サプリマスターの「サプリ塾」

【はじめに】サプリ塾に含まれる全てのコンテンツは、数多くの文献や内部資料などを元にしていますが、あくまで店長の主観によるエンターテイメントですので、商品や方法論等の効能を謳うものではありません。予めご了承下さい。

リンクはフリーです。お気に召した話があれば、どうぞご自由にSNSやウェブサイトなどでご紹介下さい。

神戸市中央区栄町通3-2-2 和栄ビル3号館
乙仲通りと言えば、スポーツサプリメント専門店「サプリマスター」!

カテゴリ: サプリ塾講師の生態

☆お知らせ☆
12月10日(日)は休ませて頂きます

ウェブショプにて、「臨時休業日限定タイムセール」開催中です(12月11日13:00まで)。ログインで、ご確認いただけます。



陸上100m-2017-6
「アジリティ対策-本編」


短距離走を行うに当たって、自分に足りない物は何だろうと、問えばいくつもの要素を挙げることができるが、中でもアジリティが筆頭候補の一つになるだろう。

続きを読む

11月は定休日を利用して、ウェルネスライフExpoや展示会へ出席したため、野外作業が滞ってしまった。

秋の家庭菜園作業としては、

・エンドウ豆、ソラ豆などの種まき
・タマネギの定植
・芋掘り
・柑橘類の野鳥避けネット
・アボカドの霜よけ

などであるが、タマネギを植え付けることができなかった。

柿もカラスやヒヨドリに食べられ放題だが、それらがなくなって、ヒヨドリが飢えだしたら、それを利用して反対に食べてやるんだ。



続きを読む

10月は長雨と台風、そして、鼻風邪で一週間以上、トレーニングできない日々が続いた。

鼻風邪を自力で早く治すために

・甘酒
・熱いココア
・熱いスープ
・鍋
・うどん
・ラーメン

などを頻繁に食べた。珍しくコンビニのホットコーヒーも利用した。

そのおかげか、長引かなかった。


続きを読む

11月10日(金)

月末日記の書き出しではないが、2017年の10月は長雨と台風と鼻風邪によって、トレーニングする機会がほとんどなかった。筋力や筋量はそれほどでもないが、見た目のコンディションと持久力は低下した。

まだ、確定ではないのだが、とあるコラボの為に、11月15日(水)までに体力をつけなければならない。その模様を写真に取ったり、取られたりするかも知れないので、兎も角、見た目の回復を図りたい。

しかし、11月8日(水)と9日(木)は講義受講のため運動できなかったので、11月5日(日)にスプリントを行ったのが最後の運動である。しかも、最後に上半身のレジスタンストレーニングを行ったのは先週の水曜、11月1日だ。

見栄えのためには高強度のトレーニングを今日こそ行わないといけない!



続きを読む

心臓血管系強化期の一例
サプリマスターの場合-後編


限りなく解糖系よりの心臓血管系強化サイクル
フェーズ2


メニューA
「温フィット(ぬるふぃっと) V2」

全身的、連動的な複合種目を回数ではなく、決められた時間一杯行う。決められたインターバルの後、次の種目へ移行する。

動作の合理性と血管系の適応によって、持久力が改善されたら、1分間動作を続け、1分間の休憩を挟んで次の種目を行う。種目によっては1分間、持たないこともあるが、そこは気にしない。心理的ハードルを下げ、取り敢えず行うということを大切にする。



続きを読む

陸上100m-2017-5
「アジリティ対策-序論編」


〜おっさんの筋力の機密〜
40歳未満、あるいは30歳以下のウエイトトレーニングに勤しんでいる人は、疑問に思うことがあるかも知れない。

40歳から短距離を始めて、果たしてタイムは伸びるものだろうか?筋力などの低下によって、年々タイムは落ちていくものではないのか?

まず、私の場合は改善すべき弱点が多い反面、それらはトレーニングによって改善できると言う性質上、タイムはまだまだ伸びる可能性がある。スタート地点でのクオリティが低く、伸び代があるからだ。元陸上部が現役時代のベストタイムを目指すのとは少々事情が異なる。



続きを読む

陸上100m-2017-4
「100m的スタミナ対策編」


〜高負荷環境下での筋持久力改善〜
前年度の自分の走りで最も印象的だったのが、後半における失速である。

前回記したが、人がクレアチン燐酸系を用いて最大パワーで活動できる時間は8秒以下である。ここにクレアチンがフルチャージされると、10秒程度に延長されると言われている。

私の場合、疾走時間もさることながら、未熟なフォームによるランニングエコノミーの低さも大いに影響するため、レース後半では完全にダウンしたクレアチン燐酸系に代わって、グリコーゲンの依存度が高くなる。

続きを読む

「ちん〇の話ではなく、頭髪の話」

〜プロローグ〜
私は真面目な優等生タイプではなかったが、未だに死んだ親父に教えられたことのいくつかを頑なに守っている。


・年末年始の夜は自動車で出かけるな
「年末年始は酒を飲んで自動車を運転している者が多いので、自分が事故らなくても、向こうから事故って来るので、自動車に乗るな、特に夜は」

確かに、向こうは飲酒運転だから相手の保険は下りず、事故られ損なので、極力出かけないようにしている。


続きを読む

0900秋初旬。
この時期に行う早朝の一仕事は、庭に出てカキノヘタムシガの幼虫にやられて落下した柿を拾い歩き、鶏達へ与える。柿の果皮、及び果肉には、βカロテンやβ-クリプトキサンチン、ゼアキサンチン、リコピンが豊富に含まれ、それを食べた鶏の卵黄に還元されるため、そのまま土の上で果てさせるには勿体なく、拾いがいがあるわけ。写真を撮っていなかったので、上のは昨年の流用。

今年の9月を一言で表すとギックリ腰。

冬の風邪予防鍋に備えて、家庭菜園の白菜などを植え付けるために、屈みっぱなしになっていたら、翌日には立派なギックリ腰に。少し良くなっては→動いて〜→悪化〜!の繰り返しで、完治するのに数週間かかった。

しかも、その原因となった白菜達はほとんどがヨウトウムシに食べられてしまい菜園から姿を消してしまった。



続きを読む

陸上100m-2017-3
「当日編」


〜スケジュール〜
ほぼ例年通りであったが、今回は昨年行わなかったゴロゴロローラーを再び採用した。

やや早めに出発し、陸上競技場側のジムへ立ち寄り、脊椎を伸ばすマッサージ器に15分ほど実を横たえ、その後、ついでに普通のマッサージ器で15分間身体をほぐし、神経伝達が良くなるようにとおまじないを行った。

続きを読む

08008月×日。
起床後、コーヒーを飲んでから庭へ。
ニワトリの餌やりの片手間に、早朝から五月蝿く泣き続けるセミや果実に集るカナブンなどを捕獲する。公園で網を振るうよりも、庭の方が効率的に捕獲できるからであるが、例年通り、いつの間にか8時28分を迎え、一つ歳を取っていた。

昆虫ホルモンタップリの餌を鶏に与え、それが卵へと還元されることを想像し、一人悦に入る。



続きを読む

心臓血管系強化期の一例
サプリマスターの場合-前編


〜プロローグ〜
9月に入ってから、私のトレーニングは心肺機能、血液循環を強化するサイクルへ入りました。

減量期終了からのトレーニングサイクル仕切り直しに、体の隅々まで栄養素と酸素を行き渡らせる能力を高める心臓血管系のプログラムが適するという理由が模倣的な解答となります。たしかに、その理由も大きいのですが、個人的な事情として少し体脂肪が乗ったからです。

減量を終えた後、何週間も打ち上げ期間として好きなように食べていたせいで、体組成計は判定が甘いのか未だ体脂肪率は10%未満を示しますが、体重が増えてしまって重たく感じてしまいます。

バルクアップ志向ではなく、春からの減量を楽にする目的もあり、秋と冬場の体脂肪率を低く保ちたいので、9月からトレーニングサイクル初期化の際に、限りなく解糖系よりの心臓血管系強化期を採用するに至ったのです。体脂肪を減らし、余分な筋肉を削いで、身体を軽くして運動時のエネルギー効率を良くするのを目的としています。



続きを読む

07002017年の7月は5時台に起床。
起き抜け一番にコーヒーを沸かし、プレワークアウトサプリを流し込みながら、C3Xを溶かしたBCAAドリンクを作る。

そして、やる気満々の姿に着替えてから、トラックや公園へ向かう。帰宅後、ベリーや野菜などを収穫。

ほぼパターンの繰り返しだった。



続きを読む

陸上100m-2017-2
「ソフトマッチョ編」

18こちらの写真は7月31日(月)の夜。記録会から2日後の写真である。二夜連続で夜中にスニッカーズやバニラアイスを食べた結果、体重は70kg後半に。たった2日で、腹筋のカットがかなり消えてしまったのが印象的だった(これまでは時間が出来た時に写真を撮ってもらっていただけだが、今回は初めて、腕立て伏せとシットアップを行ってから写真を撮ってもらった)。

20それでも、グリコーゲンによって増加した体重を筋量と見なすのか、体組成計の体脂肪率は7%を示した。

レース前に、そこそこ強気で炭水化物を入れたつもりであったが、まだまだ燃料タンクのキャパシティに余裕があったと思われる。

てな感じで、グリコーゲンを抜いた状態から一転、グリコーゲンと水分を溜めた状態は微妙に痩せマッチョとは言い難い、マイルドなソフトマッチョであった。



続きを読む

陸上100m-2017-1
「結果編」

197月29日(土)に陸上の記録会へ参加してきた。

100mのタイムは13秒25だった。12秒台と言う目標どころか、昨年2回走った記録よりも悪かった。

今回はスタートも悪く、途中のフォームも力んだグダグダの走りだったという「本番力のなさ」が一番の敗因であった。普段の練習では背中の中央が筋肉痛になることはないのだが、レース後に酷い筋肉痛になったのは、腕を力一杯後方にブンブン振っていたのか、上体をウネウネとくねらせながら走っていたのだろう。

また、基礎的なドリル練習をしてこず、ただ、100mを走る練習ばかりしていたことも、スケジュール上、仕方ないとは言え、良くはなかった。

しかしながら、3月にサプマス神戸店を立ち上げた当初は今期の記録会参加は不可能と思えた中、そこから時間を工面しつつ、ベストに近い体調で記録会に臨めたせいか、ゴール直後、良いタイムが出ていないことは感じていたが、「ああ、出られたなぁ、走り切れたなぁ」と少し涙が込み上げた。

ともあれ、身体的、メカニカルなパフォーマンスは向上していたので、今後は陸上らしいフォームを身につけることが課題である。



続きを読む

サプマス神戸店オープンに伴い、趣味の果樹園と菜園、家禽(養鶏)に関わる時間は、早朝と休日のみとなった。

作業時間は減った割には、初夏における一通りの作業を終えることができた。その秘訣は、以前にも増して早寝早起きが徹底されるようになったせいである。

ポイントは朝起きるときに

「お前は私に今まで以上にエネルギッシュに生きると誓ったのではいか?」

と問いかけること。




続きを読む

お知らせ1
「各種カード利用可」

P1090161店頭で各種カードがご利用頂けます。

この前、初めてカードを切らせて頂いたのですが、プリントされたレシートを見て心臓が止まりそうになりました。

999,999,999円!

練習モードになっていたのでした。



続きを読む

プレ〜オンシーズン2017

3月末からサプマス神戸店をオープンした都合上、トレーニング頻度が週2回になってしまった。そこから、トレーニング頻度を増やしていったが、その変遷について。



「4月」
月、木、金の午前中は老人達がグラウンドゴルフで公園を占拠しているので利用できず、駅まで送ってもらう都合上、トレーニングできるのは定休日の水曜日と日曜日の出勤前だけであった。

時間がないため最寄りの公園での運動となった。天候の影響などを受けたが、それでも月6回以上行うことができた。現実的には2回/週以下の頻度となる為、公園ではスプリントをメインに。そして、100m以上の距離をダッシュするようにした。

運動頻度と運動量は低下したが、勤務中の食事を3回くらいに分けて摂るようにしたおかげで、体重も体脂肪率も増えることがなく、むしろ、体脂肪率は低下しだした



続きを読む

3私の家には、テレビがないんです。

3月に息子はんが投げた箸箱がテレビに命中し、中の基盤がいかれてしまい、修理不能と診断された。私は息子を怒らなかった。息子のためではない。そんなにテレビが好きやったんかー!と突っ込まれるのを恐れたからだ。

優秀と言われるSonyの4Kアップコンバーター搭載の物を購入しようと思ったりもしたが、試しにテレビなし生活を続けてみると、平和!!

それよりも、子供達の方が先に適応したのには、驚いた。

テレビモニターそのものがないので、放送どころか、DVDの類も観られない生活が3ヶ月続いているが、皆へっちゃら。と言うのは、ちょっとウソで、ウォーキングデッドS7の後半が気になる・・・。あと、ザブングル再放送。



続きを読む

↑このページのトップヘ