サプリマスターの「サプリ塾」

【はじめに】サプリ塾に含まれる全てのコンテンツは、数多くの文献や内部資料などを元にしていますが、
あくまで店長の主観によるエンターテイメントですので、商品や方法論等の効能を謳うものではありません。予めご了承下さい。
リンクはフリーです。お気に召した話があれば、どうぞご自由にSNSやウェブサイトなどでご紹介下さい。

カテゴリ: 本日の講義

徹底解説「ホエイプロテインSP」-中編
spフルモデルチェンジされたDNS「ホエイプロテインSP(スーパープレミアム)」の徹底解説中編です。

マイナーチェンジやリニューアルと言った変化ではなく、新しくなって復活したホエイプロテインSPはホエイという素材をフルチューンした以前とは別カテゴリーの製品と言えます。プロテインは単なるタンパク質補給の一手段に過ぎませんが、ホエイプロテインSPはプロテインタイムを筋肉が付きやすいアナボリック環境へと導く、全く新しいタイプに属します。


続きを読む

(月替わりパスワード入力による閲覧対応)

VIVOからNBGに変えても良いか?-後編

Q:VIVOをほぼ1ヶ月試しました。肌の状態に関して体感があったので、今後もMVMを何らかの形で摂取し続けようと考えています。そこで悩んでいるのが、もう1〜2ヶ月試して見るべきか、価格的に手頃なNBGに変えても遜色がないかということです。

今回は、VIVOの摂取量を半分に減らして継続してみましょうと言う話です。2ヶ月かけてVIVOを1ボトル消費するのであれば、コスト的にはNBGとほぼ同価格帯となります。

コストを抑えたいときに、VIVOの半量摂取が適するのは、ある程度、食事内容が充実している場合や活動量並びに発汗量が少ない場合です。


続きを読む

VIVOからNBGに変えても良いか?-前編

Q:VIVOをほぼ1ヶ月試しました。肌の状態に関して体感があったので、今後もMVMを何らかの形で摂取し続けようと考えています。そこで悩んでいるのが、もう1〜2ヶ月試して見るべきか、価格的に手頃なNBGに変えても遜色がないかということです。

すいません。

質問メールを頂いていたのに、見逃してしまっていたので、大変遅くなりましたが、この場を借りて回答させて頂きます。


続きを読む

サプマス的用語解説
〜BDNF-0〜


映画アバターで気になるシーンの一つが、主人公が異星人型のアバターにアップロードされた際、苦もなく尻尾を動かしてみせた所である。

遺伝子レベルでシンクロ率が高い素体を動かすにしても、骨格が異なれば、それに適応するには相当な訓練が必要なはずである。物語の舞台となる衛星パンドラに到着する間か、それ以前に睡眠学習やシミュレーター等によって、特訓を重ねたと想像できれば、主人公が実在のアバターに乗り換えた直後に見事な順応を示す点には、違和感を覚えないだろう。

しかし、本来、「ない」はずの、生来、動かすことを想像すらしたことがない尻尾を操ることができるのは何故だろうかという疑問を抱かずにはいられない。元々の人間には、尻尾をコントロールする神経回路は勿論、感覚を伝達する経路すら存在しないのだ。



続きを読む

徹底解説「ホエイプロテインSP」-前編
spフルモデルチェンジされたDNS「ホエイプロテインSP(スーパープレミアム)」について解説していきます。

新しくなったホエイプロテインSPは、単に質が高いプロテインや付加価値を持ったプロテインとは一線を画する製品に仕上がっています。そのコンセプト自体は、特に新しい物ではありませんが、添加栄養素と言った技術が追いついたことで、ようやく実現したのがホエイプロテインSPなのです。



続きを読む

徹底解説「ホエイプロテインSP
イントロダクション


〜「プロテインは必須サプリか?」より抜粋〜
sp現代スポーツサプリメントの中には、不足栄養素を単純に補う物ではなく、練習時や試合時、トレーニング時のパフォーマンスを改善するエルゴジェニック効果を持つ物や筋合成を積極的に高めて筋量増加を促進するアナボリックな物が数多く登場しています。


21世紀の基本サプリメントの条件として、

A:エルゴジェニック作用
B:アナボリック作用
C:不足する必須栄養素の供給
D:コストに見合った顕著な体感、満足感

A〜Dの特徴を全て、あるいは複数兼ね備えることが重要になります。


続きを読む

エキストラアミノアシッドのサイクル考

Q:ZMA系サプリが好きで、グリコのエキストラアミノアシッドが一番気に入っており、快眠と疲労回復のどちらにも満足していますが、体感が強い部類なので、サイクルが必要なのかどうか気になります。

前回は、基本的には、サイクルの必要はありませんが、敢えてサイクルするならETBやT-JACKなどのテストステロンブースターのオフ期間に合わせて、エキストラアミノアシッドもオフにしてみましょうという話でした。

今回は反対にテストステロンブースター摂取期間中は摂取せずに、テストステロンブースターオフ期間をエキストラアミノアシッド摂取期間にすると言う方法を紹介します。もちろん、普段からテストステロンブースターを利用しない方にも参考になる考えです。



続きを読む

Q:以前はジムのお風呂やサウナに抵抗があったため、トレーニングを終えたら直ぐに帰宅していましたが、「今しかできない健康法!?」を読んでから、たまにジムのサウナに入るようになりました。そこで気になったのが、トレーニングを終えてからお風呂に入ってサウナも利用すると、結構時間を取られるので、ポストワークアウトのアミノ酸をいつ摂るべきかというタイミングです。

トレーニングを終えて、お風呂に入る場合、お風呂の前にポストワークアウト食を摂るべきか、お風呂の後に摂るべきかと言うご質問です。

続きを読む

エキストラアミノアシッドのサイクル考

Q:ZMA系サプリが好きで、グリコのエキストラアミノアシッドが一番気に入っており、快眠と疲労回復のどちらにも満足していますが、体感が強い部類なので、サイクルが必要なのかどうか気になります。

基本的には、サイクルの必要はありません。

続きを読む

1愛用していた体組成計が壊れたので、最新型を買った。

理想的な計測とは、時間帯は無論、飲食、トレーニング前等、風呂の有無、トイレの有無、等々、同一の条件で、週1回なんしは月1回くらいの頻度で計るのが良いと思っている。

毎日の計測も有効ではあるが、誤差に等しい変化に一喜一憂するのではなく、できるだけ測定条件を均一化した上で、最短期間でも週単位で平均を出さないとあまり意味を成さないからだ。

続きを読む

フェノムHALEO「PheNOm(フェノム)」の徹底解説第八弾です。

フェノムはウエイトトレーニング時におけるパンプアップサポートサプリと言うイメージが先行していますが、実の所、フェノムの各成分はパフォーマンスアップをサポートし、持久力や抗疲労サポートサプリという実感が高い一品に仕上がっており、よりハードなトレーニングや質の高いトレーニングを目指す方や素早い回復を望む時に役立ちます。



続きを読む

ヘビーデューティーへの招待
クレアボルブラック徹底解説 #5


bopsHALEOクレアボルシリーズの最上級モデル「クレアボルブラック」徹底解説第5回です。

前回までにクレアボルブラックが持つ「クレアチンWチャージ」、「アナボリックブースト」に関して解説してきましたが、今回からは三大特徴最後の「パフォーマンス改善」に付いて紹介していきます。



続きを読む

体脂肪率が何%になれば、腹筋がクッキリとしてくるかは、体質や体組成計の性能によって異なる為、明言は出来ませんが、12%を切る頃にはうっすらと腹筋が割れてきて、10%を切ればそこそこハッキリとした6パックのディテールが表れてくるはずです。

上の辺りまで到達すれば、誘惑とストレスの多い現代社会においては、合格と言って良いでしょう。



続きを読む

↑このページのトップヘ