げ物やお菓子やジャンクフードなどは食べないので気にする必要はないと思っています。

試合が決まった際には減量期間は三週間くらいで〜落とす体重は大体6kg〜7kgくらいでしたが…キッチリ(77.1kgまで)と落とす事はありませんでした。
具体的には計量前日までに80kg(3kgオーバー)を目安にしていました。

 
・・・(中略)・・・


とりあえず今回は〜去年までの自分自身がそれなりにコンディションを保てて、動き易く水分やグリコーゲンローディングによるリバウンドもそれなりに出来るウェルター級の77.1kgで試合をする際の調整方法を紹介させて頂きました。

次回は自分自身…未知の階級(ライト級の70.3kg)に初めて挑んだ際の調整方法の〔そして13は地獄を見た・・・〕という大袈裟なテーマを泣き言満載で語らせて頂こうと思います。


※ 更に詳しい内容は、店頭及び通販でお買い上げの際に、付属します。


【関連】
オフラインコンテンツバックナンバー
3月の読み物 #1 #2
本日の13さん