サプリマスターの「サプリ塾」

【はじめに】サプリ塾に含まれる全てのコンテンツは、数多くの文献や内部資料などを元にしていますが、
あくまで店長の主観によるエンターテイメントですので、商品や方法論等の効能を謳うものではありません。予めご了承下さい。
リンクはフリーです。お気に召した話があれば、どうぞご自由にSNSやウェブサイトなどでご紹介下さい。

カテゴリ: 本日の講義

今まではプロテインしか試したことがなかったけど、この冬からスポーツサプリメントを採用してみたい!

その様に人にオススメなのは、

サプリ選びの思考術-まとめで紹介した

「実践栄養学的基本サプリ」
基本サプリ Ver.コストパフォーマンス 
基本サプリVer.コストパフォーマンス 本編

を読んで頂き、C3XハイパーなどのBCAAやExアミノなどのZMA系サプリあたりから揃えて頂く事です。



続きを読む

予算が有り余って仕方ない!
基本サプリ
「ワークアウト-ベース編-2」

〜トレーニング前〜-中編A


トレーニングや試合の前に神経伝達物質と脳への酸素供給を増やすことで、神経伝達や認知機能を高めてトレーニングクオリティや競技パフォーマンス向上を図る行為は、今日では半ば常識のテクニックとなっているため、その有無は短期的結果にも長期的な成果にも大きな影響を与えると考えられる。

トレーニング前に筋合成刺激の高いEAAやロイシン、またはHMBを体内に充填しておくことは、とても重要ではあるが、トレーニングや練習のクオリティが低ければ、大きくブーストされた回復力の有難味も半減してしまうことだろう。

故に、ある程度の予算が組めるのであれば、神経系と脳機能を助ける栄養成分をしっかりと摂取しておきたい。


続きを読む

予算が有り余って仕方ない!
基本サプリ
「ワークアウト-ベース編-1」


サプリ塾的には、日々の暮らしにおいて最も長い時間を占有する勤務時間などの日常生活における筋分解を抑制することに腐心することが、筋量を維持し増やしていくことに対する最大のポイントであると考えるが、今回からは、最もトレーニーの関心が高いトレーニング前〜トレーニング後の栄養補給について考えてみたい。


続きを読む

徹底解説「ホエイプロテインSP」-後編
spフルモデルチェンジされたDNS「ホエイプロテインSP(スーパープレミアム)」の徹底解説後編です。

食品として認可された最新の栄養素と考え抜かれた素材の組み合わせによって、徹底的にカスタマイズされたホエイプロテインSPは、今のところ、他のメーカーを含めても同コンセプト同カテゴリーが見当たりません。

その大きな特性のひとつが前回までに解説した摂取したプロテインが筋肉に同化されるのを助けるアナボリックサポートですが、今回はもう一つの特徴であるボディケアについて紹介します。



続きを読む

〜秋から始めるプッシュ系トレーニング〜

バルクアップや増量が目的の人も、年中絞れたリーンボディ志向の人も、秋と冬の間は程度の差こそあれ、筋肥大を目指した食生活とトレーニングを継続すべきである。

その際には、

・摂取カロリーそのものを増やす
・タンパク質を始めとした各種栄養素の消化吸収を高める
・筋肉への血流を高めて栄養運搬を促進する
・筋肉のインシュリン感受性を高める
・HMB、ロイシン、クレアチンなどを利用して筋合成のスイッチをオンにする

と言ったアプローチを全て同時に平行して取り組まないと、教科書に書いてあるような結果には至らない。

つまり、◎◎には〇〇すればOK♪と言った対処療法的な話ではなく、包括的実践力が問われる訳だ。



続きを読む

〜秋から始める増量生活〜

早い人なら9月か10月から始めるべきだが、シーズンオフに入り、1〜3週間充分に心身を休ませたら、来シーズンに向けての身体作りをスタートさせるべきだろう。

根底たる物理法則からは筋量増加や筋力増大がスポーツパフォーマンスの改善に重要な要素となる為、シーズンインから最も離れた時期には、筋力トレーニングに力を注ぐ価値があり、個々のスペックよっては筋力アップのみを主眼に置くのではなく、体重を含めた身体の大きさを増やせるようなトレーニングと食生活に変えないといけない。例えばその競技を行う者の平均的スペックから大きく外れている場合は、比較的埋めやすいその差を是正すべきである

いずれにしても、秋〜冬の期間は多くの人にとって、筋量増加や身体自体を大きくすることを目的としたトレーニングと食生活を送りたい。オンシーズンの目的がスポーツパフォーマンスの向上であっても、6パックがハッキリとした格好いい身体が目的であったとしても、秋〜冬の方法論はほぼ同じと言っても良い。



続きを読む

悩まないサプリ選択
イグナイト VS ファイナルバーン #12


VSイグナイトにするか?ファイナルバーンでいくか?どちらかに決めた人が、より効率よく減量を進めるための応用編Part.3。

今回は、ファイナルバーンを基軸に、攻めの減量を行いたい場合について考えてみたい。



続きを読む

徹底解説「ホエイプロテインSP」-中編
spフルモデルチェンジされたDNS「ホエイプロテインSP(スーパープレミアム)」の徹底解説中編です。

マイナーチェンジやリニューアルと言った変化ではなく、新しくなって復活したホエイプロテインSPはホエイという素材をフルチューンした以前とは別カテゴリーの製品と言えます。プロテインは単なるタンパク質補給の一手段に過ぎませんが、ホエイプロテインSPはプロテインタイムを筋肉が付きやすいアナボリック環境へと導く、全く新しいタイプに属します。


続きを読む

(月替わりパスワード入力による閲覧対応)

VIVOからNBGに変えても良いか?-後編

Q:VIVOをほぼ1ヶ月試しました。肌の状態に関して体感があったので、今後もMVMを何らかの形で摂取し続けようと考えています。そこで悩んでいるのが、もう1〜2ヶ月試して見るべきか、価格的に手頃なNBGに変えても遜色がないかということです。

今回は、VIVOの摂取量を半分に減らして継続してみましょうと言う話です。2ヶ月かけてVIVOを1ボトル消費するのであれば、コスト的にはNBGとほぼ同価格帯となります。

コストを抑えたいときに、VIVOの半量摂取が適するのは、ある程度、食事内容が充実している場合や活動量並びに発汗量が少ない場合です。


続きを読む

VIVOからNBGに変えても良いか?-前編

Q:VIVOをほぼ1ヶ月試しました。肌の状態に関して体感があったので、今後もMVMを何らかの形で摂取し続けようと考えています。そこで悩んでいるのが、もう1〜2ヶ月試して見るべきか、価格的に手頃なNBGに変えても遜色がないかということです。

すいません。

質問メールを頂いていたのに、見逃してしまっていたので、大変遅くなりましたが、この場を借りて回答させて頂きます。


続きを読む

サプマス的用語解説
〜BDNF-0〜


映画アバターで気になるシーンの一つが、主人公が異星人型のアバターにアップロードされた際、苦もなく尻尾を動かしてみせた所である。

遺伝子レベルでシンクロ率が高い素体を動かすにしても、骨格が異なれば、それに適応するには相当な訓練が必要なはずである。物語の舞台となる衛星パンドラに到着する間か、それ以前に睡眠学習やシミュレーター等によって、特訓を重ねたと想像できれば、主人公が実在のアバターに乗り換えた直後に見事な順応を示す点には、違和感を覚えないだろう。

しかし、本来、「ない」はずの、生来、動かすことを想像すらしたことがない尻尾を操ることができるのは何故だろうかという疑問を抱かずにはいられない。元々の人間には、尻尾をコントロールする神経回路は勿論、感覚を伝達する経路すら存在しないのだ。



続きを読む

徹底解説「ホエイプロテインSP」-前編
spフルモデルチェンジされたDNS「ホエイプロテインSP(スーパープレミアム)」について解説していきます。

新しくなったホエイプロテインSPは、単に質が高いプロテインや付加価値を持ったプロテインとは一線を画する製品に仕上がっています。そのコンセプト自体は、特に新しい物ではありませんが、添加栄養素と言った技術が追いついたことで、ようやく実現したのがホエイプロテインSPなのです。



続きを読む

徹底解説「ホエイプロテインSP
イントロダクション


〜「プロテインは必須サプリか?」より抜粋〜
sp現代スポーツサプリメントの中には、不足栄養素を単純に補う物ではなく、練習時や試合時、トレーニング時のパフォーマンスを改善するエルゴジェニック効果を持つ物や筋合成を積極的に高めて筋量増加を促進するアナボリックな物が数多く登場しています。


21世紀の基本サプリメントの条件として、

A:エルゴジェニック作用
B:アナボリック作用
C:不足する必須栄養素の供給
D:コストに見合った顕著な体感、満足感

A〜Dの特徴を全て、あるいは複数兼ね備えることが重要になります。


続きを読む

エキストラアミノアシッドのサイクル考

Q:ZMA系サプリが好きで、グリコのエキストラアミノアシッドが一番気に入っており、快眠と疲労回復のどちらにも満足していますが、体感が強い部類なので、サイクルが必要なのかどうか気になります。

前回は、基本的には、サイクルの必要はありませんが、敢えてサイクルするならETBやT-JACKなどのテストステロンブースターのオフ期間に合わせて、エキストラアミノアシッドもオフにしてみましょうという話でした。

今回は反対にテストステロンブースター摂取期間中は摂取せずに、テストステロンブースターオフ期間をエキストラアミノアシッド摂取期間にすると言う方法を紹介します。もちろん、普段からテストステロンブースターを利用しない方にも参考になる考えです。



続きを読む

Q:以前はジムのお風呂やサウナに抵抗があったため、トレーニングを終えたら直ぐに帰宅していましたが、「今しかできない健康法!?」を読んでから、たまにジムのサウナに入るようになりました。そこで気になったのが、トレーニングを終えてからお風呂に入ってサウナも利用すると、結構時間を取られるので、ポストワークアウトのアミノ酸をいつ摂るべきかというタイミングです。

トレーニングを終えて、お風呂に入る場合、お風呂の前にポストワークアウト食を摂るべきか、お風呂の後に摂るべきかと言うご質問です。

続きを読む

エキストラアミノアシッドのサイクル考

Q:ZMA系サプリが好きで、グリコのエキストラアミノアシッドが一番気に入っており、快眠と疲労回復のどちらにも満足していますが、体感が強い部類なので、サイクルが必要なのかどうか気になります。

基本的には、サイクルの必要はありません。

続きを読む

↑このページのトップヘ