サプリマスターの「サプリ塾」

【はじめに】サプリ塾に含まれる全てのコンテンツは、数多くの文献や内部資料などを元にしていますが、あくまで店長の主観によるエンターテイメントですので、商品や方法論等の効能を謳うものではありません。予めご了承下さい。

リンクはフリーです。お気に召した話があれば、どうぞご自由にSNSやウェブサイトなどでご紹介下さい。

神戸市中央区栄町通3-2-2 和栄ビル3号館
乙仲通りと言えば、スポーツサプリメント専門店「サプリマスター」!

カテゴリ: サプリ塾講師の生態

〜お知らせ〜
4月16日(月)は17時閉店です
サプマス神戸店1周年記念キャンペーン中です。
メールに関する重要なお知らせ




今年の3月は例年よりも暖かかったので、早朝から庭に出て、エン麦刈りをすることが多かった。寒さに強い麦は鶏達の良い緑餌になるため、秋口から冬にかけて庭のいたる所に蒔いておいたのだ。

エン麦やらハコベなどを貪る鶏達を見て、こいつらが我が家で圧倒的に野菜食べているよなぁと反省。

00002日に1回、ブロッコリーやその脇芽を詰む傍ら、トウダチし始めた白菜や大根などの若葉やツボミをボール一杯採取。

0001軽く茹でて、タッパーに詰めて2日分の野菜にした。山盛りの野菜も、茹でると、アリエッティを観終わったような「こんだけ?」ってくらい少なくなる。

まぁ、それでも、便の量を始め、調子が良い。



続きを読む

年末年始は天候にも恵まれ、過去最高と言って良い頻度でトレーニングを行った。さすがに2月は寒さと強風で、トレーニング頻度は低下。夜に色々と食べることが多かったため、体重と体脂肪率が増加してしまった。

「青春の味」
学生の頃、よく食べた「麻婆焼きそば」。美味しかったからではなく、量が!圧倒的だったのだ。
0201手抜き料理といっては失礼だが、1月2月はレトルトに豆腐を足すだけの「麻婆豆腐」が食卓に上がることが多かった。麻婆丼にして食べることもあったが、この日は麻婆焼きそば(焼いてないけど)。

学生時代、スイミングの仕事帰りに、「てんじく」という地元の中華屋さんに寄ることがあったが、そこでよく注文した麻婆焼きそばが忘れられないわけ。



「漫画」
漫画は基本的にロボット物かSF物、バトル物しか読まないが、「山と食欲と私」にはまった。ちゃらい話かと思えば、山に対しても食べることに対してもストイックな話で、少し大げさに言うとハードボイルドにおけるカタルシスのようなものが味わえる作品。山にも登りたくなるし、料理もしたくなるので、モチベーションアップにお勧め。



続きを読む

⚠:特にオチのない話です!


2018年2月16日(金)
某百貨店トレーニング用品コーナー時代の仲間と10年以上ぶりに、集まりました。

切っ掛けは昨年の「ウェルネスライフExpo」にて、梅田で活躍されている小西トレーナー(※)と再会し、私が請け負っていたかねてからの口約束を小西氏に丸投げしたことに端を発します。

梅田オアシスの顔とも言って良いパーソナルトレーナーの小西氏は「2004年アジアベンチプレス選手権52kg級優勝者」なのです。同階級にはなべやかん氏がおられます。52kgもないのに140kgも挙げるなんて凄いパワーウエイトレシオ。

その他の面々はフィットネスショップの店長やエリアマネージャーに出世していました。

10年振りの集まりとは言え、全然、久しぶりといった感じがしないのは久しぶりではないからです。メールによる筆まめでも、電話まめでもない私ですが、遊びや試合観戦で梅田や難波を訪れた際は必ず、その店長達のお店に顔を出していたからです。今思えば、意外にマメじゃないか!と自分を褒めてあげたいくらいです。


続きを読む

日記に副題など付けるものではない。

「Epigenetical Vitality」と言う用語、言葉があるかどうか解らないが、とりあえず、後天的に活発になれると言う意味を込めて勝手にこさえた。

意欲に充ちたバイタリティ溢れる人間には敵わねぇが、運動、栄養、環境を最適化することで、自分が持って生まれた活力を最大化できるだけでなく、エピジェネティクス的にはその継続によって結果的に表現される形質や行動を変化させるに違いない。



01004年ぶりくらいに今冬は寒かった。耐寒性のあるハッサクやグレープフルーツが樹上で完熟する前に、寒さでボトボトと地面に落ちた。型破りの袋がけを行ったネーブルだけは落下しなかったが、実が凍って水分が飛んでしまっていた。

と言っても、この10年間で一番寒かった訳ではない。

テレビを筆頭としたマスコミが毎年毎年「暑い暑い」や「寒い寒い」と刷り込んでいるだけで、菜園や釣り、採集などを通して自然観察をしていれば、判断できることである。日記や歳時記も、役に立つ。



続きを読む

全然、関係ないけど、2017年で最も斜め上のリアクション話。

同じ町内のママ友の家に、ミツバチの巣箱を置かせてもらった。昨年、風呂場に蜂球が現れたことやその近辺での蜂球目撃談を聞きつけてのことだ。表の庭の隅とベランダに1個ずつ、設置させて頂いた。町内でも特に大きい家ではあるが、この時点で充分にずうずうしいことこの上なし。

結局、分蜂した蜂の群は巣箱に入らなかったので、秋口に回収させてもらった。

で、9月下旬に小学校の運動会があったのだが、この時に巣箱を設置させて頂いた家のご主人を見かけたので、今ここで声をかけてお礼を言っておかなければ信義にもとる(節子、それただの常識や)と、歩み寄った。

初対面であったが、声をかけてお礼を述べつつも、今にも咽から出そうな「来年も置かせて下さい!」という言葉を飲み込むのに苦労した。いやいや、それは頭がおかし過ぎるやろうと、流石に40数年生きれば芽生える擬似ブレーキが働いた。何度、その言葉が出かかったことか。

ところが、そのお父さんの口から「来年、もう一回、挑戦させて下さい!」と言う斜め上を行く言葉が出てきたのだ。熱い男であることは知っていたが、ビックリした。

と言う話。



1201冬場は雑草が少なくなるため、繊維質に飢えた鶏達の中には他の鶏のケツの毛を食べだすモノも出てくる。今冬は鳥小屋の前のスペースを始め、庭の至る所にえん麦を蒔いて緑餌増産してみた。

麦が余ったら、菜園の土にすき込むことで、土作りにも役立てることができる。



続きを読む

11月は定休日を利用して、ウェルネスライフExpoや展示会へ出席したため、野外作業が滞ってしまった。

秋の家庭菜園作業としては、

・エンドウ豆、ソラ豆などの種まき
・タマネギの定植
・芋掘り
・柑橘類の野鳥避けネット
・アボカドの霜よけ

などであるが、タマネギを植え付けることができなかった。

柿もカラスやヒヨドリに食べられ放題だが、それらがなくなって、ヒヨドリが飢えだしたら、それを利用して反対に食べてやるんだ。



続きを読む

10月は長雨と台風、そして、鼻風邪で一週間以上、トレーニングできない日々が続いた。

鼻風邪を自力で早く治すために

・甘酒
・熱いココア
・熱いスープ
・鍋
・うどん
・ラーメン

などを頻繁に食べた。珍しくコンビニのホットコーヒーも利用した。

そのおかげか、長引かなかった。


続きを読む

11月10日(金)

月末日記の書き出しではないが、2017年の10月は長雨と台風と鼻風邪によって、トレーニングする機会がほとんどなかった。筋力や筋量はそれほどでもないが、見た目のコンディションと持久力は低下した。

まだ、確定ではないのだが、とあるコラボの為に、11月15日(水)までに体力をつけなければならない。その模様を写真に取ったり、取られたりするかも知れないので、兎も角、見た目の回復を図りたい。

しかし、11月8日(水)と9日(木)は講義受講のため運動できなかったので、11月5日(日)にスプリントを行ったのが最後の運動である。しかも、最後に上半身のレジスタンストレーニングを行ったのは先週の水曜、11月1日だ。

見栄えのためには高強度のトレーニングを今日こそ行わないといけない!



続きを読む

心臓血管系強化期の一例
サプリマスターの場合-後編


限りなく解糖系よりの心臓血管系強化サイクル
フェーズ2


メニューA
「温フィット(ぬるふぃっと) V2」

全身的、連動的な複合種目を回数ではなく、決められた時間一杯行う。決められたインターバルの後、次の種目へ移行する。

動作の合理性と血管系の適応によって、持久力が改善されたら、1分間動作を続け、1分間の休憩を挟んで次の種目を行う。種目によっては1分間、持たないこともあるが、そこは気にしない。心理的ハードルを下げ、取り敢えず行うということを大切にする。



続きを読む

陸上100m-2017-5
「アジリティ対策-序論編」


〜おっさんの筋力の機密〜
40歳未満、あるいは30歳以下のウエイトトレーニングに勤しんでいる人は、疑問に思うことがあるかも知れない。

40歳から短距離を始めて、果たしてタイムは伸びるものだろうか?筋力などの低下によって、年々タイムは落ちていくものではないのか?

まず、私の場合は改善すべき弱点が多い反面、それらはトレーニングによって改善できると言う性質上、タイムはまだまだ伸びる可能性がある。スタート地点でのクオリティが低く、伸び代があるからだ。元陸上部が現役時代のベストタイムを目指すのとは少々事情が異なる。



続きを読む

陸上100m-2017-4
「100m的スタミナ対策編」


〜高負荷環境下での筋持久力改善〜
前年度の自分の走りで最も印象的だったのが、後半における失速である。

前回記したが、人がクレアチン燐酸系を用いて最大パワーで活動できる時間は8秒以下である。ここにクレアチンがフルチャージされると、10秒程度に延長されると言われている。

私の場合、疾走時間もさることながら、未熟なフォームによるランニングエコノミーの低さも大いに影響するため、レース後半では完全にダウンしたクレアチン燐酸系に代わって、グリコーゲンの依存度が高くなる。

続きを読む

「ちん〇の話ではなく、頭髪の話」

〜プロローグ〜
私は真面目な優等生タイプではなかったが、未だに死んだ親父に教えられたことのいくつかを頑なに守っている。


・年末年始の夜は自動車で出かけるな
「年末年始は酒を飲んで自動車を運転している者が多いので、自分が事故らなくても、向こうから事故って来るので、自動車に乗るな、特に夜は」

確かに、向こうは飲酒運転だから相手の保険は下りず、事故られ損なので、極力出かけないようにしている。


続きを読む

0900秋初旬。
この時期に行う早朝の一仕事は、庭に出てカキノヘタムシガの幼虫にやられて落下した柿を拾い歩き、鶏達へ与える。柿の果皮、及び果肉には、βカロテンやβ-クリプトキサンチン、ゼアキサンチン、リコピンが豊富に含まれ、それを食べた鶏の卵黄に還元されるため、そのまま土の上で果てさせるには勿体なく、拾いがいがあるわけ。写真を撮っていなかったので、上のは昨年の流用。

今年の9月を一言で表すとギックリ腰。

冬の風邪予防鍋に備えて、家庭菜園の白菜などを植え付けるために、屈みっぱなしになっていたら、翌日には立派なギックリ腰に。少し良くなっては→動いて〜→悪化〜!の繰り返しで、完治するのに数週間かかった。

しかも、その原因となった白菜達はほとんどがヨウトウムシに食べられてしまい菜園から姿を消してしまった。



続きを読む

陸上100m-2017-3
「当日編」


〜スケジュール〜
ほぼ例年通りであったが、今回は昨年行わなかったゴロゴロローラーを再び採用した。

やや早めに出発し、陸上競技場側のジムへ立ち寄り、脊椎を伸ばすマッサージ器に15分ほど実を横たえ、その後、ついでに普通のマッサージ器で15分間身体をほぐし、神経伝達が良くなるようにとおまじないを行った。

続きを読む

08008月×日。
起床後、コーヒーを飲んでから庭へ。
ニワトリの餌やりの片手間に、早朝から五月蝿く泣き続けるセミや果実に集るカナブンなどを捕獲する。公園で網を振るうよりも、庭の方が効率的に捕獲できるからであるが、例年通り、いつの間にか8時28分を迎え、一つ歳を取っていた。

昆虫ホルモンタップリの餌を鶏に与え、それが卵へと還元されることを想像し、一人悦に入る。



続きを読む

心臓血管系強化期の一例
サプリマスターの場合-前編


〜プロローグ〜
9月に入ってから、私のトレーニングは心肺機能、血液循環を強化するサイクルへ入りました。

減量期終了からのトレーニングサイクル仕切り直しに、体の隅々まで栄養素と酸素を行き渡らせる能力を高める心臓血管系のプログラムが適するという理由が模倣的な解答となります。たしかに、その理由も大きいのですが、個人的な事情として少し体脂肪が乗ったからです。

減量を終えた後、何週間も打ち上げ期間として好きなように食べていたせいで、体組成計は判定が甘いのか未だ体脂肪率は10%未満を示しますが、体重が増えてしまって重たく感じてしまいます。

バルクアップ志向ではなく、春からの減量を楽にする目的もあり、秋と冬場の体脂肪率を低く保ちたいので、9月からトレーニングサイクル初期化の際に、限りなく解糖系よりの心臓血管系強化期を採用するに至ったのです。体脂肪を減らし、余分な筋肉を削いで、身体を軽くして運動時のエネルギー効率を良くするのを目的としています。



続きを読む

↑このページのトップヘ