折角、このコーナーで、いい感じで持論を展開してきましたが、話は変わって「方がいたい肩(変換したらこうなった)」・・・いや、「肩が痛い方」にオススメの技をおひとつ。

やり方
 [った状態で、両手で1kgのダンベルを持つ。
◆ゞ世料阿如⊂縅咾鮠欧畔森圓傍鵑欧董肘を90度に曲げ、ダンベルを上にかまえる。
㊟ タケチャンマン(死語)のナハナハのポーズと言うか、頑張るぞーって感じで
 鏡を見ながら、△両態で、肘の位置をできるだけ変えずに、ダンベルを上下させる(肘を軸に180度前腕を上下に回転させる)。
㊟ ちょうど、インベーダーゲームのインベーダーの様な動きで

 非常に解り難くて、申し訳ないのですが、解りやすく言うと「ショルダーホーン」を持ってない人の「シャドー・ショルダーホーン」です。
 何がどうと言うメカニズムは省きますが、肩の動きがスムーズになります。
実践編
 僕もローテーターカフを長年痛めています。そこで、騙し騙し胸のトレーニングをやる為にあみだしました。
 胸は、インクライン・ダンベル・プレスかフライをやるのですが、アップの段階から、セット間に必ずこの「シャドー・ショルダーホーン(ダンベル・インベーダー)」をかまします。肩の違和感がなくなり、安心してメインセットに取り組めます。
 が、僕のジムは、誰もマネしてくれません。

 今回は、死語爆発で、解り難かったと思いますが、本当にオススメです。やり方がわからない方は、是非店頭にてお尋ね下さい。

 また、真剣にローテーターカフを何とかしたい方は、コチラ。←近所のSファクトリーの選手やドラゴンゲートの選手にも使って頂いております。

 p.s あ、今思い出したんですが、この技を編み出した本当の理由は、昔、通っていたジムに「ショルダーホーン」があったんだけど、皆が脇をこすり付けて使うんで、かなり臭かったからだ・・・。

【その他オススメエクササイズ】
お客さん推奨エクササイズ その1
お客さん推奨エクササイズ その2