「プロテインの摂取テクニック2」
多くのプロテインは牛乳でシェイクすることで、飲みやすくなりますが、牛乳によって消化吸収が遅くなってしまいます。

この為、胃腸が強くない人は、基本的には水やジュースでシェイクするのがお勧めです。胃腸が強くても、身体がアミノ酸に飢えている運動直後は吸収速度が重要となるので、牛乳でのシェイクは適しません。

運動直後は筋肉内のグリコーゲンが枯渇しているため、プロテインを果汁100%のジュースでシェイクするのがお勧めです。その際にはブドウ糖を多く含む、グレープジュースやパインジュースが理想的です。筋肉の材料とエネルギー源の両方が1度に効率よく補給できます。





ジュースでシェイクする利点は他にもあります。ブドウ糖を多く含むジュースは、インシュリンというホルモン分泌を高めて、摂取したタンパク質の摂り込みを促進してくれます。

また、同時に筋分解ホルモン「コルチゾール」の分泌を抑えて、激しい運動の後に続く筋分解にストップをかけてくれます。



「プロテインと骨」
ホエイプロテインには乳由来のカルシウムが豊富に含まれているため、ホエイプロテインを1日1回摂取している人はカルシウムサプリメントを摂取する必要はありません。

カルシウムをサプリメントとして摂取すると摂り過ぎになる可能性があります。摂り過ぎると、血中ミネラル濃度を調節するために、骨からマグネシウムなどのミネラルが分解されて、結果として骨密度を下げる事になります。

骨の成長や強化を目的とする場合、タンパク質不足が起こらないように留意しつつ、骨へのカルシウム同化を促進するビタミンDや骨合成を促進するビタミンKに気を付けます。

具体的にはビタミンDはできるだけ可能な範囲と頻度で、日光を積極的に浴びます。

最も活性の高いビタミンK2は納豆から充分に摂取できます。



「ノンフレーバープロテイン対策」
運動直後のプロテインは基本的にジュース割りとなるので、味のないプロテインでも美味しく飲むことができますが、食間や就寝前などに摂取する場合は基本的には水が適します。

この場合、プロテインが味なしノンフレーバータイプだと、少々飲み難いかも知れません。

その場合、小さじ1〜2杯のココアかインスタントコーヒーを足して一緒にシェイクしてみて下さい。砂糖や甘味料抜きでも、意外に美味しいシェイクを作ることができます。シナモンパウダーもお勧めです。



「筋力や筋量、そしてパフォーマンスアップに貢献するサプリとは」
前編の冒頭で紹介したとおり、プロテインは不足しがちなタンパク質を手軽に素早く補うプロダクトですので、筋力や持久力などに関して即効性を持ちません。

現在では生理活性作用が高い特異的な栄養素を運動前に補うことで、筋持久力や心肺的持久力、集中力、筋力、筋合成活性をインスタントに高める栄養素が発見され、製品化されています。

BCAAやHMB、クレアチンなどはスポーツサプリメントが初めてでも実感しやすい栄養素なので、競技能力や練習の質を向上させたい方は、試してみる価値があります。



【関連】
バルクアップメカニズム

実践と観察から学ぶ栄養学

シリーズ「筋肉増強を達成するための3つの真実」
プロテインの話はもういいよ編

フィットネス一年生 栄養編#1 「プロテイン-0」
フィットネス一年生 栄養編#2 「プロテイン-1」
フィットネス一年生 栄養編#3 「プロテイン-2」
フィットネス一年生 栄養編#4 「プロテイン-3」
フィットネス一年生 栄養編#5 「プロテイン-4」
フィットネス一年生 栄養編#6 「プロテイン-総括編」
フィットネス一年生 栄養編#7 「プロテイン-基礎知識-前編」 
フィットネス一年生 栄養編#8 「プロテイン-基礎知識-後編

プロテイン小話シリーズ

フィットネス二年生「30歳までに取り組みたいこと」 #0 プロローグ
フィットネス二年生「30歳までに取り組みたいこと」 #1 トレーニング編-1「ウエイテッドチンニングを採用する
フィットネス二年生「30歳までに取り組みたいこと」 #2 トレーニング編-2「ウエイテッドディップスを採用する
フィットネス二年生「30歳までに取り組みたいこと」 #3 トレーニング編-3「フリーウエイトデビューする
フィットネス二年生「30歳までに取り組みたいこと」 #4 トレーニング編-4「最適な反復回数を見つける-前編
フィットネス二年生「30歳までに取り組みたいこと」 #5 トレーニング編-4「最適な反復回数を見つける-中編
フィットネス二年生「30歳までに取り組みたいこと」 #6 トレーニング編-4「最適な反復回数を見つける-後編
フィットネス二年生「30歳までに取り組みたいこと」 #7 トレーニング編-4「最適な反復回数を見つける-補講編
フィットネス二年生「30歳までに取り組みたいこと」 #8 トレーニング編-4最適な反復回数を見つける-補講編2