サプリマスターの「サプリ塾」

【はじめに】サプリ塾に含まれる全てのコンテンツは、数多くの文献や内部資料などを元にしていますが、あくまで店長の主観によるエンターテイメントですので、商品や方法論等の効能を謳うものではありません。予めご了承下さい。

リンクはフリーです。お気に召した話があれば、どうぞご自由にSNSやウェブサイトなどでご紹介下さい。

カテゴリ: サプリ塾講師の生態

・サプマスインスタグラム
https://www.instagram.com/smsater3110



9月は家庭菜園の冬野菜の植え付けや種蒔きなどを行うが、屈みっぱなしの作業はもれなく腰痛をもたらすため、今年はかなり手抜きをした。

その為、毎年9月はギックリ腰気味の慢性腰痛に悩まされるが、今年は腰の調子が良かった。

何とか植えたり発芽させたりした白菜や大根の区画を2度も鶏にアラされてしまったため、昨年は白菜を食べ過ぎて、トイレを何度か詰まらせたが、今年はそんなに食べられないかも知れない。



続きを読む

・サプマスインスタグラム
https://www.instagram.com/smsater3110


〜僕の夏休みの自由研究〜
鶏を1羽だけ隔離し、数日間、セミのみを与え、卵の質量と風味の変化を記録し、息子はんの夏休みの自由研究へと流用する・・・つもりだったが、見る人によっては残酷と捉えられるかも知れないつーか、どん引きやん!と突っ込まれてボツになった。

・・・が、途中までは結構、頑張ってセミ採りをした。

ちなみに、セミ採りは太陽が南中する頃が最も適する。

朝方のセミは樹木の高い所で鳴いているからだ。これは変温生物故に、身体を温めるのが目的で、反対に真っ昼間は、かなり低い位置にいるため、捕まえやすい。これは、急激な体温上昇を避ける為。

調べたわけではないが、たぶん、あっていると思う。



続きを読む

2nd Season-6
〜地区対抗リレー-2019 結果編〜

兵庫県陸上マスターズが台風で中止になってしまったので、これが今年唯一のレースとなった。

(画像クリックで、動画へ飛びます)
折角、絞ったので、腕立て伏せや腹筋などでパンプさせてから、写真撮影をしたかったが、未だに行えていないので、今回は走っている姿を動画でアップ。

ノースリーブで青の鉢巻きが私で、第二走者からバトンを受け取るところ〜第一コーナーの様子。



続きを読む

2nd Season-5
〜200m&100m-2019 結果編〜


9月23日(月)は陸上マスターズ兵庫県大会でしたが、台風通過による警報発令により、中止になってしまいました。

10月12日の大阪の記録会はふくらはぎの怪我の具合から考えると、短期間で3回ピークコンディションを作るのが困難であった為、エントリーを見合わせました。従って、二期連続で公式レース出場が叶わず、公式タイムを残すことができませんでした。


続きを読む

サプマスTwitterにて、試合に向けた丸1日のカーボチャージの食事を公開中です。

(減量中の方、すいません。和菓子が食べたくなってしまうかも知れません)

・グリコーゲン補填目的の炭水化物摂取時には、脂質摂取を極力避ける

・タンパク質は控え目で、炭水化物中心

・張り切ると、軽く3kg増えてしまうので、ドライな状態から+1〜1.5kgを目標にしたライトな内容



サプマス・インスタグラムの方は、減量終了後の肩甲骨動画(?)をアップしました。

(動画を追加しました)

心臓血管系強化期の一例
サプリマスターの場合-前編


〜プロローグ〜
9月に入ってから、私のトレーニングは心肺機能、血液循環を強化するサイクルへ入りました。

減量期終了からのトレーニングサイクル仕切り直しに、体の隅々まで栄養素と酸素を行き渡らせる能力を高める心臓血管系のプログラムが適するという理由が模倣的な解答となります。たしかに、その理由も大きいのですが、個人的な事情として少し体脂肪が乗ったからです。

減量を終えた後、何週間も打ち上げ期間として好きなように食べていたせいで、体組成計は判定が甘いのか未だ体脂肪率は10%未満を示しますが、体重が増えてしまって重たく感じてしまいます。

バルクアップ志向ではなく、春からの減量を楽にする目的もあり、秋と冬場の体脂肪率を低く保ちたいので、9月からトレーニングサイクル初期化の際に、限りなく解糖系よりの心臓血管系強化期を採用するに至ったのです。体脂肪を減らし、余分な筋肉を削いで、身体を軽くして運動時のエネルギー効率を良くするのを目的としています。



続きを読む

2nd Season-4
〜オンシーズン2019-サプリ編-応用編〜


今回は応用編として、200m走レース並びに練習時に役立ちそうなパフォーマンスアップサプリに関して紹介したい。

また、試合期特有のオプショナルサプリメント的な運用をするサプリメントについても。

続きを読む

2nd Season-3
〜オンシーズン2019-サプリ編-後編〜


9月23日(月)に開催される200m走出場に向け、「減量(軽量化)」、「持久力アップ(高負荷環境下での全力持続力)」を目的とした身体作りに取り組む際のサプリメンテーション紹介後編。

前編では上の目的とピーキングや試合期に適したスペシャリティが高いサプリメントを紹介した。

今回は基本サプリやコンディショニング系について解説したい。



続きを読む

・サプマスインスタグラム
https://www.instagram.com/smsater3110


〜7月の菜園〜
0700今年は、つる性トゲなし品種のブラックベリー「ソーンフリー」がまずまずの出来。

0700b「リコピン教」なので、リコピンリッチなど普通のトマトよりも多くのリコピンを生成するトマトを増やした。売れ残りでクタクタになり、100円で売られていたイタリアントマトも元気に育ったが、生食には向いていないので、トマトソースやケチャップへと加工した。

0700c色素などは体内半減期が長く、細胞内へ貯蔵されるため、旬の野菜を沢山食べることは意義が高い。日頃から、なるべく陽を沢山浴びたスパルタンな野菜を食べたいものだ。


続きを読む

2nd Season-2
〜オンシーズン2019-サプリ編-前編〜


このシリーズは、中学時代は水泳部、高校時代は水泳部幽霊部員の私が陸上競技に挑戦する話。

2,019年は、

9月23日(月)
兵庫マスターズ陸上競技選手権大会(※)
100m、200m

9月28日(土)
運動会地区対抗リレー
170m

10月13日(日)
大阪マスターズ記録会
100m、200m


続きを読む

2nd Season-1
〜オンシーズン2019-スタミナ養成編〜


陸上マスターズの試合が秋なので、オンシーズンを前期と後期に分けて考えるようにしてみた。

7月上旬から8月下旬を前期として捉え、アナボリック昂進による回復促進系のサプリを入れだした結果と簡便な内容に関しては

サプリマスターのたった一人の被験者
ファイナルETBの少なめサイクル


をご参照頂きたい。



続きを読む

・サプマスインスタグラム
https://www.instagram.com/smsater3110


〜6月の菜園〜
0600トマト。5月に5株ほど購入し、後は脇芽と勝手にアチコチで発芽したものを移植し、最終的に20株程度まで増やす。極力、他所からの土は持ち込まないようにするため、野菜苗の購入は控え目。種が主体。

0600b6月になると、売れ残りのクタクタの野菜株が半額以下の叩き売りになっているので、トレーのラベルを事細かく確認してから、それらを購入する。植え付けると元気になる。

0600c今年はキャンベルズアーリーが豊作。ジベレリン処理していないので種あり。種無しザクロのアークデニスの花が綺麗。



続きを読む

2nd Season-0
〜オフシーズン2018-2019〜


2019年秋口の試合に向けたオフシーズンのテーマは「地力を付ける」であった。

地力を付けると言っても、地味な基礎ドリルを地道に行うというイメージが強いが、今回はもっと基礎的な話で、「下半身の強化」これ一点を目標にした。

オフシーズンワンサイクルで一箇所(一要因)でも改善できれば上出来で、欲張ってあれこれ手を出しても、得るものがない可能性が高く、そもそも、私の場合、そんなに器用ではないからだ。



続きを読む

・サプマスインスタグラム
https://www.instagram.com/smsater3110


〜5月はマメとチェリーと袋がけ〜
0500今シーズンも、人を庭へ豆刈りに招待できるほど、豆類の種を蒔いた。

0500bひと通り、菜園へ蒔いた後、つる性のものを果樹の根元へと蒔く。ネット要らずで、豆が栽培でき、木々を廻る豆探しというエンターテインメントまで産まれるという寸法。

0529cあんまり張り切って蒔いたので、しばしば見落として、そのままでは食べられないほどに肥大した豆に出くわすが、それはそれでアヒージョや豆ご飯に利用する。

今年は桃の袋がけのスタートが遅かったので、多くがゾウムシにやられてしまい、例年の1/3ほどの作業量となった。



続きを読む

β3ADR遺伝子変異タイプ+UCP-1遺伝子変異タイプでも痩せられる0
〜イントロダクション〜


β3ADR遺伝子変異タイプ

・基礎代謝が200kcal低い
・アドレナリン系によるβ3アドレナリンレセプターの反応が鈍い
・糖質のグリコーゲン変換効率が悪い
・内臓脂肪が溜まりやすい

といったハンデを持ちます。


UCP-1遺伝子変異タイプ

・基礎代謝が100kcal低い
・下半身に脂肪が蓄積しやすい

といったハンデを持ちます。



続きを読む

・サプマスインスタグラム
https://www.instagram.com/smsater3110



〜葉のものやアブラナ科は今でしょ〜
04003月に引き続き、4月もブロッコリーなどのアブラナ科やレタスなどの葉のものを多く食べるように努めた。アブラナ科はとうだちしても引っこ抜かず、できるだけ花まで食べるようにした。5月になるとヨウトウムシが葉のものを食べ尽くしてしまうので、食べるなら今しかないからだ。

旬のもののまとめ食いは一見意味がないように思えるが、冬場に沢山食べた柑橘類のカロチノイドの蓄積性は高く、体内半減期はべらぼうに長いのと似たような効果があるのではないか?

食物繊維を多く摂ったことで制御性T細胞が活性化したのか、例年以上に花粉症がましだったように思える。

春は鶏の産卵ラッシュとなり、この期間のみではあるが供給が需要を上回るため、卵を利用したお菓子作りに精を出した。



続きを読む

〜エピローグ〜

そもそも、私が陸上短距離を始めた切っ掛けは、小学校の運動会の地区対抗リレーに頼まれて出場した際、予選通過後に「決勝で中学生に代われ」という地区役員の圧力に負けて交代してしまった判断ミスと悔しさから、そして、決勝で父が走ると思っていた娘が傷ついてしまったかも知れないということ、自分の娘をはじめとする子供達に、親が身体を張って気張っている姿を見せる機会を失ってしまったこと・・・。

もう一度、お父ちゃんが身を削って走る姿を見せたい!
そのためには、公式の試合に出るしかないと判断したためだ。

今ではそれが立派な趣味になり、減量に対する明確な納期が定まることで、年間を通してリーンなコンディションを保つことができ、尚且つ運動習慣を維持することができていることから、今でも思い出す度に当時と同じ温度で腸が煮えくりかえるが、その切っ掛けには多少感謝しているかといえばそうでもなく、それを昇華できた自分に感心している(←え!?自分話?)。

続きを読む

リレー170m編-2018-7
「減量 & サプリメンテーション編」


結果編で触った通り、今回は減量苦を味わった。最終的には目標通りの66kgまで落とすことができたが、中々、減ってくれなかった。また、腹筋が現れている割にウエストサイズの減少が少なかったことから、内臓脂肪の減りが悪かった。



続きを読む

↑このページのトップヘ