念のため、当て字にしています。

個人的には例の流行は、日本においては対策がガバガバなので、短期間では収束しないのではないかと思っています。外出規制は強化されず、経済活動を優先した方策が取られ続けるのではないかなぁと思っていますが、いずれにしても、まず第一になるべく感染しないように、不断のジャブを出し続けることが大切です。

個人的には感染予防という第一フェーズではなく、「一回目もしくは二回目以降の再発症(再増殖)による劇症化を如何に軽減するか」ということを考えています。

今までのものが上部呼吸器系や肺などが標的であったのに対し、新型は攻撃範囲が広いことが特徴です(SARSが中ボスなら、新型は「通常攻撃が全体攻撃で二回攻撃のお母さん」みたいなイメージ)。

例えばタマタマなんかがそうです。白血病に罹った場合、治療による医学的な完治(完全寛解?)と生物学的な完治は異なります。白血病自体は治っても、その治療によってタマタマがやられてしまった場合、それが完治といえるかどうかは視点によって異なるわけです。

二回目以降の再発症や劇症化を抑えて、タマタマを始めとする治癒が非可逆的な臓器へのダメージをどう減らすかを考え、備えておくのが吉だと思います。と言うわけで、個人的対策を紹介します(念のため、パスワード対応にしています)。

(以下、月替りパスワード入力で、続きをお読みいただけます)

#2へ続く



Ex:
免疫力は男は母由来、女は父親由来

風邪とマスター まとめ

【関連】
グルタミンの機密 Part.2-前編
グルタミンの機密 Part.2-後編

個人的「新型湖路斬从」 #1
個人的「新型湖路斬从」 #2

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。