ごく、タマにですが「ゾンビもの」や「ヴァンパイアもの」の映画を借りて観る事があります。

 最近の「ゾンビ・ヴァンパイアもの」は必ず、
 .哨鵐咾筌凜.鵐僖ぅ△砲覆觚彊はウィルスである。
◆.哨鵐咾筌凜.鵐僖ぅ△乏まれた者は、ウィルスに感染し、ゾンビやヴァンパイアになる。
 要するに「菌やウィルスの感染」が原因
と言う、何とか納得できそうな設定になっています。

 さて、皆さんは何で虫歯になるかご存知でしょうか?
「口内のミュータンス菌が、歯に付着した糖質を分解する時に出す酸が、歯のエナメル質を溶かし・・うんぬん」と言うのは、もはや常識ですね。
 しかし、このミュータンス菌と言うのは、何処からやって来るのか知らない方も多いのではないでしょうか?
 
 ミュータンス菌は、乳幼児の頃に「主に親の唾液から感染する」のです。つまり、虫歯は一種の感染症と言えるのではないでしょうか?

 ちなみに、3歳位までに感染しなければ、その後ミュータンス菌が口内に侵入しても、他の細菌が幅を利かせている為にミュータンス菌は繁殖できないそうです。

 と言うわけで、いつもは「コックリさん」の如く、自動書記でまとまりのない文章を書いていたのですが、今回は、ゾンビの話から始まり、最後は、「ゾンビも虫歯も感染症」とうまくまとまりました。
 
 この一連のプロットは、いつか誰かにパクラれることでしょう。