サプリマスターの「サプリ塾」

【はじめに】サプリ塾に含まれる全てのコンテンツは、数多くの文献や内部資料などを元にしていますが、あくまで店長の主観によるエンターテイメントですので、商品や方法論等の効能を謳うものではありません。予めご了承下さい。

リンクはフリーです。お気に召した話があれば、どうぞご自由にSNSやウェブサイトなどでご紹介下さい。

カテゴリ: セルフ人体実験

2020年8月22日
4月に同じ町内の方から貸し農園の一角を引き継いだ。8月に入り、あまりに雨が降らないので、この日は小さい人を連れて、水やりと枝豆採りに出向いた。

まずはドンコ捕りの仕掛けチェック。

いいかい?
マムシは湿気った日陰や溝によくいるから、注意なっ?こんな水がチョロチョロと流れている溝なんか大好きやで〜。

と、小さい人に注意するや否や、その溝で小型のマムシを発見。
IMG_9727



続きを読む

〜プロローグ〜
2019年8月(画像クリックで動画に飛びます)
「嫌ぁぁー!私のガンダムが!」
(BGMはダンバインの戦闘シーンで)

朝、スイカとメロンの皮を鶏達の餌にしようと庭に出ると、ミツバチの巣箱がオオスズメバチの襲撃を受けていた。普通のスズメバチは1匹のミツバチをチマチマとさらって行くだけだが、オオスズメバチは殲滅戦になる。

既に巣箱の前は門番の死骸が死屍累々

お、俺がどげんかせんといかん!

「この武器は強力過ぎる(byシーブック)」・・・殺虫剤は使えない(コロニーも滅ぼしてしまう)ので、柄を切り詰めて短くした接近戦用の虫取り網を構え、ヴェイガン絶対殺すマンのフリット・アスノの如く、次から次に捕獲して、石で胸部を軽く潰す。

それらをブランデー漬けに。ススメバチの働き蜂は潰しても生きているので、酒の中でビクンビクンと毒針を出し入れして毒を酒に放出する。この蜂毒のお酒は疲れた時に飲む。
IMG_5315
巣の出入り口は、ミツバチだけが通れる目の金網で覆った。

そう・・・お気付きの人もいるかと思うが、巣箱にニホンミツバチが入った!と喜んでたら・・・、節子、それセイヨウミツバチや。



続きを読む

〜ファイナルETB禁止令〜
2020年初頭、多くのジムが閉鎖された。

私の場合、下半身のウエイトトレーニング+PowerMaxができなくなった。このため、下半身の補強と言えば、もっぱらウォーキングランジと自重でのスクワットが中心となる。

自重とは言え、毎日はできないので、別枠のスプリントとの間には上半身のトレーニングや鉄棒トレなどが入ることになる。

最初はETBを利用していたため、スプリントと下半身の補強との間に上半身のトレーニングを入れると、上半身のボリュームが出てきてしまった。

Ex:
ファイナルETBの機密-前向き・抗鬱編
ファイナルETBの機密-餓狼・性欲編

何せテストステロンが取り付くレセプターは上半身に多く分布しているからだ。私の場合、ETBサイクル中は特に肩周り、次いで胸や腕のサイズが変化しやすい。

上半身の筋量が増えてトップヘビーになってしまうと、走るのが遅くなるどころか、スプリントの練習自体がしんどくなる上に非効率になってしまう。



続きを読む

個人的なオフシーズンのサプリメンテーション、とりわけ、アナボリズムを活性化する為の各サプリメントの使い分けやサイクルに関して解説したい。40代からの競技への挑戦 2nd-Seasonでも触れたいと思っているが、それまでに2019年から2020年かけてのオフシーズンが終わってしまいそうだからだ。

40歳前後、あるいはそれ以上の年齢の人が筋肉増強を主な目的とした場合、

30代後半からの筋肉増強
24時間アナボリックフルブースト実践編


で解説したアナボリックサプリの組み合わせが理想的となる。

Ex:30代後半からの筋肉増強-先行版の実践編


一方、競技を行っている人がトレーニングサイクルの都合上、サプリメンテーションにメリハリを付けたい場合や予算が限られる場合は、アナボリックサプリをサイクルして使い分けるのが良いだろう。



続きを読む

素養を知るなら母を観よ-23
「フィットネス関連遺伝子の多型」-4

〜筋肥大考察〜
「実際編、実践編」


前回は考察前の基礎知識であったが、今回は現実的にはどうだろうかと言う話。

筋肥大をもたらす要因は一つではなく、また、世間では最も重要と考えられている要素であっても、ただの一因子でしかなく、よりエフェクティブなファクターがあって然り。


続きを読む

9月23日(月)の陸上マスターズへ向けて減量しているが、09月上旬のステータスは家庭用体組成計で体重67kg台、体脂肪率8%後半を示しており、昨年に比べて順調である。

減量後期でも私の場合、炭水化物を極端にカットするのではなく、割と強気で摂取している。

反面、夕食時はお米やパスタなどの炭水化物はできるだけ減らしている。

続きを読む

「ファイナルETBの少なめサイクル」
自分の納期に関する話をしてみます。

9月23日(月)
兵庫マスターズ陸上競技選手権大会(※)
100m、200m

9月28日(土)
運動会地区対抗リレー
170m

10月13日(日)
大阪マスターズ記録会
100m、200m

※ 怪我の具合次第では運動会を優先して見合わせるかも

これらへ向けて、身体を仕上げたいと思っています。



続きを読む

「ジムでの見栄」
見栄は「みばえ」ではなく「ミエ」です。

春休みとGW前後は足が遠のきましたが、2019年から時々、ジムを利用するようになりました。

目的の一つは下半身の筋力アップです。パワーラックのあるジムへ向かい、スクワット、デッドリフト、クリーンを行います。

一方、サウナが目的で、アメニティが充実したジムへ向かうこともあります。その際はダンベルでインクラインプレスやカールなどを行うことが多いです。

Ex:
私のジム活用法「サプリ塾ネタに忠実!

さて、少し訳の分からない話になりますが、私は常連ではないため、ジムへと向かう際は25%ほど道場破りのような心意気でゲートをくぐります。といっても、大した身体ではないので、最近は血管で勝負しています。

まぁ、何つーか、アレです。誰でも良いので、少しでも、「あの普段見かけない奴、スゲー!」と思われたいのです。



続きを読む

「プレシーズンになったので、ハイパードライブ始めました」
〜ハイパードライブ30タブ編〜


これまではハイパードライブを欠かしたことはありませんでしたが、2018-2019のオフシーズン後半は試しにオフにしていました。

プレシーズンに入ったので、3月後半から再投入を開始したところ、面白い現象が確認できました。


続きを読む

素養を知るなら母を観よ-22
「フィットネス関連遺伝子の多型」-3

〜筋肥大考察〜
「基礎知識編」


私は小学校時代に腕立て伏せができなかった。
1回も腕の曲げ伸ばしができなかったのだ。

これには教師も驚き、「骨格がおかしいんやな?」と、現代ならモンペが騒ぎそうなボヤキを呟いたものである。

私は中学2年生になるまで、腕相撲で母親に勝つことができなかった。私の母が怪力だったせいもあるが、母よりも二回り以上の体格差になるまで、全く歯が立たなかった。

さて、そのような私が人並みに筋肥大することができた要因について、今回は考えてみたい。



続きを読む

素養を知るなら母を観よ-20
「フィットネス関連遺伝子の多型」-1

X染色体はあまり関係しませんが、運動能力や肥満に影響を与える可能性が高い遺伝子に関する話を数回に渡って紹介したいと思います。

まずは私の話。以前から興味のあった遺伝子検査を受けてみました。



続きを読む

↑このページのトップヘ