サプリマスターの「サプリ塾」

【はじめに】サプリ塾に含まれる全てのコンテンツは、数多くの文献や内部資料などを元にしていますが、あくまで店長の主観によるエンターテイメントですので、商品や方法論等の効能を謳うものではありません。予めご了承下さい。

リンクはフリーです。お気に召した話があれば、どうぞご自由にSNSやウェブサイトなどでご紹介下さい。

神戸市中央区栄町通3-2-2 和栄ビル3号館
乙仲通りと言えば、スポーツサプリメント専門店「サプリマスター」!

カテゴリ: 居残り補習授業

〜速筋(白筋)のメインエネルギー〜
AT以上の出力で運動する際、主に速筋が主体となる。強度が高まるに連れ、速筋の利用率は高まる。

速筋は元々、細胞内ミトコンドリア数が少なく、脂肪酸酸化によるATP合成が苦手であるため、出力の大きい仕事を行う際には、膨大な量のグルコースを消費する。このため、血中グルコースによって、要求量の全てを賄うことはできず、主に筋中グリコーゲンに依存することになる。

筋肉は人体で最大のグリコーゲン貯蔵器官であるが、それでも最大出力の全力で運動すると、ものの数分で消費してしまう。



続きを読む

筋肉質な身体作りを行う際のサプリメンテーションをなるべくシンプルにしたい!
それでいて、成果はバッチリ出したい!

そのような目的に実はマッハ6が最適なアイテムの一つになります。

前回まではマッハ6がどのようなメカニズムで、筋肥大を促すかについて解説しました。マッハ6には毎回の食事をゴールデンタイムへ変えるギミックが仕込まれていることはご理解頂けたと思いますが、その成分の数々は実の所、他のタイミングでも役立つと言う汎用性を持つ為、オンリー法にも応用できるのです。



続きを読む

筋肉質な身体作りを行う際のサプリメンテーションをなるべくシンプルにしたい!
それでいて、成果はバッチリ出したい!

そのような目的に実はマッハ6が最適なアイテムの一つだったりします。え!?マッハ6は筋肥大期に投入する特別なオプショナルサプリじゃなかったの?

確かにマッハ6はハードゲイナーや脂肪を付けずに増量した人、トレーニングサイクルが筋肥大期の人などに適したスペシャルなサプリですが、その筋肥大に役立つ仕組みがオンリー法にも適しているのです。と言うわけで、何故、それがオンリー法に適するのかを理解する為に、まずはその筋肥大ギミックについての基礎講座をクリアしましょう。

続きを読む

筋肉質な身体作りを行う際のサプリメンテーションをなるべきシンプルにしたい!
それでいて、成果はバッチリ出したい!

このシリーズでは、そのような目的にピッタリのサプリを紹介していますが、5つ目のサプリとしてマッハ6を紹介します。


続きを読む

〜お知らせ〜
5月のお買い得品
4月21日(土)〜5月20日(日)までのキャンペーン
GW期間の営業日と営業時間並びに発送
メールに関する重要なお知らせ



(月替わりパスワード入力による閲覧対応)

毎月、オマケで付いてくる要らない人には無用の長物の「居残り授業オフライン」が1年遅れでオンライン化!

読みたい人だけ納品書記載のパスワードを入力してお読み下さい。



続きを読む

〜食事に対するスタンス〜
「まとめ」-補講編1


後編は健康や運動の長期継続、肉体年齢といった視点を踏まえたアプローチを考察したが、一気に詰め込みすぎて、書き切れていない部分がある。

今回は、それらに関して、補講という形で紹介したい。



続きを読む

〜食事に対するスタンス〜
「まとめ」-後編


まとめの前編では、消化吸収能力と各種ホルモンバランスの変化を見極め、受け容れることで、質とプロセスを追求すべきであると言った内容だった。

今回はカロリーや栄養素に対する受容能力の低下や変化とは別の視点から、質とプロセスを重視しないといけないと言う話を展開したい。



続きを読む

〜乳酸の発生〜
(個人差は大きいが)安定した軽度の運動では酸素を用いた代謝によってATPが賄われる。筋中のグリコーゲン(並びに血中グルコース)と体脂肪を50:50近辺でバランス良く分解し、少ない分子から効率よく多くのATPを生成することができる。

続きを読む

筋肉質で引き締まった身体を作るためのサプリメンテーションをシンプルにしたい時や一つのサプリメントに集約したい場合にピッタリのサプリメントとして、今回はFL「ファイナルEAA+HMB」紹介第5弾です。

ロイシン強化とHMB配合のWアナボリックEAA「ファイナルEAA+HMB」は、「トレーニング前」と「トレ直後」というEAA摂取のスーパースタンダードな摂取タイミングから、日常生活における食間のタンパク源(アミノ酸源)としても非常に優れているため、これ1本で全てを賄いたいというシンプル派に打って付けのアイテムの一つですというのが前回の話でしたが、今回は応用編です。



続きを読む

〜3つの真実 その3〜

3.各種ホルモンレベルを最適化する
「ホルモン調節」


【カタボリックホルモンの制御】
ストレスホルモン「コルチゾール」は筋分解を促すカタボリックホルモンであり、ストレスによって分泌される。コルチゾールは精神的なストレスはもちろん、激しいトレーニングや肉体を酷使する身体的ストレスが発生した際にも分泌され、生存を最優先する為の防衛手段として、グリコーゲンを温存し、エネルギーを筋肉から得つつ、脂肪を蓄えるように生理反応を操る。

コルチゾールが分解するのは筋組織だけではない。コルチゾールは脳のニューロンを衰退させてしまうことが解っている。過剰なコルチゾールの分泌の継続はニューロンを退化させるだけでなく、脳そのものの質量も減らし、脳を萎縮させてしまう。ストレスによる慢性的なコルチゾールレベルの上昇は鬱の原因のひとつに数えられる。

コルチゾールの慢性的過剰分泌が恐ろしいのは筋肉を減らしてしまうことではない。脳機能を司るニューロンの退化と腹部上部の脂肪沈着作用である。脳機能の低下は性格や人格、能力を変えてしまい、ヘソより上の脂肪を増やす働きは見かけを大きく変えてしまうのだ。ストレスフルな環境に身を沈め得ない場合においても、適応的ではない人や対抗策を持たない人は表情やお腹などの解りやすい見た目にそのストレス度合いが延長された形で現れるわけだ。

筋肉だけでなく、頭脳や精神にもマイナスに働くこのホルモンはイチョウ葉エキスやフォスファチジルセリンなどの栄養素によって、過剰な分泌を抑制することができる。



続きを読む

筋肉質で引き締まった身体を作るためのサプリメンテーションをシンプルにしたい時や一つのサプリメントに集約したい場合にピッタリのサプリメントとして、今回はFL「ファイナルEAA+HMB」紹介第4弾です。

ロイシン強化とHMB配合のWアナボリックEAA「ファイナルEAA+HMB」は、「トレーニングの前と直後にEAAを摂取すべし!」というEAA摂取のスーパースタンダードな摂取タイミングに適しますというのが前回の内容でしたが、今回こそがシンプルサプリメンテーション・オンリー法に沿った話になります。



続きを読む

(月替わりパスワード入力による閲覧対応)
毎月、オマケで付いてくる要らない人には無用の長物の「居残り授業オフライン」が1年遅れでオンライン化!

読みたい人だけ納品書記載のパスワードを入力してお読み下さい。


続きを読む

〜3つの真実 その2〜

2、筋分解を抑制し、筋合成を高める
「24時間アナボリック」


白人や黒人に比べ、どうして日本人の体型は貧弱なのか?

第一にアナボリックホルモンレベルが全く異なるからだ。血中にアミノ酸を送り込むことに成功しても、筋合成が活発な状態、つまり、筋肉工場がフル稼働の増強モードに入っていなければ、折角のアミノ酸も筋肉の材料として細胞に取り込まれることはない。

続きを読む

筋肉質で引き締まった身体を作るためのサプリメンテーションをシンプルにしたい時や一つのサプリメントに集約したい場合にピッタリのサプリメントとして、今回はFL「ファイナルEAA+HMB」紹介第3弾です。

今日では様々なEAAサプリが販売されていますが、トッピング全部乗せ&フルスペック&オーバースペック気味のFL製品「ファイナルEAA+HMB」は、ロイシンが強化とHMB配合のWアナボリックEAAに仕上がっています。



続きを読む

〜イントロダクション〜

我々が知る常識においては銅から金を産み出すことはできない。そもそもの元素が違うからだ。

元素に変化が起こせるのはある種の核種による核分裂や太陽のような超々高温の核融合下だけであると教えられてきた。

しかしながら、常温において、元素が変化したとしか思えない実験結果が存在する。

・重水素透過によるパラジウム多層膜上での元素変換
物理の大前提が覆る実験結果「抹殺された生物学的元素転換」

(BUSINESS JOURNALの記事へジャンプしますが、時間の経過でリンク先が消えてしまう可能性があります)



続きを読む

筋肉増強を達成するための3つの真実
〜イントロダクション〜


どれだけプロテインを飲んでも筋肉は付かない!

それは当たり前の事だ。

10kgのプロテインを飲みきる頃には筋肉が付いているはずだと思う人は「子ども手当」を増やせば少子化を解消できると考えてしまう脳味噌と大差がない。摂取したタンパク質が如何に利用されるかという「プロセス」を考える思考習慣が抜けているのだ。

プロテインとは不足したタンパク質をお手軽に補給できるようにしたプロダクトであり、直接的に筋肉を増やす作用は全くない。

無論、「安いプロテイン!×安いプロテイン!コストパフォーマンスなんて言っているうちは、次に紹介する作用機序、メカニズムを理解するのは難しいかも知れないが、本気で肉体に変化をもたらしたいのであれば、過程や体質に目を向けて、取り組んで頂きたい。



続きを読む

〜プロローグ-後編〜
「エクスキューズ」


胃を切除してペプシンによるタンパク質分解の第一段階が苦手になった人のタンパク源としては消化の最終段階まで分解された遊離アミノ酸が適するのですが、「でも、お医者さんがプロテインって言ってたからなぁ・・・」と、9割の人はプロテインを買ってしまうのです。

それほどに誰もが「権威」に弱く、メディアなどの刷り込みによって洗脳を受けやすいという実態を持ちます。

プロテインに性能や価値を求めた場合、アナボリック成分や栄養分配強化成分が配合されたホエイプロテインSPやホエイプロテインSLOWなどが唯一その対象になるというのが前回の話でした。

性能や機能性を追求しないのであれば、値段と味、そして相性で選択するのがお勧めです。

続きを読む

↑このページのトップヘ