ω3最も過小評価されているサプリ「EPA・DHA」 Part.2

前回のおさらい】


魚油から得られる必須脂肪酸「EPA&DHA」は、

 ゞ敍のインシュリン感受性を高めつつ、脂肪細胞のインシュリン感受性を下げる働きがあるので、食べたものが筋肉に蓄積されやすく、逆に脂肪細胞に蓄積されにくなる

◆。丕丕腺-α受容体活性化作用を持ち、脂肪酸の燃焼を活性化する

 発熱酵素や脂肪燃焼酵素を活性化するので、脂肪酸の酸化がスピードアップ!

つまり、O3に含まれるオメガ3脂肪酸(EPA・DHA)は、体脂肪を減らしたり、体脂肪率を恒常的に低く保つ事に役立ちます。

アスリートだけでなく、単純に体脂肪を減らし筋肉量を保ちたい人にとって、オメガ3脂肪酸は、是非とも加えたい基本サプリです。しかし、オメガ3は、我々のリーンな身体の状態を維持したいと言う目的だけでなく、様々な健康増進効果を併せ持つ、隙のないお得なサプリなのです。

見逃せないオメガ3脂肪酸の健康増進作用

「脳細胞、特に人間の記憶を司る海馬と呼ばれる部位のリン脂質中に多く含有さる」

オメガ3脂肪酸の積極的な摂取によって、記憶力の向上や軽度認知障害が改善されると言われている。


「HDL(善玉コレステロール)値を下げずに、総コレステロール値を下げる。中性脂肪を減らす」

動脈硬化の予防や血栓の予防、血液の粘度の低下に役立つ。


「細胞膜を柔らかくするので、血管を柔軟に保つ」

動脈硬化の予防や栄養運搬の強化など。


「血小板凝集抑制や赤血球の柔軟性を高めて血栓を予防する」

血栓の予防や血液の粘性の低下による血流の改善、心疾患予防。


「アラキドン酸由来のプロスタグランジンE2を適度に抑制し、癌やアレルギーを予防」

肉や卵に多く含まれるアラキドン酸によるプロスタグランジンの合成を抑制し、過度のプロスタグランジんが引き起こす癌やアレルギー、慢性関節炎などを抑制する。

 

特にアスリートや筋肉を少しでも付けたい人に重要となるのは、細胞膜を柔らかくする作用や血液の粘性を下げて、血流を促進する作用です。この作用が、筋肉へ栄養と各種ホルモンの取り込みを促すからです。

そして、関節のサプリを愛用している人のオプションとして、O3を加える事をオススメします。EPA・DHAは、抗炎症物質としても優れた作用を発揮するからで、関節サプリなどとの併用でより高い相乗効果を期待できます。この抗炎症効果は、花粉症などのアレルギーや皮膚炎にも効果的と言われています。



また、必須タンパク質量確保のために、多くの肉類や卵を食べる方にも、O3はオススメです。肉や卵に多く含まれるアラキドン酸は必須脂肪酸ではありますが、摂り過ぎると、炎症やアレルギーの原因となります。そのアラキドン酸の弊害を打ち消すのがEPA・DHAなのです。

個人的には、EPA・DHAの積極的摂取は、認知力や知的生産性を高める(サプリ塾に反映されてるでしょ?)ようで非常に気に入っています。また、即効性としては、眼が潤うようで、眼が疲れにくくなります。事実、網膜と視神経には多くのEPA・DHAが含まれ、それらの摂取によって視力が向上すると言われています。

筋肉編へつづく



【関連】
O3ベースの最高級サプリ「アルファリーン
徹底解説HALEO「O3」 基本編
徹底解説HALEO「O3」 健康編
徹底解説HALEO「O3」 筋肉編
最も過小評価されているサプリ「EPA・DHA」 Part.1
PPAR-α受容体活性化って何だ?
栄養摂取の新常識「栄養分配改善法2008」