サプリマスターの「サプリ塾」

【はじめに】サプリ塾に含まれる全てのコンテンツは、数多くの文献や内部資料などを元にしていますが、
あくまで店長の主観によるエンターテイメントですので、商品や方法論等の効能を謳うものではありません。予めご了承下さい。
リンクはフリーです。お気に召した話があれば、どうぞご自由にSNSやウェブサイトなどでご紹介下さい。

カテゴリ: 本日の講義

ヘビーデューティーへの招待
クレアボルブラック徹底解説 #6


bopsHALEO屈指の傑作クレアボルシリーズの最上級モデル「クレアボルブラック」徹底解説第6回です。

前々回までにクレアボルブラックが持つ「クレアチンWチャージ」、「アナボリックブースト」に関して解説してきましたが、今回は三大特徴最後の「パフォーマンス改善」についての解説後半です。



続きを読む

第4話
「吸湿しやすいパウダー製品対策」

Q:クレアボルブラックを購入しましたが、使用途中で固まってくることがあります。何とかなりませんか?


・ベタイン
・アルギニン

などを含む製品は吸湿しやすいため、湿気に注意しつつ、なるべく早めに使い切って頂くのがお勧めです。

クレアボルブラックに関しても同様ですが、1日当たり3,000mgのHMBを補うことで回復を底上げするという製品コンセプトを理解して使用している場合、パウダーが硬くなる前になくなってしまいます。

ただ、途中でサイクルを中断することや吸湿やすい環境下においては、対策を施すのがベストです。



続きを読む

〜サプリマスターが解決!-Part.2〜

#101 「トレーニング時間が短い2-サプリ編」-前編
#102 「トレーニング時間が短い2-サプリ編」-後編
#103 「トレーニング時間が短い2-サプリ編」-番外編

#104 「跳躍系競技のカーボチャージ

#105 「プレワークアウトサプリ摂取時の小技

#106 「脳血管に不安がある人のサプリメンテーション

#107 「T-JACKやETBとレバーブロウをスタックする必要性の有無」-前編
#108 「T-JACKやETBとレバーブロウをスタックする必要性の有無」-後編
#109 「T-JACKやETBとレバーブロウをスタックする必要性の有無」-オマケ編1
NEW!
#110 「T-JACKやETBとレバーブロウをスタックする必要性の有無」-オマケ編2
#111 「T-JACKやETBとレバーブロウをスタックする必要性の有無」-オマケ編3

NEW!
#112 「サプマス推奨・・・ってほどではない炭酸水」-前編
#113 「サプマス推奨・・・ってほどではない炭酸水」-後編

#114 「低炭水化物ダイエット期におけるGCS750やファイナルブロックの出番」 -前編
#115 「低炭水化物ダイエット期におけるGCS750やファイナルブロックの出番」-後編

#116 「エキストラアミノアシッドのサイクル考」-前編
#117 「エキストラアミノアシッドのサイクル考」-後編

#118 「ジムでお風呂を利用する際のサプリタイミング

#119 「VIVOからNBGに変えても良いか?」-前編 
#120 「VIVOからNBGに変えても良いか?」-後編

#121 「(もっと)手軽で美味しいタイムリリースホエイ

#122 「筋膜を柔らかくしたい!

サプリマスター摂取例とは何か?


携帯ユーザーの方は、いささかジャンプがご面倒かも知れませんが、ヨロシクお願い致します。

【関連】
サプリマスターが解決!まとめ-Part.1
サプリマスターが解決!まとめ-Part.2

筋膜を柔らかくしたい!

Q:世間ではにわかに、筋膜リリースとか流行っているようですが、本当に柔らかくなったりするものでしょうか?

ローラーを使って筋肉をゴリゴリする方法のことだと思いますが、ロシアのウエイトリフティング選手であるドミトリー・クロコフ選手のウォームアップ風景なんかを見てしまうと、効果がありそうに思えると同時に、専用器具がなくてもどうにかなりそうな印象を受けます。



ただ、流行物というのはマーケティングの影響が大きく、有名人や著名人の影響を受けやすい人から取り込まれていくものです。その様な経緯で筋膜リリースに飛びついた人の大半は、ドラクエの町に配置されたNPCやBOTような存在であり、リアルプレイヤーではなく、また、NPCであるからこそ「重要な要素の一つ」に気がつかないので、大した成果に辿り着くことはないでしょう。

ところが一転、プレイヤーとして熱心に取り組むのであれば、継続する価値はあると思います。ただし、その際には「重要な要素」というのを充分に意識すべきです。



続きを読む

手軽で美味しいタイムリリースホエイ

Q:予算上、プロテインはホエイだけで済ませたく、寝る前に飲むホエイドリンクの吸収を穏やかにしたいです。「新発想の美味しいタイムリリースプロテインの自作」も読みましたが、もう少しお手軽な方法はないでしょうか?

ホエイプロテインの消化速度を遅くするお手軽な手段として、プロテインシェイクにオリーブオイルや亜麻仁油を加えると言った方法があります。

続きを読む

予算が有り余って仕方ない!
基本サプリ
「ワークアウト-ベース編-6」

〜トレーニング前〜-実践編2


ファイナルパンプのNO前駆物質&NO合成酵素活性物質+アンモニア除去成分+抗酸化物質+神経伝達物質+カフェインと言った組み合わせが、「UP!」+「フェノム」のスタックに似ていることに気がついた人もいることだろう。

つまり、運動前にUP!を仕込み、フェノムも仕込む人は、予算があってもファイナルパンプを加える必要はない。ほぼ成分と作用が被るからだ。

運動前にUP!を欠かさない人のトレーニングブースターとしてはフェノムが適する為、この場合はUP!+ハイパードライブ+フェノム(+VIVO)、または、ハイパードライブエナジー+フェノム(+VIVO)と言った組み合わせとなる。

色々とサプリを分けて摂取するのが面倒でもう少しシンプルにしたい人やよりアグレッシブなトレーニングを行いたい人、最大重量に挑戦したい人は、ファイナルパンプ+ハイパードライブと言った組み合わせが良い。軽めの重量や加圧風トレーニングでフルパンプさせる時は勿論、ガンガントレーニングしたい場合や最大筋力を高めるトレーニングを行う場合、ファイナルパンプは非常に役立つ。



続きを読む

予算が有り余って仕方ない!
基本サプリ
「ワークアウト-ベース編-5」

〜トレーニング前〜-実践編


トレーニング前にハイパードライブやファイナルEAAなどの必須アミノ酸ベースサプリを補給する行為は、今日では常識的となっている為、予算がある場合は更にプレワークアウトサプリメントを追加しても良い。

その際の注意すべきは、更なるパンプとスタミナ増強を企図してフェノムとファイナルパンプを同時に追加しないようにすることである。欲張りすぎてはいけないということであるが、それ以前にこれらのサプリはコンセプトが似ているが、実際は目的によって使い分けるべきサプリメントなのだ。


続きを読む

(この時期であれば、2016年の傑作選であるはずだが、空気を読まずに2015年編の〆をば)

後編たる番外編は、手軽に読めるライトな話やギャグ話に加えて、それらとテイストが180度異なるマスターの独特の思考様式を集めてみました。

ところで、何故、他薦でなく自薦なのか疑問に思う方もいるかも知れません。

言葉や目に見えやすい表面上の評価も大切かも知れませんが、1個でも商品が売れることがサプリ塾やマスターに対する直接的な意思表示や評価と受け取れます。

そして、十分に無言の声援がマスターに届いていると言う事実が自薦の理由のひとつです。

だから、サプリ塾にはコメント欄も拍手ボタンも必要ないのです。マスターは、ピッチャーとしてひたすら良いボールを投げる努力をするだけです。

これからも良い球を投げたらドシドシ打ち返して下さいませm(_ _)m



続きを読む

(この時期であれば、2016年の傑作選であるはずだが、空気を読まずに2015年編の〆をば)

毎度ながら、自分で気に入っている話を紹介する「看板に偽りあり」の「傑作選」ですが、前編たる今回は必須科目編です。

コミュニケーションをとるにあたって、最低限の知識の共有は不可欠です。

フィットネスや筋トレ、サプリメンテーションにおいては、明確かつ単純な答えが存在しないので、特に知識や応用力が重要となりまうす。それは、「今の君に足らないのは、プロテインじゃなくて知識だよ」と例えても良いくらいです。

そこで、必須科目編では、なるべく予め共有しておいてもらいたい基礎や概念を集めてみました。

また、制作秘話的なコメントも載せています。

サプリ塾ガイドぺージ、もしくは「携帯・スマホ向けのまとめ」と共にご理解頂ければ、お互いの貴重な時間を無駄にせず、かつ、今後のサプリ塾もわかりやすくなると思います。



続きを読む

予算が有り余って仕方ない!
基本サプリ
「ワークアウト-ベース編-4」

〜トレーニング前〜-後編


さて、後編である今回こそがタイトルに見合った内容となる。

トレーニング前の栄養補給は、C3XなどのBCAAでも何ら問題はないが、多くのスポーツサプリメント愛好家は超回復の伸び代を増やす目的や回復を早める目的から、魅力的なエビデンスに従ってEAAを選択している。また、サプリメンテーションをシンプルにしたい人やトレーニングスタイルがシンプルな人も、ハイパードライブなどのEAAベースサプリは使い勝手が良いため人気が高い。

つまり、一定の予算がある場合はトレーニング前のEAA系サプリの摂取は主流となっている為、今回は予算が充分にある場合について、トレ前のEAA系に加えたいスペシャルサプリについて考えてみたい。



続きを読む

予算が有り余って仕方ない!
基本サプリ
「ワークアウト-ベース編-2」

〜トレーニング前〜-中編B


フェーズ2-B
「EAAベースのサプリを補給する-パターンB」


feaaトレーニング前の摂取によってトレーニング中の筋分解を抑制し、トレーニング直後から筋合成を活性化したい場合、「ファイナルEAA+HMB」を選ぶのも良い手段である。

ハイパードライブがトレーニング前に摂取したい栄養素を全てトッピングしたオールインワンサプリであるのに対し、ファイナルEAAは必須アミノ酸を徹底的に強化した最高級EAAに特化した製品である。


続きを読む

今まではプロテインしか試したことがなかったけど、この冬からスポーツサプリメントを採用してみたい!

その様に人にオススメなのは、

サプリ選びの思考術-まとめで紹介した

「実践栄養学的基本サプリ」
基本サプリ Ver.コストパフォーマンス 
基本サプリVer.コストパフォーマンス 本編

を読んで頂き、C3XハイパーなどのBCAAやExアミノなどのZMA系サプリあたりから揃えて頂く事です。



続きを読む

予算が有り余って仕方ない!
基本サプリ
「ワークアウト-ベース編-2」

〜トレーニング前〜-中編A


トレーニングや試合の前に神経伝達物質と脳への酸素供給を増やすことで、神経伝達や認知機能を高めてトレーニングクオリティや競技パフォーマンス向上を図る行為は、今日では半ば常識のテクニックとなっているため、その有無は短期的結果にも長期的な成果にも大きな影響を与えると考えられる。

トレーニング前に筋合成刺激の高いEAAやロイシン、またはHMBを体内に充填しておくことは、とても重要ではあるが、トレーニングや練習のクオリティが低ければ、大きくブーストされた回復力の有難味も半減してしまうことだろう。

故に、ある程度の予算が組めるのであれば、神経系と脳機能を助ける栄養成分をしっかりと摂取しておきたい。


続きを読む

予算が有り余って仕方ない!
基本サプリ
「ワークアウト-ベース編-1」


サプリ塾的には、日々の暮らしにおいて最も長い時間を占有する勤務時間などの日常生活における筋分解を抑制することに腐心することが、筋量を維持し増やしていくことに対する最大のポイントであると考えるが、今回からは、最もトレーニーの関心が高いトレーニング前〜トレーニング後の栄養補給について考えてみたい。


続きを読む

徹底解説「ホエイプロテインSP」-後編
spフルモデルチェンジされたDNS「ホエイプロテインSP(スーパープレミアム)」の徹底解説後編です。

食品として認可された最新の栄養素と考え抜かれた素材の組み合わせによって、徹底的にカスタマイズされたホエイプロテインSPは、今のところ、他のメーカーを含めても同コンセプト同カテゴリーが見当たりません。

その大きな特性のひとつが前回までに解説した摂取したプロテインが筋肉に同化されるのを助けるアナボリックサポートですが、今回はもう一つの特徴であるボディケアについて紹介します。



続きを読む

〜秋から始めるプッシュ系トレーニング〜

バルクアップや増量が目的の人も、年中絞れたリーンボディ志向の人も、秋と冬の間は程度の差こそあれ、筋肥大を目指した食生活とトレーニングを継続すべきである。

その際には、

・摂取カロリーそのものを増やす
・タンパク質を始めとした各種栄養素の消化吸収を高める
・筋肉への血流を高めて栄養運搬を促進する
・筋肉のインシュリン感受性を高める
・HMB、ロイシン、クレアチンなどを利用して筋合成のスイッチをオンにする

と言ったアプローチを全て同時に平行して取り組まないと、教科書に書いてあるような結果には至らない。

つまり、◎◎には〇〇すればOK♪と言った対処療法的な話ではなく、包括的実践力が問われる訳だ。



続きを読む

〜秋から始める増量生活〜

早い人なら9月か10月から始めるべきだが、シーズンオフに入り、1〜3週間充分に心身を休ませたら、来シーズンに向けての身体作りをスタートさせるべきだろう。

根底たる物理法則からは筋量増加や筋力増大がスポーツパフォーマンスの改善に重要な要素となる為、シーズンインから最も離れた時期には、筋力トレーニングに力を注ぐ価値があり、個々のスペックよっては筋力アップのみを主眼に置くのではなく、体重を含めた身体の大きさを増やせるようなトレーニングと食生活に変えないといけない。例えばその競技を行う者の平均的スペックから大きく外れている場合は、比較的埋めやすいその差を是正すべきである

いずれにしても、秋〜冬の期間は多くの人にとって、筋量増加や身体自体を大きくすることを目的としたトレーニングと食生活を送りたい。オンシーズンの目的がスポーツパフォーマンスの向上であっても、6パックがハッキリとした格好いい身体が目的であったとしても、秋〜冬の方法論はほぼ同じと言っても良い。



続きを読む

悩まないサプリ選択
イグナイト VS ファイナルバーン #12


VSイグナイトにするか?ファイナルバーンでいくか?どちらかに決めた人が、より効率よく減量を進めるための応用編Part.3。

今回は、ファイナルバーンを基軸に、攻めの減量を行いたい場合について考えてみたい。



続きを読む

↑このページのトップヘ