(月替わりパスワード入力による閲覧対応)
毎月、オマケで付いてくる要らない人には無用の長物の「居残り授業オフライン」が1年遅れでオンライン化!

読みたい人だけ納品書記載のパスワードを入力してお読み下さい。



居残り補習授業オフライン #85
トレーニング話「HMBサプリも出揃ったし、強度上げてみるか!(HMBなしでもOKです!)」


「トレーニング経験者を被験者」としたHMBの臨床試験において有用性を示した実験は.「トレーニングプログラムが高度」と言った特徴を持ちます。

HMBを否定する実験結果も存在し、実際にもHMBの体感がない人も数多く存在します。それらの大半がプロトコルやトレーニング内容が稚拙であることに起因しています。

反対にHMBを絶賛する人は、高度なトレーニング実践者がほとんどです。

何十gものBCAAを消耗し、その需要増大に大してアミノ酸供給が追いつかないシチュエーションこそ、HMBが最大限に効果を発揮する訳です。それは単に、重たい、キツイというのではなく、脳と身体を驚かせるような刺激を必要とします。

高度トレーニングとHMBの相性は良いですが、可能であれば、トレーニング前にBCAAやハイパードライブ、ファイナルEAA、クレアボルブラックのいずれかを仕込んでから、高強度トレーニングに挑戦してみて下さい。



〜第一フェーズ〜

0、短期高強度サイクルの設定

3週間のトレサイクルを2周、合計6週間の高強度プログラムを行う。

慣れを防ぐため、短いサイクルで行う。サプリ塾時短トレを参考に、頭と身体に不意打ちを食らわせる為の引き出しを増やして下さい。思った通りの順序、マシンでトレーニングできなくても、それが刺激になるように仕向けましょう


1、強度そのものを上げる
1〜3週目:メインセットでの反復回数が8レップス以下になるように、使用重量を調節する。
メインセットは3〜4セット。インターバルは90秒。

4〜6週目:メインセットでの反復回数が6レップス以下になるように、使用重量を調節する。
メインセットは3セット以下。インターバルは2〜3分。


2、強度の高い基本種目を採用A
ビッグ3と呼ばれるベンチプレス、デッドリフト、スクワット、もしくはこれらに近似の種目を採用する。
ベンチプレス代替:ダンベルプレス、インクラインダンベルプレス、マシンプレス
デッドリフト代替:ダンベルデッドリフト、パーシャルデッドリフト、マシンデッドリフト
スクワット代替:ダンベルスクワット、マシンスクワット、レッグプレス


3、強度の高い種目を採用するB
胸:ディップス、インクライン・ダンベル系
背中:チンニング、バーベルロウ、ダンベルロウ
二頭:バーベルカール
三頭筋:ライイング・エクステンション
肩:ワンハンド・スタンディング・ショルダープレス
ハムストリングス:ダンベルランジ、スプリント


4、パワー系種目の採用
クリーンなどのパワー系種目は全身に対する刺激が非常に強い。
クリーン&ジャーク、ハイプル、スナッチなどを採り入れたい。


〜第二フェーズ〜
5、強度を高めるテクニックの採用


(以下、月替りパスワード入力で、続きをお読みいただけます)


Ex:
ハイパードライブ摂取期間中に適した高強度プログラム


これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。