プレミアムホットチョコレート ほんの数年前までは、「コーヒーと言えばブラック。スターバックスの甘〜いヤツは、女子供の飲み物だ!」とホザいていたのですが、今ではすっかりスターバックス派です。

 理由は、(店舗にもよると思いますが)接客の良さ、スムースさです。
 そして、値段分の素材感があり、甘〜いヤツも何とも美味しい。

 まぁ、月に1〜2度、行けばいいほうなので、とても常連とは呼べませんが。

 先日、銀行での用事ついでに寄ってみると(同じフロアにある)、目に留まったのが「プレミアム・ホット・チョコレート」。これはこれは、美味そうだ。

 早速、注文すると、
「お客様、アイスにもできますが、いかがなされますか?」
「じゃ、じゃあ、アイスのヴェンティ(特大サイズ)で」

 そうです。僕は、ホット専用品もアイスでオーダーするので、来店回数は少ないのに、覚えられてしまっていたのです。

 この間も
「この間は、エスプレッソメーカーが壊れて、ご迷惑をおかけしました。今日は、どーたらこーたら・・・」
とか。

 マクドナルドでもマネージャーが
「お待ちの間、このコーヒーでもどうぞ」
なんてこともありました。

 と、マニュアル通りの対応しかしないと思っていたら、血の通ったサービスを受けてビックリしたり反省したりすることがあります。

 あー。お伝えしたかったのはそんなエエ話ではなくて、件の「プレミアム・ホット・チョコレート」が、アイスでも素材感たっぷりのリッチな味わいでしたって事です(※)。

※ 今(2008年)は、アイスにしてくれないので、猫舌星人は、温めにしてもらうと良いです