kunsei「なんちゃってチョリソー」

日本では手に入らない、スペインソーセージを無理やり再現。

パスタやピザ、卵料理にほんの少し加えるだけで、おおつきちひろ先生もビックリ!

たちまち高級料理になってしまう位、卑怯とも言える旨さ!

その昔、スペイン土産にもらった「チョリソー」と言う腸詰の味が忘れられず、「どうしても食べたい!」とカルフールや輸入食材屋さんを探し回った事がありました。

結局、思った通りの物は見つかりませんでした。

しかし、そこは奇人変人。

途方に暮れる間も無く「なければ、作ればいいのだ!」と閃き、「たしか、アノ本に少し載ってたような・・・」と

我が義理の叔父・荻内勝之・東京経済大学教授(自慢話)著の「ドン・キホーテの食卓」を紐解くと「パプリカと豚脂を詰めた腸詰」との1行が。

その1行を手がかりに
パプリカ→パプリカパウダー
豚脂→豚ばら肉を使用
腸詰→腸はなくとも燻製
と言う方法で、再現。

作り方
 ,个蘰を流水で洗う
◆\った肉にパプリカ1瓶とニンニクパウダー1袋を刷り込む。
 フリーザパックに入れ重石を置き、冷蔵庫で10日間寝かせる。
ぁー茲蟒个契う。洗ったら、冷蔵庫で1日寝かせる。
ァ×鄒輯錣播度にいぶす。→完成

彼女のいないあなた!
「何か手間だな〜」「普通の人が作れる訳ないヤン!」って言ってないで!
これが作れるようになったら、「野外コンパ」でモテモテ間違いなし!


【関連】
モテモテ! 男の野外料理 その1「スモークチーズ」
モテモテ! 男の野外料理 その2「なんちゃってチョリソ」
モテモテ! 男の野外料理 その3「クラブオイルパスタ」
モテモテ! 男の野外料理 その4「チョリソ風味のベーコン-前編」
モテモテ! 男の野外料理 その5「チョリソ風味のベーコン-後編」
モテモテ! 男の野外料理 その6「本日開店 蒲焼屋さん」
モテモテ! 男の野外料理 その7「マスターの不気味料理」
モテモテ! 男の野外料理 その8「リアル蒲焼への道」
モテモテ! 男の野外料理 その9「台風クラブ」
モテモテ! 男の野外料理 その10「竹筒飯盒炊さん」

男の料理-まとめ