サプリマスターの「サプリ塾」

【はじめに】サプリ塾に含まれる全てのコンテンツは、数多くの文献や内部資料などを元にしていますが、
あくまで店長の主観によるエンターテイメントですので、商品や方法論等の効能を謳うものではありません。予めご了承下さい。
リンクはフリーです。お気に召した話があれば、どうぞご自由にSNSやウェブサイトなどでご紹介下さい。

カテゴリ: サプリ塾講師の生態

ゴールデンカムイという歴史ロマン冒険グルメ漫画が面白い!

明治後期の北海道を舞台とした歴史冒険漫画なのだが、自然と共存してきたアイヌの知恵が満載で、毎度感激してしまうのだ。



続きを読む

さっき、2年前に書いた

年末年始トレリザルト2014-2015

を読み返してみたのですが、今現在の視点でも、全く書き足す事が無いくらい良い内容です。

「年末年始の食事は、ミネラル、タンパク質、ビタミンを多く含む食材を摂ることが多い為、それらを出来るだけ我が身へと同化するには、身体を破壊して再構成を促進するに限ります。ポテチなどの単純なカロリーだけの食材に対しては、ファイナルブロックが最適ですが、身体作りに役立つ栄養素を多く含む食事に対しては、例えカロリーが高くとも非生産的アプローチではなく、生産性を重視して積極的に受容れると言うアプローチで臨みたい訳です。」

と言った具合のことをつらつらと書いておりますので、お暇な方は読み返してみて下さい。



続きを読む

オフシーズン2016〜プレシーズン2017

陸上や水泳の短距離種目では、0.01〜0.1秒を競うため、ほんの少しのミスや初動の僅かな遅れが致命的となる。そのわりには、最初期よりも常に良いタイムが出ているのは、コンスタントに成長している証拠かも知れないが、伸び代に対しての伸びが少なく、今や自分の競技適性を疑い始めている。

2017年は、遺伝子検査も視野に入れつつ、60mや200mにも挑戦してみたい。

それ以前に、改善し、埋めるべき大きな穴がいくつもあるので、まずはそこをオフシーズンに取り組まないといけない。



続きを読む

11月は、柿が大量に実を付けた。
私は専ら渋柿なので、ジュクジュクになって渋が抜けた物を毎朝3個、なんしはトレーニング後に3個は食べることを目標にしていた。

しかし、11月下旬以降は、カラスやヒヨドリなどとのチキンレースが始まる。

これはまだ渋みが残っているから明日食べよう。これは明日になれば腐りかけの一歩手前の最高状態になっているに違いない・・・そう思って、木の上に残しておくと、翌朝、野鳥にやられている。

野鳥に盗られてたまるかと、早めに食べると、後から渋みが襲ってきたりする。

早めに採って、野鳥にやられない場所で追熟すれば良いのだが、樹上完熟したやつは本当に二日酔いに効くんですよ!!



続きを読む

陸上100m-2016-6
「2016-100mスプリントトレーニング編」


2016年の5月までに出場した記録会からの感触では、

・動作そのものが遅い
・勢いがない

と言うのが最大の課題に思えた。中学生などに混じって走ると、ピッチは無論、あらゆる挙動が遅いのが解る。筋力や筋肉があっても、動作が遅いのだ。


続きを読む

1000この時期は、毎朝、カキノヘタムシガにやられて落下した柿を拾い歩き、それを餌として鶏に与える。わりと手間であるが、本来は土に還るだけであった果皮や果肉に含まれるβカロチンやβクリプトキサンチン、ゼアキサンチン、リコピンなどの色素は卵黄に利用される為、これらの栄養素を多く含む卵となって自分へと還元される。



続きを読む

陸上100m-2016-5
「2016-ダイエット&サプリメンテーション編」

2016年の目標の一つが本番までに大幅に体重を落とすことだったので、年明けから色々とダイエット方法を模索した。

それらで得られた感触から、今年は居残り補習授業2016-05で紹介した以下のような計画を立て、実際に実行した。


続きを読む

理由は全く解らないが、今年の9月はほとんど写真を撮っていなかった。

故に、それを元にするこの日記を書くのが今回はすこぶる楽であった。・・・と言っても、仕上げるのに明治のBEST3チョコレート1袋と2時間を要した。


続きを読む

陸上100m-2016-4
「2016-補強トレーニング」


〜オフシーズン(冬場)〜

ちょくちょく休むこともあったが、ジムで下半身のウエイトトレーニングをおおよそ週1回。

・スクワット
・デッドリフト
・クリーン

これら3種目のみであったが、それぞれを丁寧に行うと、それなりに時間を取られた。


続きを読む

3歳くらいの時に姉と共に母に遊園地へ連れて行ってもらった。

一通り乗物を巡り、当時であればゴレンジャーだろうか、兎も角、イベントで催されていた戦隊物のヒーローショーを皆で観覧した。ショーが始まる前に、悪の組織にさらわれる役が観客から募られた。手を挙げたのが一人だったのか、勢いがあったのか、何か怪しげなオーラが出ていたのか定かではないが、私の姉が選ばれた。

そのような仕込みは、当時の私にわかる訳がなく、ショーが開始されて、客席から姉がさらわれると、私は狂ったように泣き叫んだ。

「おねぇちゃんがころされてじまぶぅぅぅ〜〜〜!!」



続きを読む

陸上100m-2016-3
「2016-股関節トレ」


〜前回書き忘れ〜

7月30日(土)の記録会では、ゴロゴロローラーによる脊椎のストレッチを省いたが、その代わり、補助トラックのそばにある吊り輪にぶら下がって、「ゴロゴロローラーがない!Part.2」にて紹介した方法で背骨と腰椎を伸ばした。完全に身体が緩んでいるよりも、適度に拮抗筋が緊張しているくらいが丁度良いのではないかと思ったので、ストレッチはほどほどにした。



続きを読む

読んで字の如く全くの余談である。

自分で言うのも何だが、サプリ塾はこのジャンルでは人気と知名度が最も高い長寿ブログである。何故なら、同じ系統のブログがこの世に存在しないからだ。至極当たり前の理屈である。

しかしながら、課題は多々ある。

その中の一つが最新のフィットネス事情に対する情報提供だ。

マスターはかつては、梅田や神戸という都市へ通勤し、ゴールドジムなどで最新のマシンに触れていたが、現在は異なる暮らしをしている。マッスル&フィットネスやアイアンマンも全く読まないし、フィットネス系のウェブサイトを閲覧することはない。

時間があるときに専門書を読んだりするが、自身を取り巻く環境からその知識が「オールドファッション」であると思われるかも知れない。それはそれで構わないのだが、「古き良きスタイル=間違った知識」と思っている方からの信頼度が下がってしまう可能性があることは無視できない。

つまり、ゲスい話、筆者が最新のフィットネスに触れていることをアップすることで、ブログ自体の潜在意識的な信頼度を高めるという必要性も少なからずある訳だ。



続きを読む

この5、6年で、最も暑かったのは、ダントツで2010年である。メディアがどうこう言うのでは無く、外に出て自然観察をしていれば、簡単に判断がつく。

2016年は、2010年には及ばないが、2011年以降では、一番暑かった。

雨が降らなかった影響が大きく、暑すぎて一部の作物の育ちが悪かっただけでなく、雑草が枯れて、草刈の労力が半減したばかりか、産卵場所を失った蚊が少なくなると言う現象が起きた。

私は外に出なかったかというとそうでもなく、真っ昼間、炎天下の公園で、スプリントトレーニングを行うほど、元気であった。

続きを読む

陸上100m-2016-2
「2016-レース & 当日のスケジューリング編」


〜余談〜
前回載せた写真は、漠然とレース後の物と思っていたが、レース前の7月27日に撮った物だった。炭水化物を多めに入れ始める前の日、つまり、最もグリコーゲン及び水分が抜けて縮んだ状態だった割には、丸みが残っていた為、カーボアップ後の写真と思い込んでしまっていた。ともあれ、あれは最もドライな状態の68kg台時の写真である。


続きを読む

予報では猛暑だの酷暑だの言われていたが、今年の7月も毎日湿度が高く、下旬までは大して暑くはなかった。

0700下旬には夏らしくなってきたので、お昼ご飯には夏らしい減量食っぽいものを食べた。最近は肉類は総じて、できるだけ茹でてから食べるようにしている。一味抜けてしまいそうな気もするが、味付け後は大した差はなく、体調は良い気がするので、アク抜きオススメ。

0705今夏、失敗したのは、プリンスメロンの植え付けで、この時期は毎朝メロンシェイクを飲むのが外せない儀式となっていたのだが、メロンがない!そこで、同時期に熟すソーンフリーというブラックベリーをミキサーにかけて朝食代わりとしたら、メロンと同等かそれ以上に身体が軽く感じられた。ソーンフリーは、種があるのでジャムにすると一手間かかる上、種を濾すとかさが減ってしまうと言う欠点があったが、ミキサーでブンブンすると種ごと食べられるのを去年発見したのだ。

ソーンフリーを一旦冷凍庫で凍らせ、豆乳ヨーグルトと豆乳、蜂蜜と共にミキサーでブンブンするだけである。凍らせたソーンフリーが氷代わりとなる為、氷によって風味が薄まることがなく、濃厚なベリー感を味わうことができる。

最近では生の輸入物も売られている。わざわざ買ってまで食べるほどのモノでもないが、採れすぎて持て余している場合は、ミキサーブンブンがオススメ。



7月1日(金)「2016年7月頭の菜園」
0701モンシロチョウの幼虫の度重なる食害に抵抗力を付けた適者なのか、この時期に無農薬なのにキャベツが育っていた。
今年、トマトは5株しか買わなかった。後は種と脇芽から増やした物を植え付けた。株元には、マリーゴールドとバジル、枝豆の種を蒔いておく。

0701b娘さんと息子はんがいない間に、少量の牛肉を1種類だけ購入し、ワイフと小さい人だけで焼き肉をした。お釜で飯を炊き、その辺の野菜を適当に焼いて食べた。



7月2日(土)
0702娘さんの誕生会。リクエストは、スパゲッティミートソースだったので、まずは挽肉を焦げるほど炒めてからワインで煮込み、然る後、トマトを加えて更に煮込む。

0702b庭に出てケーキのトッピングとデザートを探す。
季節外れの四季なり苺。ボチボチ熟れ始めたあかつきという桃。

0702c知らない間にスイカが出来ていたので、デザートに追加。
2006年の何とか爺さんの塩尻メルローを蔵出しした。

0702dで、いつも通り、和紙に本日のお品書きを印刷し、誕生会開催。

前菜に出来合いのガスパチョも加えた。

0702eケーキはセルフで娘さん作。
スポンジの焼き加減を少々失敗したが、この時期の苺は巨大で芳醇なので、お味はまずまず。





続きを読む

陸上100m-2016-1
「結果編」

07235月1日(日)と7月30日(土)に陸上の記録会へ参加した。

100mのタイムは、5月は13秒22、7月は13秒10で、昨年8月1日の記録会から僅差に過ぎない伸びとなった。

sentokun何がいけなかったのか?基本動作、スキル、100m的体力、足を動かす素早さ、ストライド...etc?走る前から感じており、走った後に確信したのは、何が悪かったのではなく、全部が中途半端であったと言う事だった。特に5月は「ロクに練習もしていないのに、ただ出ただけ」感が半端なかった。

ただ、それでも、改善の優先順位は見えてきたので、来シーズンに向けた練習に繋げられそうという収穫はあった。


続きを読む

6月1日(水)
0601今年は前年比2倍で、イチゴジャムを作った。
この日は、あえて苺を緩く煮てシロップにし、かき氷にかけた。
井村屋のあまおうシロップに負けないできであったが、些か勿体ないような気もする。

0601b弁当用にカレーを作った。最近は、1.ニンニクで肉を炒め、ワインで煮込む。2.1の鍋にトマトを流し込み、煮込む。3.タマネギを飴色になるまで炒め、2に放り込んで煮込み、ベースソースを作る。4.小麦粉とバターとカレー粉を炒め、カレールウっぽいのを作る。5.最後に3と4を合わせ、あく抜きしたジャガイモなどを放り込む。

0601c保護袋を外し、ネットがけして日光を浴びせた極早生品種の桃「ひめこなつ」が熟してきたので試食。早生品種やハウスの早売りはたいてい甘くないが、黄桃のひめこなつはネットリとした食感で甘い。



続きを読む

↑このページのトップヘ