〜イントロダクション〜
DHEA推し。テストステロンの前駆物質となるDHEAが日本では手に入らなくなって以降、グリコのエキストラサバイブがジワジワと人気を高めています。

DHEAは体内で必要に応じて、アンドロステンジオンへの代謝などを経由してテストステロンへと変換される若返りホルモンとして知られています。DHEAは副腎で生成されますが、ストレスや加齢に伴う過酸化脂質による副腎へのダメージ蓄積はDHEA生成を容易にシャットダウンすることが解っています。

エキストラオサバイブは肝臓エキスやマムシエキス、熟成黒ニンニクエキスなどの天下の江グリコにしては何だか怪しげな栄養(褒め言葉)が、弱った副腎や肝臓の回復を助け、DHEA産生促進が期待できる若返りや活力アップを目的とした新発想のサプリメントです。小規模実験においては、実際にDHEAレベルの向上が確認されています。

DHEAサプリとエキストラサバイブが異なるのは、直接的にホルモンを補うのではなく、あくまでも自前のホルモン生成を助けると言う点です。当然ながら、ホルモンを直に入れる方法ほど、血中レベルが高まることはありませんが、エキストラサバイブによる自分自身の能力によるDHEA生成促進は極めてナチュラルな方法となります。

個人的にはDHEAレベルを高めても、女性ホルモンにも代謝されるそれが確実にテストステロンレベルを高めるわけではないだろうと思っていましたが、どうも、激しい運動を行う人や一定の年齢以上に達した方々からの評価が高いようで、それら運動によるテストステロン生成が活性化している人や年齢的にテストステロンレベルが低下し出した人はDHEAのテストステロン転換率が高いのか、定番の基本サプリに収まっているようです。

また、DHEAブースターであるエキストラサバイブはテストステロンブースターのファイナルETBやテストステロン材料供給源でもあるエキストラアミノアシッドなどと併用されることが多く、エキストラサバイブの評価が高いのはテストステロンブースターの成分が相乗することで、DHEA→テストステロン転換率が向上したのだと考える事ができます。

元気の源でもあるテストステロンのレベルを高めるには、特殊なハーブによる睾丸や副腎へのシグナル増強だけでなく、それらの臓器の健康と主にメンタル面での抗ストレスが重要となる為、副腎と肝臓をケアするエキストラサバイブとテストステロンブースターの相性が良いことは当然の帰結と言えます。

と言うわけで、11月半ばを過ぎましたが、今月はDHEAレベル回復サプリであるエキストラサバイブを軸としたセット品をお買い得商品に並べてみました。テストステロンレベルを高めるなら、夏!または減量期・・・というイメージですが、エキストラサバイブは肝臓にも良いサプリなので、お酒の量が増えそうなこの季節に試して見る価値がある上、「食べられるようになる!」という側面からバルクアップの秋冬にもピッタリだったりします。

Ex:
エキストラサバイブの機密-Part.1
エキストラサバイブの機密-Part.2
エキストラサバイブの機密-Part.3



テストバーンセット MAGMAマグマ
tbm【セット内容】
ファインラボ「ファイナルバーン」×1個
ファインラボ「ファイナルETB」×1個
グリコ「エキストラアミノアシッド」×1個
グリコ「エキストラサバイブ」×1個

定価 20,952円(税込)

22%引き

16,343円(4,694円お得)

減量期におけるサプリメンテーションは燃焼系+防御系がスタンダードですが、「実際の所、こう言う組み合わせの方が需要が高いのでは?」と思って考えたセットです。

どういうことか?
つまり、減量期においてダイエットに勤しんでいる方は、GCS750(大)やファイナルブロックなどの防御系サプリをこちらが思っているほど必要としていないのでは?減量を真面目に取り組んでいる人は、炭水化物や脂質の誘惑に弱くないのでは?と思ったのです。

炭水化物制限が習慣化でき、減量中期〜後期において、皮下脂肪、特にヘソ周りの脂肪が落ちにくくなってきた人や体重と体脂肪が数値的にかなり減りにくくなってきた人は、防御系を組み合わせるよりも、より強く燃やしてくれる組み合わせを欲しているのではと言うことです。

このような場合、もちろん燃焼系をメインに据えますが、周りをホルモン調節系でガッチリと固めるのが有効です。



簡単に計算できるカロリー収支だけが、体脂肪の多寡を決めるのではなく、腸内細菌祖バランスやホルモンバランスが体型を決めてしまうことが近年解ってきました。テストステロンや成長ホルモンが大幅に低下するとカロリー制限をしていても、体脂肪は減ってくれません。

テストステロンレベルの増大やGH分泌増大は、体内に蓄えられた脂肪から脂肪酸の放出を積極的に促す効果を持ち、血中脂肪酸レベルを大いに高めてくれ、体脂肪低減に役立ちます。しかも、アンダーカロリー状態でボリュームを失いがちな筋量を維持する働きがあり、基礎代謝を護ってくれます。

ファイナルバーンは代謝を刺激して、安静時における消費カロリーや運動時における脂肪酸酸化を促進する成分で構成されていますが、ファイナルバーンに多量に含まれるL-カルニチンは筋細胞上のテストステロンが取り付くアンドロゲンレセプターを活性化する働きがあるため、テストステロンレベルに着目した減量法との相性が非常に良い作りとなっています。



エキストラアミノアシッドは考え抜かれたGHブーストアミノ酸によるGHブースト効果に定評がありますが、同じく配合されたカンカニクジュヨウエキスは副腎の機能を高めて、テストステロン生成に寄与することが解っています。

副腎はストレス並びに過酸化脂質によるダメージを受けやすい器官で、テストステロンの前駆体となるアンドロゲン「DHEA」を生成する役目を持ちますが、ダメージが蓄積すると、DHEA生成量は途端に低下してしまいます。エキストラサバイブはDHEA生成を高める成分と過酸化脂質による副腎へのダメージを軽減する働きによって、DHEAレベルを高める非常に希有な作用を持つ元気回復サプリです。

これらのテストステロンレベルを高める為の各種要素を全て満たした上でファイナルETBと組み合わせることで、自分自身で生成するテストステロンを最大化することが可能です。

ファイナルバーン+MAXテストステロン+成長ホルモンブーストによって、ドロドロと汗をかいて、落ちにくくなった体脂肪やしつこく残った部位に、猛アタックをかけるというのがこの組み合わせのコンセプトですが、単に減量疲れしてきた方にもお勧めのスタックです(減量中〜後期は慢性疲労気味になったり、元気がなくなることしばしば)。



2、「MAXテスト サバイブ Ver.2
zplus1こちらも、定番お買い得品へ戻しましたが、引き続きセール中です。

自分のMAXテストステロンを知りたい場合にも有効ですが、慢性疲労や活力アップにもお勧めで、減量にもバルクアップにもご利用頂けます。

不動の定番Zセットを超えるその性能は、必ずやセブンセンシズまで高まったコスモによるオーロラエクスキューション♂を叩き込みたくなるはずです。



【関連】
減量期おけるテストステロンの重要な働き
落ちにくい体質とテストステロン