サプリマスターの「サプリ塾」

【はじめに】サプリ塾に含まれる全てのコンテンツは、数多くの文献や内部資料などを元にしていますが、あくまで店長の主観によるエンターテイメントですので、商品や方法論等の効能を謳うものではありません。予めご了承下さい。

リンクはフリーです。お気に召した話があれば、どうぞご自由にSNSやウェブサイトなどでご紹介下さい。

カテゴリ: 本日の講義

ベタインは主にビート(てん菜)などから抽出されるアミノ酸の一種(※)である。

近年ではスポーツサプリメントとしての有用性が注目され、HALEO「クレアボルブラックOPS」やグリコ「プロスペッククレアチンパウダー」にも採用されている。

このシリーズでは瞬発力を強化したい人やパワー系アスリートに愛用者が多いことはご存じの通りであるが、ベタインパワーが持つ他の側面にも着目したい。

今回は取り敢えず、覚え書きを羅列したい。



続きを読む

プロテインのベストな飲み方?

Q:ホエイプロテインを利用しています。昔、サプリ塾内で、ココアを添加する方法を勧めていたと記憶していますが、何かメリットがあるのでしょうか?

現在では消化吸収速度やアナボリズムの刺激においては、EAAなどの遊離アミノ酸が優れるため、プロテインの摂取タイミングは間食や就寝前が適しています。

この為、吸収速度などは気にせずに、好きな飲み物に好みのプロテインを溶かして飲むのが良いと言えます。

続きを読む

本日の13さん
「ジムオープン編」
72213205_399406247676344_3243203756757910394_n総合格闘技PANCRASEライト級世界ランキング元1位の花澤大介氏が沖縄県のうるま市に総合格闘技とフィットネスのジムをオープンさせました。

70759880_567719133776605_1593490945397483874_n

78921951_168387427559608_637822483118701849_n

場所:
沖縄県 うるま市 宮里266-1 1F

電話番号:
098-987-8033

Instagram:
studioWillオフィシャルインスタ

メールアドレス:
text2image (2)

続きを読む

CoQ10はアスリートにとっては心臓血管系パフォーマンスやATP生成改善目的のエルゴジェニックエイド的栄養素、女性やアンチエイジング志向の人には美容目的の栄養素として重宝がられている。

美容や抗加齢目的において、CoQ10はその強力な抗酸化作用の他にコラーゲン組織の改善目的で利用されることが多いが、実はこのコラーゲン生成促進作用はスポーツパフォーマンスに直結するのだ。



続きを読む

スポーツサプリメントを試してみたい

サプリメントといえば、プロテインしかしならかったけど、ボーナスが出たので、スポーツサプリメントを試してみたい!

そんなあなたにオススメの話。

本格的スポーツサプリメントの導入-前編
本格的スポーツサプリメントの導入-中編
本格的スポーツサプリメントの導入-後編



続きを読む

〜風邪とマスターシリーズ〜

風邪を引いたときのベストサプリメントはこれ!って、話になりそうなものですが、超個人的民間療法を紹介しております。そもそも、日頃からのVIVOまたはNBG、そしてアミノ酸があれば、あまり風邪をひくことはないでしょう。

続きを読む

CoQ10は、

・高い抗酸化作用

・心臓機能改善

・ミトコンドリア活性

・ATP生成活性

・美容

・行動面や心理面

と言った目的で利用されることが多い。サプマスにおいてはとりわけ、心臓をレッドゾーンまで回す人や生涯現役志向の方に人気が高い。

CoQ10は心臓血管系パフォーマンスやATP生成改善目的で摂取されることが多いが、今回はその顕著な美容効果に関して紹介したい。



続きを読む

ウェブショップ「今月のお買い得品」に、商品を追加しました。

〜イントロダクション〜
季節外れのDHEA推し。テストステロンの前駆物質となるDHEAが日本では手に入らなくなって以降、グリコのエキストラサバイブがジワジワと人気を高めています。

DHEAは体内で必要に応じて、アンドロステンジオンへの代謝などを経由してテストステロンへと変換される若返りホルモンとして知られています。DHEAは副腎で生成されますが、ストレスや加齢に伴う過酸化脂質による副腎へのダメージ蓄積はDHEA生成を容易にシャットダウンすることが解っています。

エキストラオサバイブは肝臓エキスやマムシエキス、熟成黒ニンニクエキスなどの天下の江グリコにしては何だか怪しげな栄養(褒め言葉)が、弱った副腎や肝臓の回復を助け、DHEA産生促進が期待できる若返りや活力アップを目的とした新発想のサプリメントです。小規模実験においては、実際にDHEAレベルの向上が確認されています。

DHEAサプリとエキストラサバイブが異なるのは、直接的にホルモンを補うのではなく、あくまでも自前のホルモン生成を助けると言う点です。当然ながら、ホルモンを直に入れる方法ほど、血中レベルが高まることはありませんが、エキストラサバイブによる自分自身の能力によるDHEA生成促進は極めてナチュラルな方法となります。

個人的にはDHEAレベルを高めても、女性ホルモンにも代謝されるそれが確実にテストステロンレベルを高めるわけではないだろうと思っていましたが、どうも、激しい運動を行う人や一定の年齢以上に達した方々からの評価が高いようで、それら運動によるテストステロン生成が活性化している人や年齢的にテストステロンレベルが低下し出した人はDHEAのテストステロン転換率が高いのか、定番の基本サプリに収まっているようです。

また、DHEAブースターであるエキストラサバイブはテストステロンブースターのファイナルETBやテストステロン材料供給源でもあるエキストラアミノアシッドなどと併用されることが多く、エキストラサバイブの評価が高いのはテストステロンブースターの成分が相乗することで、DHEA→テストステロン転換率が向上したのだと考える事ができます。

元気の源でもあるテストステロンのレベルを高めるには、特殊なハーブによる睾丸や副腎へのシグナル増強だけでなく、それらの臓器の健康と主にメンタル面での抗ストレスが重要となる為、副腎と肝臓をケアするエキストラサバイブとテストステロンブースターの相性が良いことは当然の帰結と言えます。

と言うわけで、11月半ばを過ぎましたが、今月はDHEAレベル回復サプリであるエキストラサバイブを軸としたセット品をお買い得商品に並べてみました。テストステロンレベルを高めるなら、夏!または減量期・・・というイメージですが、エキストラサバイブは肝臓にも良いサプリなので、お酒の量が増えそうなこの季節に試して見る価値がある上、「食べられるようになる!」という側面からバルクアップの秋冬にもピッタリだったりします。

Ex:
エキストラサバイブの機密-Part.1
エキストラサバイブの機密-Part.2
エキストラサバイブの機密-Part.3



続きを読む

11月22日(金)、11月23日(土)、11月24日(日)に、武蔵野の森総合スポーツプラザにて開催される「第12回オープントーナメント全世界空手道選手権大会」へ向けた極真空手「第5回世界ウェイト制大会重量級チャンピオン」荒田昇毅選手のサプリメンテーション紹介の後編です。

続きを読む

極真空手「第5回世界ウェイト制大会重量級チャンピオン」の荒田昇毅選手より、ご注文とご相談を頂く。

今回は11月22日(金)、11月23日(土)、11月24日(日)に、武蔵野の森総合スポーツプラザにて開催される第12回オープントーナメント全世界空手道選手権大会へ向けたサプリメンテーションになる。


続きを読む

〜今年こそ本気でデカくなる!〜

今月はお買い得商品として、筋肥大やバルクアップに役立つサプリをプッシュしています。

単純に身体を大きくしたい人も、6パックのリーンボディ志向の人も、秋〜冬におけるバルクアップの成否が結果に大きく影響を与えることは間違いありません。

そんな訳で、秋冬の筋肥大に役立ちそうな話をピックアップしてみました。



続きを読む

CoQ10は元々はミトコンドリアによるATP生成の依存度が高い心筋で構成された心臓の薬であったが、現在は食品に分類される栄養素であり、加齢に伴って減少するCoQ10を補うことで、心臓の健康維持やミトコンドリア活性が期待されている。

上のような作用や高い抗酸化作用があるため、CoQ10は心臓の健康やアンチエイジングを気にかける人や心拍数を著しく高める人、そしてミトコンドリアによるATP生成・・・すなわち、脂肪酸の酸化効率改善を目指す人に需要が高い。

CoQ10はアスリートやアスリート志向、健康増進、美容面において人気があるが、アダプトゲンではないにも関わらず、結果的に行動面や心理面に与える影響が大きいことは余り知られていない。

続きを読む

〜咀嚼の重要性〜
「抗ストレス編」

Q:サプリ塾では、咀嚼に重きを置いていますが、何故ですか?

何故、咀嚼の重要度が高いのか?

簡単に説明すると、

・減量目的においては食べ過ぎ防止になる

・筋肥大目的ではアミノ酸正味摂り込み増加に役立つ

・健康面ではアレルギー予防に役立つ

・・・からです。




続きを読む

〜トレーニング後のMVM〜

Q:トレーニング後のアンチカタボリックにビタミンCが良いらしいので、トレ後にvivoかNBGの摂取を考えております。現在は、就寝前に摂取していますが、この場合でしたらトレ後にどちらがお勧めですか?

ビタミンCはストレスホルモンとカタボリックホルモンの代表であるコルチゾールの生成に必要とされますが、トレーニング後のコルチゾールシャワーから筋肉を護る働きがあると言われています。

続きを読む

ファイナルパンプ VS ハイパードライブエナジー

Q:筋力 or ヘビーデューティ系のトレーニングのスプリットトレーニングをしようと思っていますが、その際に、ハイパードライブエナジーかファイナルパンプを考えておりますがヘビーウェイトにはどちらがお勧めですか?

体感度や即効性であれば、ファイナルパンプが優ると思います。

続きを読む

〜プロローグ〜
当店において、FLのCoQ10包接体には数名ではあるが、根強いファンの方々がおられる。元パンクラスライト級1位の花澤選手なども、熱烈なCoQ10信者であった。

個人的には数年前までCoQ10の体感をあまり感じなかったこともあり、優先順位の高いサプリメントではなかったが、近年は体感度の変化に伴いマストサプリに加わりつつある。

それは至極単純な加齢によるミトコンドリア活性の低下由来の可能性(※)も否定できないが、恐らくは口から心臓が飛び出るくらい、つまり、レッドゾーンまでエンジンを回す「アクセルベタ踏み」の競技とトレーニングを好むようになった影響が大きいと思われる。

※ PPARGC1A 遺伝子G/Gタイプなので、運動と健康生活を継続している限りはミトコンドリア活性低下は起こりにくい

続きを読む

(この話は同時期に頂いた同類のご質問をひとつにまとめ上げたものになります)

タバタプロトコル VS タカラダプロトコル-実践編

Q:バーピーを主体とした1日10分のタバタプロトコル(20秒を8セット)のようなトレーニングを取り入れようと考えています。パフォーマンスアップと筋力向上を狙ってトレーニングの前に、クレアボルのタブレットタイプを検討しております。ここで質問ですが、たった10分のトレーニングの為にクレアボルが有用なのか、また、タブレットタイプが推奨20粒ですが、10粒程でも効果が期待出来るのかが知りたいです。

続きを読む

(この話は同時期に頂いた同類のご質問をひとつにまとめ上げたものになります)

タバタプロトコル VS タカラダプロトコル-基本編

Q:バーピーを主体とした1日10分のタバタプロトコル(20秒を8セット)のようなトレーニングを取り入れようと考えています。パフォーマンスアップと筋力向上を狙ってトレーニングの前に、クレアボルのタブレットタイプを検討しております。ここで質問ですが、たった10分のトレーニングの為にクレアボルが有用なのか、また、タブレットタイプが推奨20粒ですが、10粒程でも効果が期待出来るのかが知りたいです。

まず、クレアボル系が有効か否かについては有効だと考えます。

次に、10タブで大丈夫かと言えば、大丈夫と言えます。



続きを読む

これを書いている時点では、秋分まで1週間ほどになりましたが、夏という季節に関わりなく、減量真っ最中で6パックを諦めていない!あるいは、試合などで目下、減量中・・・といった人もおられるかも知れません。

今回は、減量後期〜最終段階に入り、姿を現してきた6パックに最後の一絞りを加えて際立たせたい所、中々、思うように減量が進行しなくなってしまった人向けの話になります。

基本的には、夏は終わったので、試合などの納期がない場合は、6パック計画-2019の成否にかかわらず、一旦区切りを付けて、2020年の身体作りへ向けた戦略を練ることがお勧めです。

その際には下の話を参考にしてみて下さい。

〜ネクストシーズンへ向けて〜
夏の6パック計画を終えて 前編
夏の6パック計画を終えて 中編1
夏の6パック計画を終えて 中編2
夏の6パック計画を終えて 後編



続きを読む

↑このページのトップヘ